ニュース
» 2015年11月05日 19時15分 UPDATE

あなたのオフィスでデスクトップPCは健在?――デルが法人向けPC新製品を発表

デルが法人向けデスクトップPCの新モデル計9機種を発表した。旧機種に比べてパフォーマンスの向上と大幅な小型化を実現した。

[山口恵祐,ITmedia]
クライアント・ソリューションズ統括本部統括本部長の山田千代子氏 クライアント・ソリューションズ統括本部統括本部長の山田千代子氏

 デルは11月5日、都内で法人向けデスクトップPCの新製品発表会を開催し、新しい「OptiPlex」3シリーズ6製品と、「Vostro」3製品を発表した。

 発表会冒頭に登壇した同社クライアント・ソリューションズ統括本部統括本部長の山田千代子氏によれば、ビジネスの現場におけるテクノロジーの進化によって、働く場所や時間といった環境が大きく変化しており、働き方は5つのペルソナ(人物像)に分けることができるという(写真参照)。もはや「働き方がデバイスを選ぶ」といった状況になっていると同社は考えていると話す。

ky_dell-02.jpg 多くの時間をオフィスで過ごす人から、自宅でフルタイム働く人まで多様な働き方が存在する

 そんな中、インテルと同社が共同で調査した結果によれば、全体の77%がデスクトップPCを業務で利用しているという。同社はこれを「意外な結果だ」と評しながらも、「以前と違う点はノートブックや2in1、タブレットとの併用しているユーザーが増えたこと」と説明する。

 今回発表した法人向けデスクトップは計9製品だ。中小企業向けとなる「Vostro 3000」シリーズは、ビジネスで最低限の機能を備えたシンプルなモデル。旧機種からCPUやメモリといった基本スペックを向上させながら、本体サイズを50%以上小型化し、30%以上の軽量化を図っている。

Vostro 3650とVostro 3250 「Vostro 3650 ミニタワー」(写真=左)、「Vostro 3250 スモール」(写真=右)
ky_dell-04.jpg 本体サイズが非常にコンパクトになった

 「OptiPlex」シリーズは、最低限の機能を備える「OptiPlex3000」シリーズ、上位モデルと同等のチップセットを備え管理性を高めた「OpitPlex5000」シリーズ、クラス最高の拡張性を実現するフラッグシップ「OptiPlex7000」といった豊富なバリエーションを用意。こちらも旧機種に比べてパフォーマンスを最大70%向上させながら最大43%の小型化と最大63%の消費電力削減を実現する。

OptiPlex 5040 スモールフォームファクタ 「OptiPlex 5040 スモールフォームファクタ」
OptiPlex 7040 マイクロフォームファクタ 「OptiPlex 7040 マイクロフォームファクタ」
OptiPlex 7040 スモールフォームファクタ 「OptiPlex 7040 スモールフォームファクタ」
OptiPlex 7440 オールインワン 「OptiPlex 7440 オールインワン」
新旧筐体比較 ミニタワーは最大43%、スモールフォームファクタは最大7%の小型化している
デル株式会社 デル株式会社

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.