ニュース
» 2018年07月18日 16時36分 公開

「Internet Explorerの今後について」日本MS、ブログ公開 「世のコンテンツ、すでにIE非対応の最新技術で実現」

IEのサポート提供期限について明言は避けたが、「世の流れとして最新のWeb標準技術を取り入れる方向になっていることをあらためて認識してほしい」とし、IEから「Microsoft Edge」への移行を促した。

[井上輝一,ITmedia]

 日本マイクロソフトのInternet Explorerサポートチームは7月18日、「Internet Explorerの今後について」と題した記事を公式ブログに公開した。(Internet Explorerは以後IEと略す。)

 IEのサポート提供期限について明言は避けたが、「世の流れとして最新のWeb標準技術を取り入れる方向になっていることをあらためて認識してほしい」とし、IEから「Microsoft Edge」への移行を促した。

Windows 10で現在利用できる「Internet Explorer 11」

ブラウザの流れ、世の流れ

 ブログでは、最新バージョンのみのIEをサポートするようポリシーを変更してから2年半がたち、Windows 10用の既定ブラウザとしてMicrosoft Edgeを提供し始めてから3年がたとうとしている、と時間の経過を説明。

Windows 10用の既定ブラウザ「Microsoft Edge」

 また、特定のサイトやアプリがEdgeで見られないなど互換性の問題が発生する場合への対処として、エンタープライズモードを使用してIE11へリダイレクトする機能も提供してきたという。

 「基本はEdge、後方互換性が必要な業務にはIE」という考え方は「基本的に現在も変わっていない」としつつも、「古いブラウザであるIE固有の機能に依存している状態であれば、そうした依存性をなくし、最新ブラウザであるEdgeで閲覧することを検討いただくのがサポートチームの使命だ」と、IEでしか動かないアプリケーションの見直しを図ってほしい考えを見せた。

 世の中の流れが「Webブラウザという観点では相互運用性を保ちつつも、最新のWeb標準の技術を取り入れる方向性」となっていることを認識した上で、「Legacy WebからModern Webへの移行を十分に余裕をもった計画で検討を進める必要があることをあらためて認識してほしい」と呼び掛けた。

公式ブログの一部抜粋

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう