ニュース
» 2010年04月01日 16時42分 UPDATE

道案内を広告に――KDDIの小規模店舗向け広告サービス「ナビゲーションアド one」

KDDIがナビタイムジャパンと提携し、地図サービス向けの成果課金型広告商品「ナビゲーションアド one」を発売。スポット情報やクーポンを「EZナビウォーク」「EZ助手席ナビ」「NAVITIME」に掲載し、道案内とセットでユーザーに店舗を訴求できる。

[山田祐介,ITmedia]
photo 広告のスポットへのルート案内を全ユーザーが利用できるようになる

 KDDIは4月1日、ナビタイムジャパンとの提携により、地図サービス上で店情報をルート案内とセットでユーザーに訴求できる広告サービス「ナビゲーションアド one」を発売した。小規模店舗の事業者をターゲットに、1回のルート検索につき100円が課金される成果課金モデル「ルート検索課金」を採用した。

 ナビゲーションアド oneでは、ナビゲーションサービスを展開する「NAVITIME」「PC-NAVITIME」「EZナビウォーク」「EZ助手席ナビ」「PC版 EZナビウォーク・EZ助手席ナビ」に対して、スポット情報やクーポンの情報を1店舗単位から出稿できる。同広告サービスによって掲載されたスポット情報は、有料会員以外のユーザーでもルート案内が無料で利用できるようになる。また、フリーワード・カテゴリ検索結果での上位表示や、クリックを促すキャッチコピーの追加も可能になる。


photo

 広告の出稿にあたっては、ルート検索1回につき100円のルート検索課金に加え、最低月額1000円からの管理画面利用料が発生する。管理画面では、掲載内容の登録や、広告掲載料金の設定、アクセスリポートの閲覧などがオンライン上で利用できる。さらに、「掲載スポットまでの道案内はどの地点から多く行われているか」などを報告する位置情報サービスならではのリポート機能もある。

 なお、同社は「お試しキャンペーン」として5月31日まで同広告サービスを無料で提供する。また、キャンペーン終了後も複数月に渡って広告を掲載する広告主には、初月の広告掲載費用を無料にするとしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.