ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「事務」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「事務」に関する情報が集まったページです。

事務職のボーナス支給額ランキング 1位はIT事務で「56万3000円」
正社員で働く全国の事務職200人を対象にした2020年冬のボーナス調査の結果。ボーナスの支給があったのは全体の72%(143人)で、平均支給額は34.7万円だった。(2021/1/13)

融資取引をペーパーレス化、印鑑レス、非対面で 日立が電子契約ソリューションを開始
日立は、金融機関の契約業務を電子化し、従来の対面による紙中心の事務手続きをWeb上で完結できる「金融機関向け電子契ソリューション」の販売を開始した。契約事務のペーパーレス化、印鑑レス化とともに、契約手続きに要する負荷軽減や業務効率化を支援する。(2020/12/15)

auからUQ mobileへの各種手数料も撤廃 2021年2月以降
KDDIと沖縄セルラーは、2021年2月以降、auとUQ mobileの移行にかかわる各種手数料を撤廃する。契約解除料や事務手数料など、最大1万5500円の手数料が無料になる。さらに、auとUQ mobileのブランド移行にかかわる手続きを、料金プラン変更と同様のシンプルな手続きに変更するという。(2020/12/9)

導入事例:
鹿島の“シチズンデベロッパー”実践例、協力会社の生産性向上と技能伝承を「Power Platform」で実現
協力会社の非効率な生産性と技能伝承の壁が建設業界の課題として存在する中、鹿島建設 横浜支店では、協力会社の作業効率を改善することで解決を目指すべく、Microsoft Power Platformを活用して、「工事進捗管理システム(内装・建具)」を自社の事務系社員が開発した。さらに、技能伝承をデジタル技術で代替することも見据え、2021年から現場適用を予定する「建設資材運搬システム」では、ベテラン調整係の暗黙知をデータ化する基盤の整備も検討している。建設業でのDXとシチズンデベロッパー実践のケーススタディとして、鹿島建設の事例を紹介する。(2020/12/8)

年末年始の整理整頓に救世主となる新世代ラベルライター! テプラ「PRO MARK SR-MK1」を試す
キングジムの「テプラ」と聞くと、事務機器然としたラベルライター(プリンタ)というイメージを持つ人も少なくないはず。しかし、今回紹介する「『テプラ』PRO MARK SR-MK1」は、スマホとつないで使うプリント機能に特化したことで、おしゃれな見た目を手に入れた。その利便性を、実際に使ってみて体感してみよう。(2020/12/3)

鬼滅の刃やフワちゃんも:
流行語大賞に「3密」 「アベノマスク」や「GoToキャンペーン」などコロナ関連がトップテン入り
自由国民社とユーキャン新語・流行語大賞事務局は「2020ユーキャン新語・流行語大賞」を発表。東京都の小池都知事らが呼び掛けた「3密」が年間大賞に選ばれた。(2020/12/1)

第5回 住宅・ビル・施設 Week:
「Akerun入退室管理システム」が会員管理システムと連携、予約などの事務手続きを自動化
フォトシンスはまちいろと共同で、「Akerun入退室管理システム」と月額制の会員管理システム「hacomono 予約システム」のAPI連携を開始した。両社は、今回の連携で、コロナ禍における予約と決済のオンライン化やキーレスによる無人店舗の運営を支援する。(2020/11/24)

goo Simsellerが「30日間トライアルキャンペーン」を開催 「OPPO A73」や「iPhone」などをSIM付きで実質無料で試せる
NTTレゾナントが、goo Simsellerが販売する端末と「OCN モバイル ONE」のトライアルキャンペーンを実施する。申し込みに事務手数料と1カ月分の月額基本料金のキャッシュバックと、端末の30日間返品保証を組み合わせることで実質30日間サービスを試せる格好だ。(2020/11/18)

製品動向:
労務安全書の作成を自動化するCLINOのクラウド、名簿情報は5分で
CLINOは、労務安全書類の作成や作業員の情報と勤怠の管理、請求書作りといった建設業の事務業務を一括して自動化するクラウドを開発した。(2020/11/16)

eスポーツで教育、経済も活性化 静岡県eスポーツ連合事務局長 山崎智也さん
国内外でeスポーツが盛り上がりをみせている中、静岡県eスポーツ連合の事務局長、山崎智也さんはeスポーツ普及と競技人口拡大を目指してイベント開催に取り組んでいる。eスポーツに魅了されたきっかけや今後の具体的活動などを聞いた。(2020/11/6)

エン・ジャパン:
会社の請求手続き、「効率最悪」な業務とは――担当者に調査
電子化が叫ばれる会社の発注業務。事務担当者の約4割が「効率悪い」と回答。最も非効率とされたのは押印業務。(2020/11/4)

楽天モバイルが契約事務手数料とMNP転出手数料を撤廃 「eKYC」による本人確認による契約も可能に
楽天モバイルが契約事務手数料とMNP転出手数料を撤廃した。これにより、契約に伴う各種手数料は原則として廃止されることになる。合わせて、eKYC(電子的方法による本人確認)による新規契約にも対応することになった。(2020/11/4)

楽天モバイル「ZERO宣言」 契約やMNPなど各種手数料を無料に
楽天モバイルは11月4日、契約事務手数料やMNP転出手数料など各種手数料を無料にすると発表した。「ZERO宣言」とうたい、「携帯キャリアの常識をくつがえす取り組み」だとしている。(2020/11/4)

モノづくり最前線レポート:
2020年末にローカル5Gの周波数帯域が大幅拡大、非同期運用も検討が進む
「Local 5G Summit」の講演に、第5世代モバイル推進フォーラム(5GMF)の事務局長を務める大村好則氏が登壇。ローカル5Gの普及促進に向けて、5GMFの地域利用推進委員会が進める取り組みや検討が進むユースケースなどについて紹介した。(2020/10/22)

「これは草www」「OK、認めてやろう」 職場にクスッとした笑いを提供する「事務的なはんこ」第2弾
こういうはんこは廃止にしなくても良さそう。(2020/9/30)

預貯金などを電子データで照会 国税庁が金融業務のペーパレス化に向け実証実験
NTTデータは、国税庁による預貯金などの照会業務のデジタル化に向けた実証実験に「pipitLINQ」サービスを提供する。東邦銀行、横浜銀行、福島銀行、ゆうちょ銀行が協力し、業務効率化の効果やデジタル化に対応した事務フローの環境テストなどを検証する。(2020/9/28)

議決権行使集計1300社超で誤り 三井住友信託とみずほ信託
 三井住友信託銀行とみずほ信託銀行は24日、両行が請け負っていた株主総会での議決権行使の集計作業で、不適切な事務処理を行っていたと発表した。合わせて1300社超の総会で株主の意見が一部反映されていなかった。株式会社の最高意思決定機関で、株主の権利を奪いかねない事態が生じていた。(2020/9/25)

製造マネジメントニュース:
“頼られる自工会”へ、2期連続で会長務める豊田氏が組織変革を決断
日本自動車工業会(自工会)は2020年10月1日付で組織体制の変更を行うと発表した。これまで2人体制だった副会長について、二輪車メーカーと大型車メーカーの代表を加えた4人体制とするとともに、委員会や事務局の組織体制を簡素化することで、より機動的な活動を行えるようにする。(2020/9/25)

【漫画】生き抜け!OLオノ子ちゃん:事務職がなぜか「簡単なお仕事」と思われている説
どっちも会社に必要な仕事なのですが〜!(2020/9/20)

製品動向:
大林組らが、生分解性を有する材料を採用したテールシール充てん材を開発
大林組らは、テールシール充てん材の素材に、生分解性を有する材料を用いた「シールノックBD」を開発し、日本環境協会 エコマーク事務局からエコマークの認定を受けた。また、テールグリースの止水性能を計測する耐水圧試験と施工現場での適用試験で、従来品と同等以上の止水性があることを確認した。(2020/9/18)

医療事務をどんどん自動化したくなる――病院のRPA導入体験談 雑務なくして精神負担減
滋賀医科大学医学部附属病院で、精神的負担の大きい事務作業をRPAで自動化する取り組みが着々と進んでいる。RPAを開発するスタッフは「どんどん自動化したい作業が出てくる」と意欲的な姿勢を見せた。(2020/9/11)

Y!mobileからソフトバンクへの乗り換えで、月額2800円×12カ月間割引 9月16日から
ソフトバンクは、9月16日からY!mobileから番号移行した場合に各種事務手数料を免除、また番号移行時に「メリハリプラン」へ加入したユーザーの月額利用料金を12カ月間2800円割引割引する「ワイモバイル→ソフトバンクのりかえ特典」を実施する。(2020/8/31)

石川温のスマホ業界新聞:
KDDIがみなとみらいにセミセルフ機種変更ショップをオープン――改めて考えたい「事務手数料」の意味
KDDIの直営店「au みなとみらい」がリニューアルオープンした。目玉は、機種変更を最短20分で済ませられるセミセルフサービスだが、これを通して思ったのは「事務手数料」のあり方だ。(2020/8/28)

沼津駅「御弁当(幕の内弁当)」(840円)〜戦争と駅弁(1)
誕生から135年を迎えた「駅弁」。駅弁もまた、戦争の時代を潜り抜けてきた生き字引のような存在です。日本鉄道構内営業中央会の沼本事務局長にお話を伺いました。(2020/8/20)

「うるさい絵面がもっとうるさくなるぞー!!!」 宮野真守の「半沢直樹」出演決定にファン動揺「声優界代表で顔芸を披露することになるのか」
証券取引等監視委員会事務局証券検査課統括検査官黒崎の部下。(2020/8/17)

出社人数30〜50%に:
工場の「遠隔監視」も検討 アサヒグループ、リモート中心の働き方に移行
アサヒグループホールディングスは8月から、リモートワーク中心の新しい働き方「リモートスタイル」を標準とする体制に移行した。事務・営業職でリモートワークを継続するほか、製造や物流に関わる職種でも遠隔による監視業務の検討を開始する。(2020/8/4)

片岡愛之助、「半沢直樹」黒崎の“進化しすぎた役職名”にツッコミ 「証券取引等監視委員会事務局証券検査課統括検査官って長すぎやろっ」
声に出して読みたい証券取引等監視委員会事務局証券検査課統括検査官。(2020/8/4)

内閣府副大臣が説明:
コロナ接触確認アプリ「6割目標ではない」「義務化ない」
新型コロナウイルス接触確認アプリ(通称:COCOA)について、当初開発を主導した内閣府の「新型コロナウイルス感染症対策テックチーム」事務局長を務める平将明内閣府副大臣が2020年7月31日、報道関係者向け説明会を実施。COCOAの現状や課題の認識、今後の広報施策などについて語った。(2020/8/4)

国家公務員の“Go To出張”はダメ! 政府が各省などに通知
 政府が、国家公務員らが公費で出張する際に、観光支援事業「Go To トラベル」の旅費の割引を利用しないよう求めていたことが28日、分かった。観光庁長官が17日、各府省庁官房長と衆参両院や最高裁、会計検査院、人事院の各事務総長に通知した。(2020/7/29)

北日本銀行が「ABIC ASSET CLOUD」を採用 電子サイン化を促進
北日本銀行は、NTTデータエービックの預かり資産業務クラウドサービス「ABIC ASSET CLOUD」を採用した。同サービスは、預かり資産業務に電子サインを導入し、行員の事務負荷を軽減する。(2020/7/2)

第一生命、非定型書類も読めるAI OCRツールを導入 事務作業40%削減目指す
第一生命保険が、AIを活用したOCRツールを導入する。年間300万件発生する書類の確認やデータ入力作業を40%削減できると見込んでいる。(2020/6/26)

新卒1万7000人が殺到する中小企業社長が語る:
アフターコロナ、本当にオフィスは不要か? それでも“大きなオフィス”に移転する理由
コロナ禍の真っ只中の4月末、あえて今よりも大きなオフィスに移転する決断した筆者。その理由は「オフィスに事務的業務を行うこと以外の新しい機能を持たせることで、業績のみならず、従業員満足度の向上につながると考えているから」だ。新しい機能とは何なのか。(2020/6/18)

「世界コスプレサミット2020」、リアルイベントの中止発表 オンラインにて開催
事務局「オンラインだからこそ発信できることがある」。(2020/6/12)

“いま”が分かるビジネス塾:
印鑑業務を止めるだけで日本人が休暇を1週間増やせる深い訳
東北大が押印廃止で事務をオンライン化。こうした生産性向上で筆者は「1週間分の休み」が増えると試算。欧米で取れる長期休暇が日本で取れない真因をそこに見る。(2020/6/10)

3メガバンクやKDDI、JR デジタル通貨決済の勉強会開始
みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行といった3メガバンク、そしてKDDI、セブン銀行、NTT、JR東日本など、日本を代表する企業が集まり、デジタル通貨決済の勉強会を開始する。主催であり事務局を務めるのは、インターネットイニシアティブのグループ企業で、仮想通貨交換業を営むディーカレットだ。(2020/6/3)

産業用ネットワーク:
PR:産業用ネットワークはどうあるべきか、「TSN」が起こす製造業の革命
産業用オープンネットワーク団体のCC-Link協会では、新たにOPC Foundationの前会長兼事務局長であるトーマス・J・バーク氏をGlobal Strategic Advisorとして招聘し、グローバル化やオープン化を加速させる方針を示す。バーク氏のインタビューから“これからの産業用ネットワーク”に求められるものを解き明かしていく。(2020/5/26)

マストドン「mstdn.jp」、6月30日に終了 「中傷に対する法制強化に対応できない」
分散型SNS「マストドン」のインスタンス「mstdn.jp」と「mstdn.cloud」が、6月30日に終了する。ネット上の中傷に対する法制強化が実現された場合、運営の事務負担増加に対応しきれないと判断したという。(2020/5/25)

香川県高松市、10万円給付金のオンライン申請を中止 手作業による確認に限界
香川県高松市が、特別定額給付金のオンライン申請の受付を中止すると発表した。手作業での審査や事務処理に時間がかかりすぎるためで、以降は郵送での申請のみを受け付ける。(2020/5/20)

「やっとお伝えすることができます」 オスカー退社の岡田結実、新事務所「Viivo」所属をおちゃめに報告
女優に専念するのかな?(2020/5/19)

FAニュース:
CC-Link協会にOPC Foundation創設メンバーが加入、オープン化をさらに加速
産業用オープンネットワーク「CC-Linkファミリー」の普及を行うCC-Link協会は2020年4月21日、OPC Foundationの前会長兼事務局長で、創設メンバーの一人でもある、Thomas J. Burke(トーマス・J・バーク)氏を、Global Strategic Advisorとして招いたと発表した。グローバル化やオープン化をさらに加速させる方針だ。(2020/4/22)

本当に効率を上げるためのSaaS:
日本の生産性を押し下げる「経費精算」が無くならない根本理由
多くの会社員にとって、最も身近な事務処理、経費精算。しかし社員、経理担当者の双方にとって経費精算処理の難しさは、領収書などの原本回収が必須になることだ。電子帳簿保存法の改正はあったが、現時点でも導入企業はたったの2000社弱。中小企業にとってはむしろ導入コストや運用コストが増えるだけで、ほとんどメリットがないのが電子帳簿保存法だ。(2020/4/22)

インフラメンテナンス×AI(3):
“品川区”が試行するICT/AIの区道維持管理、従来手法より2.5倍も異常検知
東京・品川区は、道路管理者として行っている区道の日常点検に、ICTやAIを導入し、将来にわたり持続可能なインフラ維持管理体制の構築を進めている。実用化すれば、異常発見時に遅滞なく応じられるようになるだけでなく、ICT点検の結果に基づく1次現場対応のアウトソーシング化で職員の事務軽減、住民からの道路に対する要望への適切な対応などが期待される。(2020/4/21)

ソフトバンク、オンラインショップと電話店で3000円を割り引くキャンペーン
ソフトバンクは、新型コロナウイルス感染拡大を予防する取り組みとして4月21日から「Webトクキャンペーン」を実施。オンラインショップやソフトバンク電話店で新規契約、乗り換え、機種変更した利用者の新規契約事務手数料や機種変更手数料相当額を割引する。(2020/4/20)

新型コロナ影響から判断:
Japan IT Week春の延期決定、秋開催と併せて実施へ
 Japan IT Week事務局は2020年3月23日、同年4月8〜10日の日程で開催を予定していた展示会「第29回 Japan IT Week春」の開催を延期すると発表した。事務局は、同展示会の会期を秋に移行し、同年10月28〜30日に開催予定の「第11回 Japan IT Week秋」と合併する方針だ。(2020/3/23)

WHO、新型コロナを「パンデミック」と表明
世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長が11日に会見を開き、「新型コロナウイルス(COVID-19)はパンデミック(pandemic)として特徴付けられると評価した」と語った。WHOがパンデミックと認めたのは2009年の新型インフルエンザ以来だ。(2020/3/12)

同人誌即売会「サンクリ2020 Spring」中止 「感染者が出れば今後の開催が難しくなる」
オールジャンルの同人誌即売会「サンシャインクリエイション」を運営するクリエイション事務局は、3月8日に開催を予定していた「サンシャインクリエイション2020 Spring」の中止を発表した。(2020/3/4)

“ゲーム規制条例”を香川県内の学生はどう思うか 反対の署名活動を行う高校生「ゲーム好きとしては、自分の将来は自分で決める」
ネット上で署名活動を行い、香川県議会事務局に提出した高校生に話を伺いました。(2020/3/4)

【全22問】「1日60分までの根拠は」「なぜ議事録がないのか」―― 香川県「ネット・ゲーム依存症対策条例(仮称)」、議会事務局との一問一答
「ネット・ゲーム依存症」の定義や、根拠としている研究はあるか、県外の事業者も条例の対象になるのかなどについても聞きました。(2020/2/6)

IIFES2019:
中国スマート工場最前線、“世界最高のモノづくり”に向け中国は何を考えるか
オートメーションと計測の先端総合技術展「IIFES2019」の特別セッションに、中国科技自動化アライアンス スマートファクトリー研究所 所長で事務局長の王健氏が登壇。「中国のスマート製造におけるAI/ビッグデータ/IIoTのメガトレンドとアプリケーション」をテーマに、中国の製造業の現状や直面する課題、昨今のスマート製造、さらには産業用インターネットにおける政府の政策、開発状況などを紹介した。(2020/2/6)

箕面市が年間270万円でRPAを本格導入、業務時間を減らす“だけではない”目的とは
大阪府箕面市は、オートメーション・エニウェア・ジャパンの「Automation Anywhere Enterprise」を本格導入する。2019年10月の実証実験を実施した上での導入だが、同市には年間1125時間分の事務作業削減を見込む以外に、重要な目的があるという。(2020/2/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。