ニュース
» 2011年08月30日 14時45分 公開

著作権コンテンツの流出を防ぐスマホ向けブラウザアプリ「SSGS」

スクリーンキャプチャやコピー&ペーストを禁止することで、著作権コンテンツの流出を阻止するスマホ向けブラウザアプリ「SSGS」が登場。Android版が先行リリースされる。

[エースラッシュ,ITmedia]

 宝島ワンダーネットとコネクトワンは9月1日から、スクリーンキャプチャ防止機能を備えるスマートフォン向けブラウザアプリ「SSGS」の提供を開始する。

 SSGSは著作権や肖像権が発生するコンテンツを保護するため、スクリーンキャプチャやクリップボードへの保存、キャッシュの保存を無効化。これにより、コンテンツを画像化してのメール送信や、ドキュメントへのコピー&ペーストなどを阻止できる。USB接続も検知されるため、PCへの接続による操作も防ぐことが可能。企業は自社コンテンツを配信する際の専用ブラウザとしてSSGSを指定することで、コンテンツの流出を防げる。

Photo キャプチャした画像はグレーになる

 SSGSはiOS版とAndroid版をラインアップしており、Android版を先行してリリース。iOS版は今秋のリリースを予定している。

 利用料金は管理費用が月額5万円からで、トランザクション手数料が1件あたり10円。初期導入費用とカスタマイズ費用などは別途必要となる。

 SSGSの技術はコネクトワンが開発したもので、宝島ワンダーネットはサーバ運用/保守および営業を独占的に行う。初年度は、クライアント50社の獲得と売上1億円を目指すとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう