ニュース
» 2018年01月05日 16時15分 公開

CES 2018:「ThinkPad T」シリーズの2018年モデル登場 15型モデルは4K液晶も選択可

LenovoのビジネスノートPC「ThinkPad T」シリーズの2018年モデルが登場した。15型の「ThinkPad T580」では、独立GPUと4K(3840×2160ピクセル)液晶を搭載する構成も選択可能だ。

[井上翔,ITmedia]

 Lenovoは1月4日(米国西海岸時間)、米ラスベガスで開催される「CES 2018」に先駆けてビジネスノートPC「ThinkPad T480」「ThinkPad T480s」と「ThinkPad T580」を発表した。いずれのモデルも第8世代Coreプロセッサを搭載しており、価格はT480が989ドル、T480sが1269ドル、T580が1079ドルからとなっている。米国では1月中に受注を開始する予定だ。

(日本での発売は現時点では未定)

ThinkPad T480

 「ThinkPad T480」はTシリーズの14型モデルの最新型。ボディーサイズは336.6(幅)×232.5(高さ)×19.95(奥行き)mmで、重量は1.58kg(最軽量構成)となる。

 メモリは最大32GB(DDR4)、ストレージは最大で1TBのSSD(PCI Express接続)またはHDD(Serial ATA接続)を搭載できる。外部GPUとして「GeForce MX150」(メモリ2GB)を搭載する構成も選択できる。

 ディスプレイ解像度はHD(1366×768ピクセル)、フルHD(1920×1080ピクセル)、WQHD(2560×1440ピクセル)から選択できる。フルHD液晶では、タッチセンサーを内蔵するパネルも選択できる。モバイル通信(LTE)モジュールを搭載する構成も可能だ。

 端子類はThunderbolt 3、USB Type-C、USB 3.0×2、イヤフォンマイク、SDメモリーカードリーダー/ライター、HDMI、Ethernetを備えている。

 バッテリー駆動時間は最大14.5時間(バッテリーを2つ搭載した場合のMobileMark 2014での計測値)となっている。電源はUSB Power Delivery(USB PD)で供給するようになっており、従来のThinkPadで使われている角形電源端子を持つアダプター類には対応しない。

ThinkPad T480(その1)
ThinkPad T480(その2) ThinkPad T480

ThinkPad T480s

 「ThinkPad T480s」はTシリーズの14型スリムモデルの最新型。ボディーサイズは331(幅)×226.8(高さ)×18.45(厚さ)mmで、重量は1.32kg。ボディーカラーはブラックとシルバーを用意する。

 メモリは最大24GB(DDR4)、ストレージは最大で1TBのSSD(PCI Express接続)を搭載できる。外部GPUとして「GeForce MX150」(メモリ2GB)を搭載する構成も選択できる。

 ディスプレイ解像度はフルHDかWQHDから選択できる。フルHD液晶では、タッチセンサーを内蔵するパネルも選択できる。モバイル通信(LTE)モジュールを搭載する構成も可能だ。

 端子類はThunderbolt 3、USB Type-C、USB 3.0×2、イヤフォンマイク、SDメモリーカードリーダー/ライター、HDMI、Ethernetを備えている。

 バッテリー駆動時間は最大13.5時間(MobileMark 2014での計測値)となっている。電源はUSB PDで供給するようになっており、従来のThinkPadで使われている角形電源端子を持つアダプター類には対応しない。

ThinkPad T480s(その1)
ThinkPad T480s(その2) ThinkPad T480s

ThinkPad T580

 「ThinkPad T580」は、Tシリーズの15型モデルの最新型。ボディーサイズは365.8(幅)×252.8(高さ)×19.95〜20.2(厚さ)mmで、キーボードにはテンキーも付いている。重量は1.97kgだ。

 メモリは最大32GB(DDR4)、ストレージは最大で1TBのSSD(PCI Express接続)または2TBのHDD(Serial ATA接続)を搭載できる。外部GPUとして「GeForce MX150」(メモリ2GB)を搭載する構成も選択できる。

 ディスプレイ解像度はフルHDか4K(3840×2160ピクセル)から選択できる。フルHD液晶では、タッチセンサーを内蔵するパネルも選択できる。モバイル通信(LTE)モジュールを搭載する構成も可能だ。

 端子類はThunderbolt 3、USB Type-C、USB 3.0×2、イヤフォンマイク、SDメモリーカードリーダー/ライター、HDMI、Ethernetを備えている。

  バッテリー駆動時間は最大27時間(32Whバッテリーと72Whバッテリーを同時に搭載した場合のMobileMark 2014での計測値)となっている。電源はUSB Power Delivery(USB PD)で供給するようになっており、従来のThinkPadで使われている角形電源端子を持つアダプター類には対応しない。

ThinkPad T580(その1)
ThinkPad T580(その2) ThinkPad T580

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう