ニュース
» 2016年05月31日 15時12分 UPDATE

ドスパラ、物理10コア20スレッドの最上位Core i7を搭載したPCを販売開始

サードウェーブデジノスは「GALLERIA」「Monarch」「raytrek」各モデルに、最新の「Broadwell-E」となるインテルCore i7プロセッサを搭載した。

[井上輝一,ITmedia]

 サードウェーブデジノスは5月31日、最新の「Broadwell-E」となるインテルCore i7プロセッサを搭載した「GALLERIA」「Monarch」「raytrek」各モデルを発表、販売開始した。

「Broadwell-E」Core i7搭載のゲーミングPC「GALLERIA」 「Broadwell-E」Core i7搭載のゲーミングPC「GALLERIA」

 ゲーミングPC「GALLERIA」の代表モデルである「GALLERIA XG-E」は、CPUにBroadwell-E世代の最上位モデル、Core i7-6950Xを搭載する。Core i7-6950Xは物理コアを10個搭載し、ハイパースレッディングで20スレッドに対応、定格の動作周波数は3GHzで、TurboBoost時に3.5GHzまでクロックアップする。L3キャッシュは25MBで、PCI-Eレーン数は40レーンとなる。

 マザーボードにはインテルX99チップセット搭載ATXマザーボードを採用、メモリは標準でDDR4 SDRAM 8GB×4の32GBとなる。最大128GBまで搭載可能。グラフィックスカードはNVIDIA GeForce GTX 1080、ストレージは480GB SSDを備える。OSは64bit版Windows 10 Pro。このモデルの場合、価格は44万9980円(税別、以下同様)となる。

「Broadwell-E」Core i7搭載のデスクトップPC「Monarch」 「Broadwell-E」Core i7搭載のデスクトップPC「Monarch」

 デスクトップPC「Monarch」の代表モデルである「Monarch HB-E」はCPUにBroadwell-E世代のCore i7-6800Kを搭載する。Core i7-6800Kは物理コアを6個搭載し、ハイパースレッディングで12スレッドに対応、定格の動作周波数は3.6GHzで、TurboBoost時に3.8GHzまでクロックアップする。L3キャッシュは15MBで、PCI-Eレーン数は28レーンとなる。

 マザーボードにはインテルX99チップセット搭載ATXマザーボードを採用、メモリは標準でDDR4 SDRAM 4GB×2の8GBとなる。最大128GBまで搭載可能。グラフィックスカードはNVIDIA GeForce GTX 730、ストレージは1TB HDDを備える。OSは64bit版Windows 10 Home。このモデルの場合、価格は13万9980円となる。

「Broadwell-E」Core i7搭載のクリエイター向けPC「raytrek」 「Broadwell-E」Core i7搭載のクリエイター向けPC「raytrek」

 クリエイター向けPC「raytrek」の代表モデルである「raytrek LC-E M4」はCPUにBroadwell-E世代のCore i7-6800Kを搭載、マザーボードにはインテルX99チップセット搭載ATXマザーボードを採用、メモリは標準でDDR4 SDRAM 8GB×4の32GBとなる。最大128GBまで搭載可能。グラフィックスカードはNVIDIA Quadro M4000、ストレージは480GB SSDを備える。OSは64bit版Windows 10 Pro。このモデルの場合、価格は29万9980円となる。

 各モデルともに、BTOで自分好みの1台にカスタマイズすることが可能だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう