ニュース
» 2015年09月10日 19時00分 公開

動画で見る「iPhone 6s」、ローズゴールドは女性ウケがよさそう!3D Touchを触って確かめた

新型iPhone 6s/6s Plusをハンズオン会場から動画でリポート。3D Touch、4Kビデオ、新色ローズゴールドモデルをチェック。

[らいら,ITmedia]

 先に紹介した「iPad Pro」の動画リポートに続き、iPhoneの新モデル「iPhone 6s/6s Plus」のファーストインプレッションを紹介しましょう。

Perfume&セレーナ・ゴメスは「ローズゴールド」モデル

 これまでのウワサ通り、カラーバリエーションには、スペースグレイ、シルバー、ゴールドに加えて、新色の「ローズゴールド」が登場しました。

女性の人気を集めそうなローズゴールドカラー

 iPhone 6sの公式ビデオには、テクノポップユニットのPerfumeや、米歌手兼女優のセレーナ・ゴメスが、ローズゴールドモデルを使ってセルフィー(自撮り)する場面が登場。彼女たちのはなやかな笑顔と、洗練されたローズゴールドの雰囲気がぴったりですね。これは女性人気が高くなりそう!

一部の人にとってはある意味最大のサプライズだったPerfumeの登場

 ボディには航空宇宙産業で使われるものと同じグレードのアルミニウム合金が採用され、カバーガラスも強化されました。これまで画面割れ防止などのためにカバーを着せていた女性ユーザーも、気兼ねなくカバーなしでローズゴールドのカラーリングを楽しめそうです。

「3D Touch」で各種機能にクイックアクション

 Apple Watchや新しいMacbookに搭載された「感圧タッチ」(Force Touch)は、「3D Touch」という名前でiPhone 6sに採用されました。タップやスワイプなど従来のマルチタッチジェスチャーに加え、新たに軽くプレスする「Peek」と深く押しこむ「Pop」の動作が加わり、できる操作が増えています。

メールアプリの受信ボックス画面でメールを「Peek」すると、プレビュー画面が開く。さらにぐっと押し込む(Popする)と、タップ操作と同じくメールの本文画面に移る)
ホーム画面でアイコンをプレスすると、よく連絡する相手にすぐにメッセージが送れたり、電話をかけられたりと、ショートカット操作が可能に。カメラアプリでは、わざわざアプリを起動してカメラモードを切り替えなくても、1プレスでインカメラやビデオモードで撮影を始められる

カメラ機能はさらに性能アップ! 4KビデオとLive Photosハンズオン

 iSight(背面)カメラは800万画素から1200万画素に、FaceTime(前面)カメラは120万画素から500万画素まで向上し、センサーも進化したことで、さらに美しい写真を撮影できるようになりました。iSightカメラのビデオモードでは、新たに4Kサイズにも対応します。

4Kビデオは再生中にビデオを拡大して見ることもできる

 また新機能「Live Photos」では、写真を撮るようにして前後の動きとサウンドを1.5秒間撮影します。ファイル形式はJPEGのため、Windows PCやAndroid端末などでは通常の静止画のまま。今後対応アプリが増えれば、SNS上などでもLive Photosを見られるようになるそうです。

Live Photosで撮った写真はスライドするときに一瞬動きが再生され、Pop(深くプレス)することで、すべての映像が再生される

Siriに「今日はなにかいいことあった?」と聞いてみると……

 ところで今回のイベントのキャッチフレーズは「Hey Siri, give us a hint.」(Hey Siri、ヒントちょうだい)でしたが、イベント終了後のアップル公式サイトには「Hey Siri、今日は何かいいことあった?」の言葉が。さっそくSiriに同じことをたずねてみると、イベントでの発表内容を簡単に答えてくれました。

フラックス・キャパシター(次元転移装置)は、「バック・トゥ・ザ・フューチャー」のデロリアンに取り付けられているタイムトラベル装置のこと

 Siriの言うとおり、さらにパワフルでパーソナルな端末に生まれ変わったiPhone 6s。発売日が待ち遠しい!

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう