ニュース
» 2017年07月03日 12時33分 UPDATE

ASRock、Ryzen対応のMini-ITXゲーミングマザーボード2製品

マスタードシードは、台湾ASRock製となるMini-ITXゲーミングマザーボード「Fatal1ty X370 Gaming-ITX/ac」など2製品の取り扱いを開始する。

[ITmedia]

 マスタードシードはこのほど、台湾ASRock製となるMini-ITXゲーミングマザーボード「Fatal1ty X370 Gaming-ITX/ac」「Fatal1ty AB350 Gaming-ITX/ac」の取り扱いを発表、7月12日より順次販売を開始する。予想実売価格はそれぞれ1万8500円前後/1万4800円前後だ(税別)。

 それぞれチップセットとしてAMD X370/同 B350を採用したSocket AM4対応のMini-ITXマザーボードで、Ryzenおよび第7世代APUの搭載に対応。“Fatal1ty”の名を冠したゲーミングモデルで、Intel製ギガビットLANや Creative Sound Blaster Cinema3などを標準で搭載。またLED発光コントロール機能の「ASRock RGB LED」も備えた。

photo Fatal1ty X370 Gaming-ITX/ac
photo Fatal1ty AB350 Gaming-ITX/ac

 いずれもメモリスロットはDDR4スロット2本を、拡張スロットはPCI Express 3.0 x16×1を利用可能。IEEE 802.11ac無線LAN機能も装備、APU装着時に利用可能なHDMI映像出力も備えている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう