ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「肖像権」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「肖像権」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「皆様のご不満を招く原因だった」栗山千明、“百万石まつり”の撮影禁止騒動を謝罪 観客は「感謝しかありません」
今年からの撮影禁止措置に観客が困惑、不満が噴出していました。(2022/6/13)

韓国アイドル「NCT 127」、一部ファンの迷惑行為を“非常識”と非難 出待ちでの物品破損&無許可撮影などの発生に「非常に残念」
出待ちは前提として禁止。(2022/6/1)

「アバターの肖像権」はどうする? メタバースなどで整理すべき課題をまとめたガイドライン公開
KDDIが代表幹事を務め、東急、みずほリサーチ&テクノロジーズ、渋谷未来デザインなどが参画するバーチャルシティコンソーシアムが、“都市連動型メタバース”における課題や論点をまとめた「バーチャルシティガイドライン ver.1」を公開した。(2022/4/27)

仮面ライダーのイラスト投稿企画で無断投稿か 制作者「応募していない」 テレビ朝日「対応策を検討中」
特撮番組「仮面ライダーリバイス」内のイラスト投稿企画で、自身の作品が無断投稿された──あるユーザーの投稿がTwitter上で話題になっている。(2022/4/26)

SDGsは慈善ではない:
郷ひろみ、永作博美らが参加 悲鳴上げる中小企業を救うプロジェクトとは?
中小企業を助けようというのが「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」だ。アンバサダーとして郷ひろみ氏、永作博美氏、市原隼人氏、滝川クリステル氏を迎え、コロナ禍で苦しむ中小企業をサポートする。アンバサダーたちに今回のプロジェクトへの思いを聞いた。(2022/3/12)

中小企業の救世主となるか:
タレントの肖像権ビジネスに商機 中卒だった元自衛隊員が、起業するまでの軌跡
「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」は、参加企業に対してアンバサダーに就任したタレントの肖像をプロモーションに使用できる肖像権使用形態のビジネスを立ち上げた。アンバサダーには郷ひろみ、永作博美、市原隼人、滝川クリステルと豪華な面々が名を連ねている。中小企業のチカラの山下佳介社長に今後の勝算を聞いた。(2022/3/5)

小寺信良のIT大作戦:
トレースはもはや「つみ」状態なのか  引用とオマージュと再構築の果てに浮かび上がった問題とは?
うんざりするほど「トレパク」という言葉を目にするようになった。この喪代の本質を探ってみると浮かび上がってくるものがある。(2022/2/14)

顔写真1枚でリアルなアバター生成 声や表情、人格も再現へ 凸版「メタクローン」
顔写真1枚からリアルな3Dアバターを自動生成できるサービス「メタクローン・アバター」が凸版から。アバターに本人の肉声や表情、人格を再現するサービスを追加するといった計画も。(2021/11/30)

「都市連動型メタバース」で解決すべき法的課題とは? KDDIらがバーチャルシティ向けコンソーシアム設立
KDDIら4社が“都市連動型メタバース”のガイドライン策定を目指す団体「バーチャルシティコンソーシアム」を発足した。メタバースの利活用を後押しするための取り組みで、法的側面からも課題を整理していくという。(2021/11/10)

梅宮アンナ、父・辰夫さんの“黒塗り看板”が1日で白塗りに 今後の対応は「弁護士を入れて双方話し合い」
「着地するのかは、わかりませんが。。」とアンナさん(2021/10/19)

リアルなニューヨークをバーチャル空間に再現 衛星データからAIが自動生成 無償配布も
宇宙ベンチャーのスペースデータは、衛星データと3DCGを使って現実世界をバーチャル空間として自動生成するAIを開発。アメリカ合衆国のニューヨーク市マンハッタン地区をバーチャル空間として再現した。(2021/10/14)

“シネマティックは当たり前”の時代に? もう元には戻れないiPhone 13動画体験
iPhone 13ファミリーで投入された「シネマティックモード」を中心に動画撮影機能を掘り下げてみた。(2021/9/30)

拡大どころか:
意外にも、2020年度のEC取引はマイナスか
コロナ禍で、「ECが大幅拡大」「巣ごもり需要が活性化」「ECで物流が疲弊」など、世はEC一色のような騒がれ方をしたものだが、ふたをあけてみると、拡大どころかマイナスとなっていた。(2021/8/23)

著名人の3DCGモデルを作成→キャスティングするサービス サイバーエージェントが芸能事務所向けに開始
サイバーエージェントが、著名人の3DCGモデルを作成し、本人の代わりとしてバーチャル空間上のイベントなどにキャスティングするサービスを始めた。著名人や芸能事務所の利用を見込み、2023年までに3DCGモデル500体の制作を目指す。(2021/8/2)

CVRが600%UPの企業も:
中小企業150社のプロモーションを、田村淳、前田敦子、ウエンツ瑛士が支援! プロジェクトの全貌は?
タレントの田村淳さん(ロンドンブーツ1号2号)、前田敦子さん、ウエンツ瑛士さんが協力する「中小企業からニッポンを元気にプロジェクト」の第2期が始まった。中小企業のプロモーションを支援するその活動の全貌とは?(2021/7/24)

「死後にデジタルで再現していい?」約6割が反対 理由は「意思確認できない」「死後も働きたくない」
自分の死後、行動履歴やSNSの投稿からデジタル上に再現することに約63%が反対。理由は「本人の意志確認ができない」「倫理的にタブーと感じる」「死後も働きたくない」など。(2021/7/5)

衛星データから街の3Dモデルを自動生成 AIで建物の材質も再現 ゲーム・映像制作に活用
スペースデータ(東京都新宿区)は5月31日、人工衛星で取得した画像データを基に、街並みを3DCGで再現するAIを発表した。鉄やガラスなど材質ごとの質感も再現でき、ゲームや映像制作に活用できるという。(2021/5/31)

人海戦術のファイルサーバ管理は限界
オムニチャネル戦略の土台を支える「デジタル資産管理」はなぜ必要か
オムニチャネル戦略の裏側では、販促コンテンツの管理の手間が課題となっている。「ECサイトの製品画像」や「ブランドストーリーの動画広告」など、多種多様なデジタル資産の効率的な管理方法について考察してみる。(2021/5/21)

自作3Dモデルをフィギュア化 ピクシブが「VRoid Studio」連携の3Dプリントサービス
ピクシブが、無料ソフト「VRoid Studio」で作ったモデルを、3Dプリンタでフィギュア化するサービスを始めた。ユーザーはモデルのポーズなどを指定したファイルを入稿するだけでフィギュアを作成できる。(2021/2/16)

「これ偽物です」 楽天、「ラクマ」の出品に著作権侵害などを簡単に申告できる専用フォームを開設
楽天のフリマアプリ「ラクマ」に出品された偽造品に対し、権利者が申告するための専用フォームを楽天が開設した。これまでのメール申請から手続きを簡単にすることで、不正な出品の取り締まりを強化したい考え。(2020/10/12)

知られざる「唯一無二の才覚」:
滝沢秀明ジャニーズ事務所副社長 10年前にYouTubeに目を付けていたビジネスセンスと先見性に迫る
新型コロナウイルスでライブや演劇は軒並み中止になる中、ジャニーズ事務所は防護服を医療従事者に寄付したり、チャリティーソングを制作したりすると発表。単に利益を求める営利企業であるわけではなく、社会貢献への意識が強い組織であることをあらためて印象づけた。社会貢献活動のプロデューサーを務めるのが同事務所の滝沢秀明副社長だ。滝沢秀明は実は10年前にYouTubeに目を付けるなど“ビジネス的な先見性”を持つ。“ジャニーズを具体例としたビジネス書”を執筆した筆者が解説する。(2020/5/27)

今こそ求められる法整備:
日本からスポーツが消えた日――コロナ禍で露呈したスポーツビジネスの法的リスクと課題
新型コロナウィルスによって甚大な被害を受けているスポーツ界。国民がプロスポーツを安心して観戦できる場所は、いまの日本には存在しない。唯一無二のプロダクトである試合が開催できない今、スポーツ団体はこの事態にどのように対処していけばいいのだろうか。収入の大きな柱の1つである「広告料収入」にスポットを当て、試合が中止となった場合の広告主とスポーツ団体間の契約の行方を推察する。(2020/5/8)

安倍首相の「うちで踊ろう」動画、”事前確認なし”は問題か?
星野源さんの「うちで踊ろう」動画とコラボした安倍晋三内閣総理大臣の動画が批判を浴びた。首相が投稿したのは星野さんのオリジナル動画を使った動画で、著作権侵害だとの声もある。法的にはレッドカードが出そうな案件だが、今回の投稿に問題はあったのだろうか。(2020/4/23)

死んだあと、自分がデータで「復活」させられてもOK? 生前に意思を表明できるサイト「D.E.A.D.」登場
「AI美空ひばり」のような前例を指して「死後デジタル労働」と呼び、死後の個人データ保護や肖像権に関する議論や理解を深めようという試み。(2020/3/19)

「ウイルスばらまいてやる」男性“店内映像”報道、本人の同意がない場合は問題ないのか聞いた 弁護士「店舗側やメディア側が訴えられる可能性」
もし客に許可を得ず防犯カメラ映像を提供したらどうなるのか、聞いてみました。(2020/3/13)

PR:サポート終了目前! サブスクリプション版Acrobatを導入すべき理由
ビジネス文書で欠かせないPDFファイル。このPDFの作成、編集、変換ソフト‎、Adobe Acrobatは常に進化を続けている。2020年4月7日にサポート終了を迎える「Acrobat 2015」シリーズだが、この機会に最新機能を常に使えるサブスクリプション版への移行を検討してはいかがだろうか。そのメリットやポイントをまとめた。(2020/3/3)

「フジフイルムPV炎上」のモヤッと感を整理する
小寺信良さんが、「ストリートスナップ」によるプロモーションで起きた騒動について整理してくれました。(2020/2/29)

道路使用許可なし、警察の職質シーンも――富士フイルムのカメラ販促動画炎上、削除までの一部始終
富士フイルムがYouTubeで公開したカメラのプロモーションビデオがTwitter上で「盗撮を推奨しているようだ」と指摘され、炎上した。PVの企画意図から配信停止までのいきさつを同社に聞いた。(2020/2/7)

「このお仕事してるから仕方ないとは思ってるけど」 ゆきぽよ、盗撮被害訴え自粛を呼びかけ
たびたび芸能人から被害について言及されています。(2020/1/10)

「小学館の図鑑NEOメーカー」が年始にTwitterで流行 「UMA」「毒」「廃線」など尖った図鑑が大量発生
投稿は新しい図鑑のテーマを決める参考にするとのことです。(2020/1/6)

AIと法律・知財・契約:
個人情報を含むデータは、AI&機械学習に使えるのか?〜個人情報保護法〜 ― DLLAB勉強会
AI/機械学習のデータには、例えば診察情報/店頭映像/ネットコンテンツ抽出など「個人情報」や「個人の権利」が含まれる場合がある。「日本の個人情報保護法の下では、個人情報を含むデータはどう扱えばよいか?」を説明する。(2019/12/2)

LINE「OpenChat」が正式スタート 運営「ガイドライン違反は強制退会」も、違反書き込み相次ぐ
違反の書き込みが(2019/8/20)

世界を読み解くニュース・サロン:
“上司なりすまし”被害も 深刻化する偽動画「ディープフェイク」の脅威
本物と見間違うような偽動画「ディープフェイク」が世界で問題視されている。最近では、FacebookザッカーバーグCEOの偽動画も話題になった。社長や上司になりすまして企業に電話をする「ディープフェイク音声」の被害も発生。日本でも注意が必要だ。(2019/7/25)

PR:「Adobe Stock」を導入すると生産性が大幅に向上する理由
資料の作成やプレゼンテーションの資料で何気なく使っている写真や画像。Webで検索して出てきた画像を利用しているあなた、著作権は大丈夫? 利用許可は? そういった心配をせずにもっと高品質なデータを手軽に利用できる方法がある。それは――。(2019/4/26)

クラウドワークス「個人の誹謗中傷に関する記事作成案件」を掲載停止に ネットでは「羽生結弦選手の中傷依頼」が物議
「このバイト最低ですね…」「許せない」など批判の声があがっていました。【追記】(2019/4/9)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
アメコミの巨匠スタン・リー 知られざる「日本アニメに見いだした夢」
2018年に亡くなったアメコミの巨匠スタン・リー。実は晩年、日本のアニメ・マンガを積極的に手掛けていた。異国のコンテンツビジネスに見いだした夢とは。(2019/1/16)

写真や動画を手書きアニメ風にするアプリ「Olli」が人気に 漫画家やイラストレーターも反応
(2018/11/7)

盗撮の意味、知っていますか? 『アサヒカメラ』、スナップ写真の撮影・公開における法的な注意点を徹底解説
肖像権や著作権、プライバシー権など、トラブルを招きやすいポイントを弁護士が解説。(2018/10/21)

プレミアムな動画媒体とコンテンツのみを配信対象に:
電通など3社、「Premium Viewインストリーム動画広告」の提供を開始
電通と電通デジタル、サイバー・コミュニケーションズのグループ3社は、プレミアムな媒体とコンテンツのみを配信対象とするインストリーム運用型広告サービス「Premium Viewインストリーム動画広告」の提供を開始した。(2018/9/7)

「推しアクセ」教えてください!:
日本語モチーフのピアスがかわいい! 「あ」「東京」「うそ、ほんと」女子シンガー追っかけ女子・赤穂あすなさんの推しアクセ
多種多様な仕事をこなしつつ、女子シンガーの追っかけに全力を尽くす赤穂あすなさんの「推しアクセ」は?(2018/6/25)

出版社における電子化の課題、1位は「権利処理の手間」 日本電子出版協会がアンケート結果を発表
電子化を反対する著者には「電子書籍では頭に入らない」といった意見も。(2018/6/21)

“シミがベリベリ剥がれるクリーム”はウソ 漫画村関与の代理店が偽装広告作成、販売元は「広告見たことない」
実在のテレビ番組で紹介された、と記載するなど悪質な手口。(2018/6/8)

アサヒカメラが「モデル撮影 契約準備マニュアル」を特集 「写真好きのための法律&マナー」のシーズン2として
撮影条件などを記す「撮影・写真使用に関する確認書」が便利そうです。(2018/5/18)

「CLIP STUDIO ASSETS」に著作権侵害素材? 知らずに使用したらどうなるのかとクリスタ民から不安の声【追記あり】
近日中にアップデート予定とのこと。(2018/4/5)

radiko、ジャニーズタレント番組がエリア&タイムフリーに対応
ラジオのネット配信サービス「radiko.jp」が提供する2つのサービスでジャニーズ事務所所属タレントの番組が聴取可能になる。(2018/3/27)

写真の無断使用対策や撮影マナーを解説 『アサヒカメラ』の特集がムックになって発売
12回にわたるシリーズが1冊に。(2018/3/19)

「ITしぐさ」にツッコミ隊:
「撮影OKならSNS投稿もいいでしょ」はトラブルの元? スマホ撮影のマナーを考える
「写真撮影がOKなら、当然SNS投稿してもいいだろう」。この考えは果たして当たり前なのだろうか。(2018/3/17)

犯罪者の顔写真を使った指名手配ポスターが、肖像権的に問題にならない理由
本人に掲載許可をとっているとは思えませんが……。(2018/3/14)

SNSでよく見るテレビ番組のキャプチャー画像、著作権上の問題は?
何気なく行われていることですが、実は……?(2018/2/16)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
高梨沙羅にイチャモンをつけたくなる、3つの理由
ノルディックスキー・ジャンプ女子で活躍する、高梨沙羅への風当たりが厳しい。平昌五輪が近づいているなかで、なぜ彼女を批判する声が多いのか。その理由は……。(2018/2/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。