PC USER Pro
ニュース
» 2018年05月29日 12時17分 公開

富士通、第8世代Coreを採用した法人向けスリムPC「ESPRIMO D」新モデルを投入

富士通は、法人向けデスクトップPC「ESPRIMO」シリーズのラインアップを強化、第8世代Coreプロセッサ対応の新モデル3製品を発表した。

[ITmedia]

 富士通は5月29日、法人向けデスクトップPC「ESPRIMO」シリーズのラインアップを強化、第8世代Coreプロセッサ対応の新モデル3製品を発表した。

photo ESPRIMO Dシリーズ

 ラインアップは、インテルvProテクノロジーに対応する上位モデルの「ESPRIMO D958/T」、24時間駆動や電磁妨害ノイズへの耐性基準にも適合する多機能モデルの「ESPRIMO D588/T」、エントリーモデルの「ESPRIMO D558/T」の3モデルを用意。いずれも第8世代Coreプロセッサの搭載に対応した他、標準搭載メモリが従来の2GBから4GBに強化されている。またカスタムメイドオプションに、USBポートを物理的にふさぐ「USBガード追加」オプションが選択可能となっている。

 いずれも2018年7月上旬に提供を開始。価格はESPRIMO D958/Tが20万1800円から、同 D588/Tが16万2300円から、同 D558/Tが15万6600円から(税別、以下同様)。


photo DISPLAY B34-9U LED

 また富士通は、アスペクト比21:9の3440×1440ピクセル表示に対応した34.1型ウルトラワイド液晶ディスプレイ「DISPLAY B34-9U LED」を7月上旬に発売する。湾曲型デザイン筐体を採用するモデルで、DisplayPort接続時には約10億7400万色の高階調表示が可能となっている。価格は27万円から。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう