連載
» 2016年01月02日 06時00分 UPDATE

本田雅一のクロスオーバーデジタル:2016年にPCが向かう先は? 高性能な2in1か、原点回帰のノートか (1/3)

PCの進化において、2015年はSkylakeやWindows 10といった大きなトピックがあった。それらを踏まえ、2016年のPCはどこへ向かおうとしているのだろうか。

[本田雅一,ITmedia]

2015年はSkylakeが登場したが……

 ITmedia PC USERで「その年におけるPC動向を占うコラム」を始め、今回で5回目となる。年刊連載といったところだろうか。

 まずは前回、2015年の年頭コラムを振り返ってから本題に入ることにしよう。2015年の主なテーマとしたのは、Intelの新プラットフォーム「Skylake(第6世代Core)」が、PC業界にとって極めて重要なアップデートとなり、業界トレンドをリードするという内容だった。

 実際、2015年を振り返るとSkylakeの投入によって、とりわけモバイル系のPCは大きな進化を遂げた。電力効率の大幅な向上と、内蔵GPUのパフォーマンスアップは、ノートPCやタブレットに大きな恩恵をもたらすからだ。もちろん電力効率の向上はデスクトップPCでも、サーバでも重要なポイントとなる。

Skylake 2016年後半にはIntelの「第6世代Core(開発コード名:Skylake)」が登場し、これを搭載するPCが増えつつある状況だ

 ただし、同時に立ち上がると予想したワイヤレスデータ通信技術の「WiGig」とワイヤレス給電技術の「Rezence」に関しては、業界全体としての動きが鈍かった。いずれも本格的な動きが見られるのは2016年以降になりそうだ。

 WiGigは60GHzという高い周波数帯を利用し、最大7Gbps(理論値)の高速なワイヤレスデータ通信を可能にする技術。DellやHPが、ディスプレイ出力やUSB 3.0、有線LANをまとめてワイヤレス化できるビジネスPC用のドッキングステーションを製品化しているが、まだ存在感は薄い。WiGigはWi-Fi Allianceが2016年初頭に認定プログラム(WiGig CERTIFIED)を開始する予定だ。

WiGig 「WiGig」は、Wi-Fi Allianceが2016年初頭に認定プログラム(WiGig CERTIFIED)を開始する予定だ(Wi-Fi Allianceの発表資料より)

 RezenceはノートPCの無線充電を実現する磁気共鳴方式のワイヤレス給電技術。同規格を推進する業界団体のAlliance for Wireless Power(A4WP)が、電磁誘導型方式のワイヤレス給電技術(Powermat)を推す業界団体Power Matters Alliance(PMA)と合併し、2015年11月に新しい標準化団体「AirFuel Alliance」を発足した状況だ。ワイヤレス給電技術は、Wireless Power Consortium(WPC)の「Qi」がスマートフォンを中心に普及しつつあるが、A4WPとPMAの合併が少なからず影響を与えるだろう。

tm_1512_2016nensi_03.jpg A4WPの一員であるIntelは、同団体が推進する「Rezence」の実用化にも積極的だ。写真はIntel Developer Forum 2014で行われたRezenceのデモ。Rezenceの給電システムを組み込んだテーブルに、対応するノートPCやタブレットを載せるだけで充電できる。今後は新しい標準化団体のAirFuel Allianceを通じて、ワイヤレス給電技術の実用化と普及を図ることになる

 もう1つの大きな予測として、スマートフォンやタブレットが一定以上のユーザー層を確保している中で、PCという分野では、より高パフォーマンスな製品が好まれるようになるというものがあった。メーカーも、そうしたニーズを察知してプレミアムプラスのノートPCを増やしてくると考えたのだ。

 確かに、日本ではVAIOによる新しい「VAIO Z」がそのような方向へ進んだものの、グローバルの視点ではプレミアムプラスのノートPCが多数生まれたとは言えない年だった。相変わらず、Appleの「MacBook Pro」がそのニーズを引き受けている。

VAIO Z 日本で発売された「VAIO Z」は、13型クラスでは突出した性能を発揮するプレミアムな2in1ノートPC。より高性能なプロセッサを搭載したタブレット「VAIO Z Canvas」は米国でも販売している

 グローバルではそのMacBook Proに対抗すべく、Microsoftが米国で10月に「Surface Book」を発売したが、サードパーティーがプレミアムクラスのノートPC(2in1)をなかなか出してこないからこそ、自身がリスクテイクして発売した……すなわち、まだその動きは出始めたばかりで、市場では定着していないとも言える。

Surface Book 米国で発売された「Surface Book」は、ディスプレイ側にCPUなど主要パーツを内蔵し、キーボード側に外部GPUを載せたプレミアムな2in1ノートPC。日本では2016年早期に発売する予定だ

 ということで、前回は2015年を占うにしては少々気が早い内容の年始コラムだったのだが、懲りずに2016年も続けていきたい。ただし、Intelのプラットフォーム戦略を元にしたロジックではなく、テクノロジー業界のメガトレンドをウォッチしながらの話として進める。

       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.