ニュース
» 2010年12月16日 16時46分 UPDATE

着物の女将が津軽塗りのiPadで観光案内――青森県の懐石料理店

青森県の懐石料理店「翠明荘」が、iPadを活用した観光案内を開始。iPadには、特注で作成した津軽塗りの真っ赤なケースを装着している。

[ITmedia]
Photo 津軽塗りケースを装着したiPad

 マルエス自工が経営する青森県弘前市の懐石料理店「翠明荘」は12月1日、東北新幹線全線開業に合わせ、iPadを利用した観光案内を開始した。

 翠明荘の料理店で使っている食材や部屋の様子に加え、「ねぷたまつり」「さくらまつり」などの弘前を代表する祭りを写真と動画で紹介。その他の観光地や重要文化財についても写真で紹介する。Googleマップを利用して、店舗周辺の観光名所までの道順や距離、おおよその移動時間なども案内する。

 使用するiPadは、特注で作成した地元津軽塗りの真っ赤なケースを装着したもの。和服の女将が持っていると「お盆」にしか見えず、開くとiPadという驚きが人気を博しているという。

 今後は、来店客の問い合わせに対応する新たな情報を追加し、コンテンツを拡充する予定としている。

sa_ipad02.jpgPhoto 津軽塗りの真っ赤なケースを装着したiPadはお盆のように見える

sa_ipad03.jpgPhoto 店の料理や観光情報をiPadで紹介

関連キーワード

iPad | 観光 | Google Maps


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.