ニュース
» 2017年02月16日 12時10分 UPDATE

BOXX、“プロ向け”のOC仕様デスクトップWS計3機種を発表

トーワ電機は、米BOXX製となるCore i7搭載デスクトップWS計3機種の取り扱いを発表した。

[ITmedia]

 トーワ電機は2月16日、米BOXX Technologies製となるCore i7搭載デスクトップWS新モデルの取り扱いを発表、本日より販売を開始する。

 いずれも最新のCore i7プロセッサを搭載したデスクトップWSで、独自にチューニングを施したオーバークロック仕様となっているのが特徴。今回のラインアップでは、“KabyLake”世代Coreプロセッサ搭載/4.8GHzオーバークロック済みの「APEXX2 2403」と、“Broadwell-E”世代Coreプロセッサ搭載/最大4.3GHzオーバークロック済みの「APEXX2 3403」「APEXX4 7404」の3製品をラインアップした。

photo APEXX2 2403(左)、APEXX2 3403(中)、APEXX4 7404(右)

 搭載メモリはAPEXX2 2403/同 3403が最大64GB、APEXX4 7404が最大128GBで、BTOカスタマイズによりハイエンドGPUの装着なども可能となっている。標準導入OSはWindows 10 Pro 64bit版だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.