ニュース
» 2011年09月06日 14時55分 UPDATE

グランプリは100万円:人事・経理の業務をスマホで効率化――弥生が業務用アプリのコンテスト開催

会計ソフト大手の弥生が、スマートフォンアプリのコンテストを開催。人事、経理などのバックオフィス業務に役立つアプリを広く募集する。グランプリの賞金は100万円。

[ITmedia]

 会計ソフト大手の弥生が、スマートフォン向け業務アプリのコンテスト「弥生スマートフォンアプリコンテスト」を開催する。同社ではコンテストを通じて、約90万人規模の弥生ユーザーに、業務の効率化に役立つスマートフォンアプリの提供を目指す考え。また、合わせてアプリ開発者のビジネスチャンスの拡大も支援するとしている。

 弥生スマートフォンアプリコンテストは、人事、経理などのバックオフィス業務に役立つiPhone/Androidアプリを広く募集するもの。弥生シリーズとのデータ連係に対応する「弥生シリーズ連携アプリ部門」、業務の効率化に役立つ「業務効率化アプリ部門」の2部門で構成され、各部門でグランプリ、準グランプリ、企画賞を選出する。

 グランプリには100万円が贈呈され、入賞作品については弥生がプロモーションを支援。コンテストへの応募を検討する開発者向けには、ラウンドテーブルの開催も予定しており、弥生シリーズの紹介やスマートフォンアプリに求められる機能についてのディスカッションを行う。

 アプリの募集期間は9月6日から10月31日までで、応募は特設サイトから行える。応募作品は、日本Androidの会の丸山不二夫会長、AppBankの村井智建代表をはじめとする審査委員による審査を経て、12月上旬に「弥生スマートフォンアプリコンテスト」特設サイト上で発表される。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.