ニュース
» 2011年08月23日 21時00分 UPDATE

独自のセキュリティ機能を装備――NECの「LifeTouch」に企業向けモデル

Androidを搭載したNECの「LifeTouch」シリーズに、セキュリティ機能を強化した企業向けモデルが登場。紛失対策機能や不正利用防止機能、ウイルス対策機能を備え、社内システムにセキュアにアクセスするための機能も備える。

[エースラッシュ,ITmedia]

 NECは8月23日、Android 2.2を搭載したクラウドコミュニケーター「LifeTouchシリーズ」に、セキュリティ機能を強化した企業向けモデルを追加した。8月26日から出荷を開始する。

 新モデルは、キーボードを備えた「LifeTouch NOTEビジネス向けモデル」とタブレット型の「LifeTouchセキュリティパックモデル」の2機種。いずれも独自のセキュリティ機能を備えており、端末紛失時のデータ漏えいや不正利用を防げるほか、社内ネットワークへのセキュアなアクセスや効率的な運用を可能にする。ボディカラーはピアノブラック/バーミリオンレッド/チョコレートブラウンの3種から選べる。

 端末の紛失対策用に、パスワードポリシー設定やローカルワイプ機能、不正利用防止対策用にアプリのインストール制御機能、操作ログ管理機能、利用可能デバイスの制限機能などを用意。無線LANや社外からのインターネット経由で社内ネットワークに接続する際の安全性を保つため、IPアドレスフィルタに対応するとともに、プロキシ設定機能などを搭載した。

 管理面では、管理者がMicrosoft Exchange ActiveSyncを利用して、遠隔操作で内蔵データを消去したり、パスワードポリシーの設定などを管理することが可能。ウイルス対策用にはNEC専用の「McAfee Mobile Security」を提供し、端末をウイルスの脅威から保護するとともに、利用者自身が紛失時にリモートロックやワイプを実行できるようにした。

Photo キーボード付きの「LifeTouch NOTE ビジネス向けモデル」

 LifeTouch NOTE ビジネス向けモデルは、800×480ピクセルの7インチワイドタッチパネル液晶、16.8ミリピッチの日本語キーボード、日本語入力ソフト「ATOK」を搭載した端末。主なスペックは、NVIDIA Tegra 250 モバイルプロセッサ、512Mバイトのシステムメモリ、8Gバイトの内蔵メモリ(仮想SDメモリカード領域として6Gバイト使用)、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN、Bluetooth Ver.2.1+EDR 準拠など。ラインアップはWi-Fiモデルと3Gモデルの2種類を用意する。

Photo タブレット型端末の「LifeTouch セキュリティパックモデル」

 LifeTouch セキュリティパックモデルは、約370グラムの軽量ボディに、800×480ピクセル表示の7型ワイドタッチパネル液晶を搭載したモデル。主なスペックは、ARM Cortex A8、Mobile DDR 384Mバイト/ROM 1024Mバイト(システム領域含む)のメインメモリ、IEEE802.11b/g準拠の無線LAN、Bluetooth Ver.2.1+EDR準拠など。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.