ニュース
» 2016年02月09日 21時00分 UPDATE

サポート期限は2017年7月17日まで:Microsoft、Windows 7/8.1を期間限定サポートするSkylake搭載PCのリスト更新

Windows 7/8.1のSkylake(第6世代Core)サポートを2017年7月17日で終了すると発表したMicrosoft。同社はこれに該当するPCメーカーのリストを更新した。

[前橋豪,ITmedia]

 米Microsoftは2月8日(現地時間)、Windows 7/8.1の期間限定サポート対象となるSkylake搭載PCメーカーのリストを更新した。

 今回リストアップされたPCメーカーは、Dell、Epson、Fujitsu、HP、Lenovo、LG、NEC、Panasonic、Toshiba、VAIOの10社だ。1月のリスト公開時は、Dell、HP、Lenovo、NECが名を連ねていたが、今回の更新で国内メーカーが増えた。リストのリンク先から、各メーカーにおけるWindows 7/8.1サポート対象のSkylake搭載PCを確認できる。このリストは今後も更新されるという。

Skylake Skylakeの開発コード名で知られるIntelの第6世代Coreプロセッサ。Skylake搭載PCにインストールされたWindows 7/8.1のサポート期限は、2017年7月17日までになる

 Microsoftは1月15日、最新プロセッサ搭載PCにおける新しいサポートポリシーを発表しており、最新のSkylake(第6世代Core)搭載PCについては、Windows 7/8.1のサポート(つまりアップデートや修正)期限を2017年7月17日までに短縮した。これより後は致命的なセキュリティの問題が発生した場合のみ、アップデートが準備される予定だ。

 リストにある各社のSkylake搭載PCは、Windows 7/8.1のサポートが2017年7月17日で終了となる。2017年7月17日まではWindows 10に移行するための猶予期間とされており、各メーカーは自社のSkylake搭載PCで問題なくOSアップグレードが行え、システムがWindows 10に最適化されるよう、ドライバやファームウェアの提供、各種検証を行う。

PCメーカーリスト Windows 7/8.1のサポート対象となるSkylake搭載PCメーカーのリスト(米国時間2月8日時点)。メーカー名をクリックすると、各社の対象PC情報ページへジャンプする。Epson、Lenovo、NEC、Panasonic、VAIOは、ここから日本語のページで国内モデルの対象製品を確認できる

 なお、Skylake以後に登場する新世代プロセッサ搭載PCは、Windows 10のみがサポート対象OSとなり、Windows 7/8.1はサポートされない。新世代プロセッサとは、Intelが2016年後半に投入する見込みの「Kaby Lake」、2016年第1四半期中に最初の製品が市場投入されるとみられるQualcommの「8996(Snapdragon 820)」、2016年中に展開が予告されているAMDの「Bristol Ridge」などが該当する。

 逆に、Skylakeより前の世代のプロセッサを搭載したPCについては、Microsoftの旧サポートポリシーが継続される。Windows 7は2020年1月14日、Windows 8.1は2023年1月10日まで(延長)サポートが受けられる予定だ。

Windowsのサポート期限 各Windows OSのサポート期限。Skylakeより前の世代のプロセッサを搭載したPCについては、Windows 7が2020年1月14日、Windows 8.1が2023年1月10日まで延長サポート期間となる

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.