ニュース
» 2016年01月18日 11時00分 UPDATE

2016年PC/タブレット春モデル:最新CPU採用でパフォーマンスを向上した23型オールインワン――「FMV ESPRIMO FH77/XD」など

23型ワイド液晶を搭載した「FH77/XD」は、最新CPUやDDR4メモリ、USB 3.1 Type-Cポートを搭載するなど、さらなるハイパフォーマンスを実現した。

[山口恵祐,ITmedia]

 富士通は1月18日、2016年PC春モデルとして、液晶一体型PC「FMV ESPRIMO FH」シリーズの新モデルを発表、1月22日より発売する。ラインアップは上位モデル「FH77/XD」と下位モデル「FH53/XD」の2モデルで、実売予想価格は順に23万円弱、18万円強。

「FH77/XD」 「FH77/XD」

 両モデルはハイレゾ音源の再生に対応したPionieer監修のステレオ2Wayスピーカーや、地上デジタル・BSデジタル・110度CSデジタル放送のダブルチューナーを搭載、さらに録画番組をHD画質で対応機器に持ち出せる「SeeQVault(シーキューボルト)」に対応する。前モデルに引き続き、文字入力のしやすさを追究したキーボードや、日本語入力ソフト「ATOK」も標準搭載する。

 上位モデルFH77/XDの基本スペックは、CPUがインテル第6世代Coreプロセッサー・ファミリーのCore i7-6700T(2.8GHz/最大3.6GHz、4コア8スレッド、3次キャッシュメモリ 8Mバイト)、8Gバイトメモリ(DDR4 PC4-17000)、2TバイトHDD、BDXL対応Blu-ray Discドライブ。ネットワーク機能として、IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LANとBluetooth v4.1、ギガビットLANを搭載。本体サイズは544(幅)×158(奥行き)×418(高さ)ミリ、重量は約7.2キロ。OSは64ビット版Windows 10 Homeとなる。

 下位モデルFH53/XDは、CPUがインテルCeleron 2950M(2GHz、2コア2スレッド、3次キャッシュメモリ 2Mバイト)、4Gバイトメモリ(DDR3L PC3L-12800)、1TバイトHDD、DVDスーパーマルチドライブ。ネットワーク機能として、IEEE802.11a/b/g/n/ac対応無線LANとBluetooth v4.0、ギガビットLANを搭載。本体サイズは544(幅)×158(奥行き)×418(高さ)ミリ、重量は約6.9キロ。OSは64ビット版Windows 10 Homeとなる。

「FH53/XD」 「FH53/XD」

 その他、2015年秋冬モデルの「FH52/W」は継続販売となり、ESPRIMO FHシリーズは計3ラインアップとなる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.