連載
» 2017年10月17日 09時30分 公開

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:10月17日に配信開始 「Windows 10 Fall Creators Update」でPCはこう変わる (1/4)

年2回に固定されたWindows 10の大型アップデート。一般ユーザー向け配信が始まる「Fall Creators Update」の主な変更点をまとめた。

[鈴木淳也(Junya Suzuki),ITmedia]

 Windows 10の大型アップデートである「Fall Creators Update」の一般向け配信が10月17日に全世界で始まる。

 従来の大型アップデートと同様、10月17日のタイミングで全ユーザーに一斉配信されるわけではなく、順次配信となる見込みだ。通常で数日程度、ソフトウェアやドライバの対応状況によっては数カ月程度のラグが発生する可能性がある点に注意したい。

 今回はFall Creators Updateの新機能や変更点を幾つかピックアップしてまとめた。

Fall Creators Update 「Windows 10 Insider Preview」として配信された「Build 16299.15」が、実質的なWindows 10「Fall Creators Update」となっている

細かな変更点や改良が目立つ「Fall Creators Update」

 名前の通り、Fall Creators Updateはユーザーの創造力を刺激することを目指して設計されたという。もっとも、新機能が続々と追加された初期のWindows 10大型アップデートに比べて、4回目の大型アップデートとなるFall Creators Updateでの変更点はやや小振りな印象だ。

 5月開催の開発者向けイベント「Build 2017」で公開され、本来はFall Creators Updateで追加されるはずだった2つの目玉機能が間に合わなかったことも大きい。目玉機能とは、過去の環境に戻って作業をやり直せる「タイムライン」と、デバイス間をまたいだコピー&ペーストが可能になる「クラウドクリップボード」だ。

 一方で、インタフェースやアプリの細かな変更および改良は多岐にわたっており、「Fluent Design」と呼ばれるWindowsデバイスを横断して刷新した新しいユーザーインタフェースを採用するなど、将来のよりよいWindows 10へと向けた内部的な変更が幾つか行われている。

検索と動画編集が大幅に強化された「フォト」

 個人のクリエイティブユースで注目の新機能となるのが、刷新された「フォト」アプリと、これに連動する動画の自動編集機能「Story Remix」だ。

 「フォト」はいわゆる写真を整理・保管するためのアプリだが、新機能として「ビデオの編集」と「検索」の2つが追加された。

 「ビデオの編集」とは、簡単に言えばPCに取り込んだ写真や、OneDriveなどのクラウドストレージに保存してある写真を素材とし、音楽やトランジション(画面遷移)、3Dエフェクト、手書き入力などを施すことで、オリジナルの動画を簡単に作成できるというものだ。

 特に凝った効果を期待しなければ、適当に写真を選んでテーマを選択するだけで“それっぽい”動画が簡単に作成できる。

Fall Creators Update 「フォト」アプリを初回起動すると表示されるダイアログ
Fall Creators Update 「フォト」アプリでは画像素材を元に簡単に動画を作成できたり、あるいは自分だけのオリジナルアルバムを作成できたりと、ユーザーは最小限の労力で自分だけのコンテンツを作成できるようになっている

 この際、写真の選択や整理に役立つのが「自動タグ付け」機能だ。Windows 10が認識できる写真や画像(ローカルやOneDriveにあるもの)を自動でクローリングし、顔認証による個人の特定など、それぞれの要素に自動でタグを付与していく。クローリングが一定以上行われると、フォトアプリの検索窓にタグの候補が出現するので、これをキーワードに画像検索が簡単に行えるというわけだ。

 これまで、手動でタグ付けや分類を行ったり、タイムスタンプを頼りに画像を探したりしていたユーザーにとっては、その手間を大幅に減らせるだろう。「Googleフォト」などクラウド系フォトストレージサービスでは導入されている機能で、既に活用しているユーザーもいるかもしれないが、昨今のAI技術の進化は本当に驚くばかりだ。

Fall Creators Update 強化された検索機能。保存された写真をクローリングし、自動的に最適なタグ付けを行っていく。ユーザーは適当に保存しておいた画像から最適な素材を簡単に引き出せる
Fall Creators Update 写真素材を元に旅行記をオリジナル動画として編集しているところ

洗練された「Windows Ink」の手書き入力

 指やペンを使った手書き入力機能「Windows Ink」も進化。PDFのドキュメントに手書き入力が可能になった他、自動で正方形を正確に描画できるなど高機能な「Smart Ink」が利用できる。前回ペンを使った場所から手書き入力を再開できる「Windows Find my Pen」機能もある。

Fall Creators Update 「Windows Ink」の利用イメージ
       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう