連載
» 2015年10月17日 00時00分 UPDATE

週末アップルPickUp!:新型iMacと初代iMacを比べてみると……? アップルが「Then and Now」を公開

みなさんはiMacにどんな思い出がありますか?

[らいら,ITmedia]

 既報の通り、アップルは10月13日に新型iMacを発表しました。今回は21.5インチiMacに4Kディスプレイ搭載モデルが登場し、27インチiMacでは全モデルで5Kディスプレイが採用されました。付属のアクセサリも新しい「Magic Keyboard」「Magic Mouse 2」「Magic Trackpad 2」に一新され話題となっています。

og_appleweekend_001.jpg ボンダイブルーのiMac G3 vs. 最新iMac

 また、アップルは今回の発売にあわせて、1998年に発表した初代iMacと最新型iMacを比較するページ「Then and Now」を公式サイトで公開しました。iMacの「あの時と今」を比べてみると、こんな差があるそうです。

  • ディスプレイのピクセル数は1400万多い
  • グラフィックス性能は62000倍
  • RAM(メモリ)は1000倍
  • ストレージ容量は750倍
  • 処理能力は366倍
og_appleweekend_002.jpg キーボードやマウスの違いにも注目

 初代iMac G3のスペックを振り返ってみると、CPUはPowerPC G3(233 MHz)、標準実装メモリは32Mバイト、HDD容量は約4Gバイトと、現在のスマホにもとっくに追い越されるほどのスペックです。17年という期間の短さを考えると、コンピュータの進化の速さに改めて驚かされますね。

 iMac G3はスティーブ・ジョブズ氏がアップルに戻った後にリリースされた最初の主要製品で、当時“暗黒期”のただ中にいたアップルを復活させる象徴的なモデルとなりました。

og_appleweekend_003.jpg この見た目が美味しそうだと子供ながらに思っていました

 そのとき11才だった筆者も、パソコン雑誌の裏表紙にあった広告に衝撃を受けたことを今でも覚えています。それまで親のお下がりのWindowsマシンをずっと愛用していましたが、1999年に新色として追加されたタンジェリン(オレンジ)カラーのiMacや、同色のクラムシェル型iBookを親にねだったものです。「高い」「Windowsと使い方が違うから(小学生の自分には)難しい」とあっさり却下されましたが。

 iMac G3の影響は大きく、パソコンや周辺機器のスケルトンブームが到来したり、某メーカーがiMacそっくりの一体型PCを発売したりして話題になったのは覚えている人も多いのではないでしょうか。

 みなさんはiMacにどんな思い出がありますか?

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

-PR-