ニュース
» 2017年10月11日 11時48分 公開

レノボ、教育機関向けのWindows 10 S搭載フルクラウド型ノートPC「Lenovo N24」

レノボ・ジャパンは、教育機関での利用に適したWindows 10 Sの普及型ノートPC「Lenovo N24」を発表した。

[ITmedia]

 レノボ・ジャパンは10月11日、教育機関での利用に適したWindows 10 Sの普及型ノートPC「Lenovo N24」を発表、10月13日に販売を開始する。同社Web直販価格は4万8000円から(税別)。

photo Lenovo N24

 児童/生徒が利用することを想定した11.6型ノートPC。OSにWindows 10 Sを採用しフルクラウド化を前提とすることで、学校側の管理運用の負荷を軽減可能としたのが特徴だ。筐体はケガの心配が少ない丸みをおびたデザインを採用、キーボードは防滴仕様となっている。

 付属のLenovo Active Penによるペン入力にも対応、ディスプレイを展開させることでタブレットスタイルなどでの利用も可能だ。

 ディスプレイは1366×768ピクセル表示対応の11.6型液晶を内蔵。CPUはCeleron N3450、メモリは4GB、ストレージはeMMC 64GB(または128GB)を備えた。ほかIEEE 802.11ac無線LAN/Bluetooth 4.1、USB 3.0×1/同 2.0×2、HDMI映像出力、microSDカードリーダーなども装備。内蔵バッテリー駆動時間は最大約14.4時間だ。

photophoto

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう