ニュース
» 2015年10月14日 11時09分 UPDATE

エプソンダイレクト、第6世代Coreプロセッサに対応したスリムBTOデスクトップ「Endeavor MR4600E」

エプソンダイレクトは、同社製デスクトップPC「Endeavor」のラインアップに省スペース型新モデル「Endeavor MR4600E」を追加した。

[ITmedia]
photo Endeavor MR4600E

 エプソンダイレクトは10月14日、同社製デスクトップPC「Endeavor」のラインアップに省スペース型新モデル「Endeavor MR4600E」を追加、本日より受注を開始する。BTOカスタマイズに対応、基本構成価格は11万2800円だ(税別)。

 スリム筐体採用デスクトップPC「Endeavor MR4500E」の後継モデルで、第6世代CoreプロセッサとなるCore i5-6500(3.2GHz)〜Core i7-6700K(4GHz)までの搭載に対応した。筐体デザインもリニューアルされ、直線を基調としたシャープなスタイルとなっている。

 最小構成時のスペックは、メモリがDDR4 4Gバイト、ストレージが500GバイトHDD、光学ドライブがDVD-ROMドライブを搭載。BTOカスタマイズによりメモリ/ストレージの変更、およびグラフィックスカードの追加(Radeon R7 240/GeForce GTX 750/Quadro K620を選択可能)にも対応している。標準導入OSはWindows 10 Home 64ビット版で、Windows 7 Professionalへの変更も可能だ(ダウングレード適用による)。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.