トップインタビュー
インタビュー
» 2021年11月30日 05時00分 公開

ボッシュのクラウス・メーダー社長を直撃 ソフトウェアエンジニアを増やし「AIoT先進プロバイダー」へ急速に進むEV化(1/5 ページ)

ドイツに本社のある世界的なテクノロジー企業であり、自動車部品サプライヤー大手のロバート・ボッシュの日本法人ボッシュ株式会社のクラウス・メーダー社長にインタビューした。

[中西享, 今野大一,ITmedia]

 カーボンニュートラルが命題になってきた自動車業界ではEV(電気自動車)化など電動化へのシフトが避けられなくなっている。環境問題を重視する欧州諸国の中でもドイツはそのリーダー的存在だ。

 ドイツに本社のある世界的なテクノロジー企業であり、自動車部品サプライヤー大手のロバート・ボッシュの日本法人ボッシュ株式会社のクラウス・メーダー社長にインタビューした。

クラウス・メーダー 1987年にロバート・ボッシュ(ドイツ)に入社、96年にボッシュ・エレクトロニクス(日本)の技術・製造部門長、2001年にロバート・ボッシュのシャシーシステム部門の部門長、12年に同オートモーティブ・エレクトロニクス事業部の事業部長、17年7月からボッシュ株式会社社長。59歳

世界全体の売上高は8.7兆円

――まずボッシュの年間売上高、従業員数などを教えてください。

 昨年のボッシュグループの世界全体の売上高は約8.7兆円(715億ユーロ)、従業員は39万5000人。日本での売上高は2690億円で、従業員は6500人です。当社はモビリティ、産業機器、消費財、エネルギー・ビルディング関連という4つのセクターでビジネスを展開していて、世界の売り上げの6割を占めるのが自動車、バイク、電動自転車、トラックなどのモビリティです。

世界の売り上げの6割を占めるのが自動車、バイク、電動自転車、トラックなどのモビリティだ

――今後、成長する分野はどのあたりとみていますか。

 4つの分野はエレクトロニクス、メカニクス、ソフトウェアのコンビネーションにより成長すると思います。ボッシュはこの分野で強い位置にあります。全ての製品はインターネットとつながるIoT(モノのインターネット)に加えて、IoTとAIを組み合わせた「AIoT」が、数十億ユーロ規模の市場で成長の機会をもたらすと考えています。ボッシュは既に、AIoT先進プロバイダーへとなりつつあります。

インダストリー4.0を牽引する産業機器テクノロジーセクター
電動工具や家電製品を提供する消費財セクター
セキュリティシステムやスマートホームシステムを構築するエネルギー・ビルディングテクノロジーセクター
       1|2|3|4|5 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business & SaaS Days

    - PR -