ニュース
» 2017年11月15日 12時21分 公開

サードウェーブデジノス、クリエイターPC「raytrek」にRyzen 3搭載のエントリー構成モデル

サードウェーブデジノスは、同社製クリエイター向けPC「raytrek」シリーズにRyzen 3を採用したミニタワー型モデルを追加した。

[ITmedia]

 サードウェーブデジノスは11月15日、同社製クリエイター向けPC「raytrek」シリーズにRyzen 3を採用したミニタワー型モデル「raytrek-V MX R44」を追加、本日より販売を開始する。BTOカスタマイズにも対応、価格は9万9980円(税別)。

photo raytrek-V MX R44

 ミニタワー型筐体を採用したクリエイター向けデスクトップPCで、4コアCPUのRyzen 3 1300X(3.5GHz/最大3.7GHz)を標準で搭載。グラフィックスカードはGeForce GTX 1050/2GBを内蔵した。

 OSはWindows 10 Home 64bit版を導入。メモリは16GB、ストレージは250GB SATA SSD+1TB HDDを、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを搭載している。


 このほか、CPUをAMD Ryzen 5 1400とした上位構成モデルの「raytrek-V MX R48」もあわせて販売が開始されている。価格は10万9980円(税別)。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう