ニュース
» 2018年09月03日 11時00分 公開

「WiMAX」が2020年3月にサービス終了 周波数はWiMAX 2+へ順次移行

UQコミュニケーションズが、2020年3月31日に「WiMAX」のサービスを終了する。これ以降、WiMAXの通信は利用できなくなる。UQはWiMAX 2+対応端末にお得に変更できるキャンペーンを実施する。

[田中聡,ITmedia]

 UQコミュニケーションズが、2020年3月31日に初代「WiMAX」のサービスを終了する。終了に先立ち、2018年9月30日にWiMAXサービスの新規申し込み受け付けを終了する。

 WiMAXは2020年3月31日で停波となるため、2020年4月以降は、WiMAXに対応した機器やWiMAX 2+端末に搭載しているWiMAXサービスは利用できなくなる。WiMAXのみ対応している端末は、データ通信そのものが利用できなくなる。WiMAX対応端末は、データ端末、ホームルーター、PC、スマートフォンなどがある。サービス終了時点でWiMAXに加入している場合、契約解除料は発生しない。

 現在、WiMAXは2.5GHz帯の10MHz幅を利用しているが、ここを順次「WiMAX 2+」向けに切り替え、周波数の有効活用を目指す。WiMAX 2+に10MHz幅が加わると、合計50MHz幅を活用できるようになる。詳細なスケジュールは未定だが、基地局をリプレースする関係で、いっぺんに移行とはならないようだ。

WiMAX WiMAX用の10MHz幅を、順次WiMAX 2+へ移行する

 WiMAX端末を利用している人には、WiMAX 2+へお得に移行できるキャンペーンを2018年10月1日から2020年3月10日まで実施する。月間のデータ容量に制限がない「UQ Flatツープラス ギガ放題」の月額料金を4380円(税別、以下同)から3696円に割り引く。割引期間は「2年プラン」は2年、「3年プラン」は3年。WiMAX契約解除料、登録料、端末の交換代金は無料とする。3年プランと4年プランの契約者には、(auのLTE通信を利用できる)「LTEオプション」を無料で提供する。

WiMAX 従来のキャンペーンを改定する形でWiMAXユーザーがお得に機種変更できるようにする

 無料で交換できるWiMAX 2+端末は、モバイルWi-Fiルータールーター「Speed Wi-Fi NEXT W05」「Speed Wi-Fi NEXT WX04」と、据え置き型のルーター「Speed Wi-Fi HOME L01s」の3機種。

WiMAXWiMAX 「Speed Wi-Fi NEXT W05」(Huawei製)(写真=左)と「Speed Wi-Fi NEXT WX04」(NECプラットフォームズ製)(写真=右)
WiMAX 「Speed Wi-Fi HOME L01s」(Huawei製)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia PC USER に「いいね!」しよう