ニュース
» 2017年01月20日 16時34分 UPDATE

東芝、第6世代Coreプロセッサを採用する法人向けスリムデスクトップ「EQUIUM 4060」

東芝は、法人向けモデルとなるスリム筐体採用デスクトップPC「EQUIUM 4060」の販売を開始する。

[ITmedia]

 東芝は1月20日、法人向けモデルとなるスリム筐体採用デスクトップPC「EQUIUM 4060」を発表、本日より販売を開始する。本体構成および搭載OSの差異により各種バリエーションを用意、価格は20万6000円から(Celeron G3900搭載/Windows 10 Pro導入モデル、税別)。

photo EQUIUM 4060

 OSとしてWindows 10を導入したオフィス向けPC(Windows 10 Anniversary Update適用済み)で、プロセッサとしてCeleron G3900およびCore i3-6100/同 i5-6500/同 i7-6700の搭載に対応。またWindows 7 Professonal/Windows 8.1 Pro導入モデルの販売も継続して行われる(ともにWindows 10 Proライセンスからのダウングレード適用による)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう