調査リポート
» 2013年01月08日 14時22分 UPDATE

調査リポート:タブレット市場が急成長、2013年にノートPCの出荷台数を上回る可能性も――NPD DisplaySearch調べ

2012年後半に相次いで登場した7インチタブレットが人気を博し、タブレット市場が急成長している。NPD DisplaySearchは、2013年にタブレットの出荷台数がノートPCを上回ると予測している。

[末岡洋子,ITmedia]

 「iPad mini」「Google Nexus 7」「Kindle Fire HD」など、2012年後半に登場した最新タブレットの人気ぶりが予感させるように、2013年はタブレット市場の成長が本格化する年になりそうだ。調査会社によると、タブレットの出荷台数は2013年に64%増で成長し、ついにノートPCを上回る見込みだという。

 調査会社のNPD DisplaySearch(NPD Group傘下)が1月7日に発表した四半期ごとの予測リポート「Quarterly Mobile PC Shipment and Forecast Report」によると、2013年の予想出荷台数はタブレットが2億4000万台、ノートPCが2億700万台になるという。

Photo ノートPCとタブレットの出荷台数比

 タブレット市場はこれまでAppleがほぼ独占してきたが、今年は多様化が進むと予測。ディスプレイサイズは7〜8インチのものが45%(1億800万台)を占めて主流になり、iPadに代表される9.7インチディスプレイの端末(17%、4100万台)に取って代わるという。ベンダーも多様化が進み、市場の高い需要に支えられて、大手も中小規模のベンダーも出荷台数を伸ばすとみる。

Photo 画面サイズも多様化。9.7インチに加え、iPad miniなどが採用する7.9インチも増える見込みだ

 地域別のタブレット出荷台数は北米市場がリードするとみられ、出荷台数8500万台で全体の35%を占めると予測。次いで、6500万台の出荷が見込まれる中国(シェア27%)が欧州・中東・アフリカ(EMEA)を上回る見込みだという。なお、タブレットは、北米と中国の両方でノートPCの出荷台数を上回ると予測している。

 同社は2012年7月の予測リポートでは、2016年にタブレットとノートPCの出荷台数が逆転すると予想していたが、この半年で予想が一気に3年短縮されたことになる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.