ニュース
» 2009年09月15日 19時49分 UPDATE

産学協同でAndroid向けソフト開発を促進――OESFが支援プログラムを開始

Androidの組み込みシステムへの普及を促進するOESFが、大学や専門学校を対象とする開発支援プログラムを開始した。

[ITmedia]

 Open Embedded Software Foundation(以下OESF)は9月14日、大学、専門学校などを対象とする開発支援/協力プログラム「Academic Collaboration Program」を開始すると発表した。

 Academic Collaboration Programは、Androidの研究/開発を目的とする教育機関の活動を、OESF会員企業と協力して支援するもの。大学などの研究室が持つアイデアやテーマを全世界のOESF会員とともに具現化し、新たな技術やその市場を提供するとともに、若いソフトウェアエンジニアの育成を目指す。

 同プログラムは日本、台湾、韓国、中国で同時にスタートする。成果は広く世界に公開し、特に東アジア経済圏の組み込みソフトウェア技術の発展に寄与するとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.