ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「肖像権」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「肖像権」に関する情報が集まったページです。

高岡蒼佑、真木よう子の“暴走報道”を批判「週刊誌の方がよっぽどセクハラ」 “元仲間”の発信に本人感謝「人として好き」
真木さん「高岡くんは同じ事務所の頃から人として好きでした、ありがとう」(2024/2/20)

AIで「渋谷スクランブル交差点」を生成 → 意外といい線を行く結果に!? ビルが建ち並ぶ賑やかな街……
大勢の人々が行き交っています。(2024/2/14)

今日のリサーチ:
「しみ・しわ」「ダイエット」他 違反表現を含む広告商材の内訳――REGAL CORE調査
法令違反になり得る広告商材について、Webメディアでの配信状況はどうなっているのでしょうか。(2024/2/14)

米セレブ300人が“AIフェイク規制”法案を支持 1月にはテイラー・スウィフトの偽ポルノで騒然「ディープフェイクから人権を守る」
カーディ・Bやスティーヴン・タイラーも。(2024/2/7)

迎賓館赤坂離宮、試験的に“館内撮影”を一部解禁すると発表 1月6日から16日までの期間限定
対象は「羽衣の間」のみ。(2023/12/29)

SMILE-UP.、所属タレントの「個人情報」「盗撮写真」売買目的のSNS投稿をやめるよう呼びかけ 「法的措置も視野に」
状況に応じて警察機関に相談することもあるとしています。(2023/11/26)

「肖像権を侵害」「一律の規制は」 鉄道各社、私人逮捕系YouTuberへの対応に苦慮
盗撮や痴漢といった犯罪が疑われる一般人を追跡したり、拘束したりする様子をSNSなどを通じて発信する「私人逮捕」系と呼ばれる動画などを巡り、鉄道各社が対応に苦慮している。(2023/11/24)

「SNSでタレントの個人情報の売買止めて」──旧ジャニーズ事務所が注意喚起 法的措置も視野に
SMILE-UP.(旧ジャニーズ事務所)は、所属タレントの個人情報をSNS上で売買する行為について注意喚起を行った。タレントの個人情報や盗撮写真の売買を目的とするSNSの投稿を確認しているという。(2023/11/24)

Innovative Tech:
「本人の声とそっくりな合成音声」の悪用に対して法的権利はあるか? NTT社会情報研究所が調査
NTT社会情報研究所と慶應義塾大学の研究者らは、音声合成技術によって生成された、本人の声と酷似した合成音声が利用される場面において主張しうる権利について、著作権、パブリシティ権、個人情報の観点からの解釈を探求した研究報告を発表した。(2023/11/22)

人間の技術:
「バナー広告職人」はAIに駆逐されるのか オタ恋、チョコザップから見えるヒント
コストパフォーマンスに優れる生成AIは、人間がやっていた広告クリエイティブの仕事にどこまで入り込むのだろうか。リスクも見逃してはならない。(2023/10/31)

小寺信良の「プロフェッショナル×DX」:
生成AIの「フェイク画像」も見分けられる? 「コンテンツクレデンシャル」を実際に試して見えた“死角”
生成AIの登場で、画像・写真の世界は大きな転換期を迎えた。その一方で、真実に見せかけた画像や写真、すなわちフェイク画像による社会的混乱が問題視されるようになった。1500社以上が加盟する「CAI」は、データの由来を保証するための立ち上げられた組織だが、実際にどのように動くのか、機能が実装された「Photoshop」で試してみた。(2023/10/25)

有料版ChatGPT、DALL・E 3での描画が可能に
OpenAIは、文章から画像を生成するAI「DALL・E Plus」を「ChatGPT Plus」と「ChatGPT Enterprise」で利用できるようにしたと発表した。先行するMicrosoftのBingチャット同様、コンテンツポリシーに違反するようなプロンプトには応じない。(2023/10/20)

生成AIスタートアップの挑戦:
生成AIの”真のポテンシャル”とは 新興Spiral.AIが目指す「業務改善」以外の使い方
新連載「生成AIスタートアップの挑戦」第2回は、大規模言語モデル(LLM)開発に取り組むSpiral.AIを紹介する。(2023/9/22)

アニメ業界団体がAIへの意識調査を実施 7割以上が「規制に賛成」 一方で新しい技術に期待する声も
効率化への期待も多い一方、学習元データの権利関係を危ぶむ声も多いようです。(2023/9/13)

本田雅一の時事想々:
「Facebookを責任追及します」と前澤友作氏が激怒……”権利侵害広告”が蔓延るワケ
ここ数カ月、Facebookでは著名人、特にネットで話題になりやすい人物の写真を用いた広告が頻繁に表示されていた。なぜ、権利侵害広告が蔓延っているのか。根っこには、あらゆるデジタル広告が抱える共通の問題がある。(2023/9/8)

仕事の在り方が変わる:
ChatGPTを会社経営にいかにして導入するか? 入山章栄教授が語る「知の探索」理論
早稲田大学ビジネススクール経営学博士・入山章栄教授が、生成系AIと人間それぞれが得意な仕事の分野、会社のリソースの振り分けを提言した。企業が生成AIを活用するためのヒントをお届けする。(2023/9/4)

『月刊ホビージャパン』、「撮影した誌面のネット投稿」を控えるよう注意喚起 著作権・肖像権侵害として法的措置の可能性も
表紙と裏表紙、公式が公開したもののリポストや引用はOKとしています。(2023/8/29)

ホビージャパン「誌面の撮影投稿は権利侵害」と注意喚起 法的措置の可能性も
ホビージャパンが、電子版を含む同社雑誌の誌面を撮影してSNSなどで公開する行為が目立つとして注意喚起した。同様の行為は著作権・肖像権を侵害するとしている。(2023/8/29)

弁護士が解説! VTuberの法律:
VTuberの著作権は誰のもの? “中の人”と“ママ”が知っておきたい、アバターの権利関係
VTuberの勢いが止まらない。さまざまな企業や個人が注目しているが、悪意を持った第三者がVTuberのアバターを勝手にグッズ化して販売した場合、“誰がどのような対応をすべき”だろうか? シティライツ法律事務所の前野孝太朗弁護士が解説する。(2023/8/28)

AIを使う=盗作? 「AIに感じる気持ち悪さ」と「AI時代の作品の説得力」をプロカメラマンが整理する
生成AIに対する賛否が渦巻く中、クリエイターとして作品を発信する上でAIと人といかに向き合うべきか。自身も仕事や趣味にAIを活用しているプロカメラマンが整理する。(2023/8/15)

PR:「生成AI」の“真価”を引き出すには? プロンプト公開!――活用方法と注意点を編集部が解説
(2023/7/24)

ハリウッド俳優組合「私たち抜きでは存在できない」と脚本家に続きストライキ トム・クルーズらの来日中止濃厚で日本のファンへ「お詫び」
マット・デイモンやエミリー・ブラントもプレミアを欠席。(2023/7/14)

“AIグラビア”でよくない? 生成AI時代に現実はどこまで必要か
集英社のAIグラビアは1週間でお蔵入りになったが、AmazonやYoutubeには大量の「AI生成グラビア」コンテンツが登録され、存在感を示し始めている。こうした非実在のデジタル人物はビジネスや世の中をどう変えるのか。アニメ「AIの遺電子」の原作者である山田胡瓜さんと、亡き妻の面影をAIを駆使して再現する取り組みで「第1回 AIアートグランプリ」の最優秀賞を受賞した「松尾P」こと松尾公也さんが語り合った。(2023/7/8)

コスプレイヤー・えなこさん、自身そっくりの“AIグラビア画像”にコメント 「AIに食われ過ぎて……」
コスプレイヤーのえなこさんが、自身に似た“AIグラビア”画像について、公式Twitterアカウントでコメント。「AIに食われすぎてもう骨くらいしか残ってない」という。(2023/6/22)

「声の肖像権の設立」「人間の代替としてのAI表現の禁止」 日俳連が生成AIに5つの提言
「『声の肖像権』の設立を目指す」など全5項目を発表しました。(2023/6/15)

日本俳優連合が“生成AI”に提言 「新たな法律の制定を強く望む」 声の肖像権確立など求める
日本俳優連合が「生成系AI技術の活用に関する提言」を発表した。著作権法の運用見直しやルール作り、「声の肖像権」の確立などを業界や国に求める。(2023/6/14)

女性声優の“存在しない”水着画像をAIで作成、販売……法的に問題ないの? 弁護士に聞いた
実在する人物に似た画像をAIで生成し、それを販売する事例が現れた。顔は女性声優や女優などを模しているようで、水着などを着せている。著名人を模したAI画像やそれを作成できるAIモデルの売買について、法的に問題はないのだろうか。弁護士に聞いた。(2023/6/12)

小寺信良のIT大作戦:
「AIグラビア」で“非実在”の概念が塗り替わる? 論点を整理する
集英社の「週刊プレイボーイ」が、編集部で生成したAIの女性像によるグラビア写真集を発売した(現在は販売中止)。これを巡ってネットではさまざまな意見が出てきているが、架空の女性像によるグラビアの先には、何が起こりうるのだろうか。(2023/6/12)

博報堂の雑誌『広告』ジャニーズのハラスメントやメディアコントロールへの言及削除 編集部「広報室長の判断で削除されたのは事実」
『広告』編集部が削除は事実であると認めました。(2023/4/4)

メタバースニュース:
NTT Com、デジタルヒューマンやメタバース活用で共創の在り方を次のステージへ
NTTコミュニケーションズは、事業共創プログラム「OPEN HUB for Smart World」において、デジタルヒューマンやメタバースを活用する新たな取り組みを開始した。(2023/3/10)

アナリストの“眼”で世界をのぞく:
企業が「お金を払ってでも情報を取りたい」IT調査テーマ3選
目まぐるしくトレンドが移り変わるIT業界では、目新しいテーマだけがビジネスの中心となるわけではない。矢野経済研究所のアナリストが、実際に多くの企業が購入した調査レポートの中から、ビジネスで関心が高まっているテーマを明らかにする。(2023/1/27)

清水亮の「世界を変えるAI」:
AIは日本のテレビから何を学ぶか?
前回、身の回りにある「日本的な風景」を学習させてみた。その結果、郵便局がより日本的なものになったり、自動販売機や駐車場がよりそれっぽいものになることが確認できた。今回はそれを一歩進めて、AIに日本のテレビ番組を学習させてみることにする。(2023/1/23)

SDGsの取り組みを後押し:
田村淳、前田敦子らがアンバサダー 中小企業を救うプロジェクトの課題
中小企業を助けようという「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」。プロジェクトの参加企業に対し、アンバサダーに就任したタレントの肖像をプロモーションに使用できる肖像権使用形態のビジネスモデルを構築した。山下圭介社長に、現在の課題と今後の戦略を聞く。(2023/1/6)

その契約、大丈夫? 弁護士が解説:
「芸名禁止」はNGで「恋愛禁止」はOK? 愛内里菜さん裁判から考える、契約条項に潜むリスク
歌手の愛内里菜さんと専属契約を結んでいた事務所が「芸名使用」を巡って起こしていた裁判が話題になった。芸名以外にも「恋愛禁止」などの条項を盛り込んだ契約は、時折議論を呼ぶ。果たして、契約はどこまで許されるのか。弁護士が解説する。(2022/12/14)

Marketing Dive:
日産のメタバースキャンペーン 米大学アメフトのスター選手が仮想空間に降臨
Nissanは長年続く「Heisman House」キャンペーンに初めて現役学生アスリートを起用することとメタバースを取り入れることを発表した。(2022/11/14)

広がりを見せる企業のNFT活用 プロバスケチームのファンコミュニティ事例
さまざまな業界がNFT(Non-Fungible Token)などの活用を模索する中、あるバスケットチームが2022年10月5日より新たなNFTサービスを展開する。「NFT活用の背景」や「サービス開始までの苦難」「今後への期待」を聞いた。(2022/9/26)

【なんて読む?】今日の難読漢字「託ける」
「託す」だったら「たくす」。(2022/9/23)

【なんて読む?】今日の難読漢字「熱り立つ」
「ねつ」ではない読み方。(2022/9/21)

【なんて読む?】今日の難読漢字「滾る」
ヒント:○○る(2022/9/20)

実写アドベンチャーゲームの新たな傑作、スクエニ「春ゆきてレトロチカ」が良すぎたのでこの余韻を全力でおすそ分けしたい
後半では本作のキーパーソン2人へのインタビューも行いました。(2022/9/19)

【なんて読む?】今日の難読漢字「戦ぐ」
ヒント:○○ぐ(2022/9/19)

【なんて読む?】今日の難読漢字「挙る」(“あげる”ではない)
ヒント:〇〇る(2022/9/16)

【なんて読む?】今日の難読漢字「孑孑」
ちなみに、地名の「伊孑志」は読める?(2022/9/15)

【なんて読む?】今日の難読漢字「肖る」(○○○る)
「肖」の訓読み。(2022/9/14)

【なんて読む?】今日の難読漢字「巫山戯る」
ヒント:○○○る(2022/9/22)

【なんて読む?】今日の難読漢字「嗾ける」
というか、この漢字見たことある?(2022/9/18)

【なんて読む?】今日の難読漢字「悉く」(○○○○く)
ヒント:「尽く」も同じ読み方ができる(2022/9/17)

ジョージア駐日大使、自身のなりすましアカウントに激怒 「政府に対する挑戦」として大使館にも報告、断固対応へ
在日ジョージア大使館は「悪質ななりすましにご注意」と呼びかけ。(2022/8/30)

小寺信良のIT大作戦:
放送はIP・クラウドに乗せられるか 総務省の思惑と放送局の正念場
IP網を使ってテレビの放送網のハードウェアコスト負担を共有化しようという動きがある。今回はこれについて解説。(2022/8/13)

「小中学生による無断転載の温床に」 小説投稿サービス「テラーノベル」が炎上 運営は謝罪し対処へ
小中学生による無断転載が横行しているとして、Twitterで小説投稿サービス「テラーノベル」に対する批判が集まっている。話題のツイートは7月19日時点で8.4万リツイートを突破。事態を受け、運営元のテラーノベルは対応を検討する声明を出している。(2022/7/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。