ニュース
» 2017年10月11日 13時08分 公開

マウス、Core i7-8700K搭載のクリエイター向けハイエンドPCを発表

マウスコンピューターは、同社製クリエイター向けPC「DAIV」に第8世代Coreプロセッサ採用のハイエンド構成モデルを追加した。

[ITmedia]

 マウスコンピューターは10月11日、同社製クリエイター向けPC「DAIV」に第8世代Coreプロセッサ採用のハイエンド構成モデル「DAIV-DGZ520H1-M2SH5」を追加、10月13日10時に販売を開始する。標準構成価格は29万9800円だ(税別)。

photo DAIV-DGZ520H1-M2SH5

 ミドルタワー型筐体を採用したクリエイター向けPCで、6コア/12スレッド動作対応CPUのCore i7-8700Kを採用。グラフィックスカードはGeForce GTX 1080 Tiを搭載した。OSはWindows 10 Home 64bit版だ。

 メモリはDDR4 64GB、ストレージは512GB M.2 NVMe SSD+3TB HDDを内蔵(標準構成時は光学ドライブ非搭載)。キーボード/マウスはいずれもロジクール製の「Logicool K740」「Logicool M590GT」をそれぞれ付属した。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう