ニュース
» 2017年05月09日 11時58分 UPDATE

ネットギア、国内初のIEEE802.11ad対応無線LANルータ「Nighthawk X10 R9000」

ネットギアジャパンは、60GHz帯を使用するIEEE802.11ad接続に対応した無線LANルータ「Nighthawk X10 R9000」を発表した。

[ITmedia]

 ネットギアジャパンは5月9日、IEEE802.11ad接続に対応した無線LANルータ「Nighthawk X10 R9000」を発表、6月9日に販売を開始する(本日よりAmazon.co.jp /NTT-X Storeにて予約受付を開始)。予想実売価格は5万7800円だ(税込み)。

photo Nighthawk X10 R9000

 60GHz帯を使用するIEEE802.11adに対応した国内初となるモデルで、ほかIEEE802.11ac wave2にも対応、60GHz帯/5GHz帯/2.4GHz帯の3バンドを同時に利用可能だ。各周波数帯の最大速度はそれぞれ4600Mbps/1733Mbps/800Mbpsとなっている。

 有線ポートはギガビット対応×6基を搭載、うち2基はリンクアグリゲーションにも対応。このほか10GbE対応ポート(SFP+ ポート)も1基備えている。


 このほか、IEEE802.11 ac wave2対応の無線LAN中継器「Nighthawk X4 EX7300」、およびバッテリー充電対応のWi-Fiネットワークカメラ「Arlo Pro」もあわせて発表。それぞれ6月9日/6月16日に販売を開始する。予想実売価格はNighthawk X4 EX7300が1万4980円、Arlo Pro カメラ2台セットが4万9980円(ともに税込み)。

photophoto Nighthawk X4 EX7300(左)、Arlo Pro(右)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.