連載
» 2016年04月13日 00時00分 UPDATE

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:Windows 10、iOS、Androidの垣根を越える「Rome」プロジェクト発動 (1/3)

プラットフォーム依存から脱する戦略を次々と発表しているMicrosoft。開発者会議で明かされた「Project Rome」では、OSの異なる複数デバイスをまたいだ1つのシームレスなユーザー体験を実現しようとしている。

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

 米サンフランシスコで3月30日から4月1日(現地時間)に開催された米Microsoftの開発者会議「Build 2016」では、さまざまな面白い発表があった。そのうち、Windows 10の次期大型アップデート「Anniversary Update」で提供予定の新機能については、基調講演で大々的に紹介され、プレビュー版の配布も始まっている。

 しかし、この開発者会議では基調講演に登場しなかったものの、非常に興味深い技術やサービスが個別のセッションで披露されていた点にも注目したい。今回紹介する「Project Rome」もその1つだ。

Project Rome Build 2016の基調講演では触れられなかったが、要注目の「Project Rome」。さまざまなデバイスとアプリをつないでシームレスなユーザー体験をもたらす

それは複数デバイスを使いこなすユーザー向けの新機能

 スマートフォンやタブレットが市民権を得るようになって10年近くがたった。今では、1人のユーザーが複数のデバイスを所持し、用途に応じて使いこなすというのも珍しいことではない。実際、筆者は(Surfaceを除く)タブレットをほとんど使っていないが、デスク仕事では1〜2台のPC、それ以外の場面では2〜3台程度のスマートフォンを適時使い分けている。同業者では少ない方だが、一般ユーザーに比べれば多いだろう。

 このように、1人のユーザーが複数台のデバイスを所持していることは、先進国ではもはや珍しくない。Microsoftによれば、1人のユーザーが(電子デバイスの)スクリーンを眺めている時間は1日あたり平均で7.4時間で、米国と英国の調査では60%以上の成人が2台以上のデバイスを所持しているという。デスクワークで考えれば、7.4時間はそれほど長い時間ではないが、実際には「あるときはPC、またあるときはスマートフォン」といったように、複数のデバイスを使い分けているのが一般的だ。

 さらに興味深いことには、このうち42%のユーザーは「作業開始デバイスと終了デバイスが異なる」というデータが出ている。つまり、出先でスマートフォンを使って書いていたメールを帰宅後にPCで完成させたり、あるいはPCで見ていた動画をベッドに持ち込んでタブレットで続きを見たり……といった形で、そのときの気分やシチュエーションで利用デバイスを切り替えるのも珍しくないというわけだ。

 前者の場合、Gmailなどを使えばクラウドで書きかけのメールが保存されているため、デバイスを変更しても作業を継続するのは容易だ。後者においても、Netflixなどのサービスでは途中で停止した場合の視聴履歴が記録されているため、デバイスをまたいだ継続再生も問題ない。

 一方で、こうした仕組みは全てのアプリやサービスで実装されているわけではなく、本当の意味でシームレスなユーザー体験を提供するためには、「デバイスを適時使い分ける」というユーザーの利用シナリオを想定してアプリを開発する必要がある。

 それを実現するために提供される仕組みが、このProject Romeだ。

全ての道はローマに通ず 「全ての道はローマに通ず」というが……
       1|2|3 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう