運輸・交通

日常生活で利用している鉄道や航空サービスはこれからどうなっていくのか? 運輸業界や交通サービスについての記事を集めました

新着記事一覧

news030.jpg

所要時間が4時間以内なら飛行機より新幹線が選ばれるとされる「4時間の壁」。それよりも「1万円の壁」を越えるべき、というコラムが話題になったが、新幹線の“壁”は他にもある。航空業界と比べて大きな差がある、予約開始「1カ月前」の壁だ。(2019/03/15)

news039.jpg

西武鉄道は新型特急「Laview」を公開した。後藤高志会長は「乗ることを目的とする列車に」と強調。西武特急に対する危機感が表れている。この列車の成功こそ、“いろいろあった”西武鉄道を新たな100年へと導く鍵となりそうだ。(2019/03/01)

news079.jpg

東京メトロが、2017年に引退した「銀座線01系」の部品を再利用した自動販売機「THE VENDING TRAIN」を発表した。サントリーコーヒーと共同で企画した取り組みで、缶コーヒー「BOSS」を販売する。消費者が自販機に近づくと、東京メトロの現役車掌4人が吹き込んだフレーズが流れる仕組みも取り入れた。(2019/02/22)

news018.jpg

JR東海が「駅のない」奈良で観光キャンペーンを仕掛けるのはなぜか? 「そうだ 京都、行こう」によって、京都を、日本を代表する観光地に押し上げた再現はなるか。(2019/02/22)

news111.jpg

大東建託は、首都圏在住者に調査した「街の住みここちランキング2019<首都圏版>」を発表。総合トップは「広尾」だった。(2019/02/20)

news032.jpg

北海道に新たな観光列車時代が到来する。JR北海道は、JR東日本や東急電鉄と協力して道内に観光列車を走らせると発表した。常識を覆す試みで運行を実現することになりそうだ。海外の鉄道会社も含めたオープンアクセスの第一歩になるかもしれない。(2019/02/15)

news087.jpg

物流系職種で残業時間が少ない企業は――。(2019/02/14)

news039.jpg

JR北海道が東急電鉄の豪華観光列車を運行すると報じられた。“異例”の取り組みがどうなるか注目だ。「観光列車大国」の日本には127もの観光列車があるが、まだ空白地帯もある。そこに商機があるかもしれない。観光列車の「分布図」を作ってみると……(2019/02/01)

news116.jpg

小田急電鉄は、特急「ロマンスカー」の車内販売において、プラスチック製ストローを廃止。1月30日から紙製ストローに変更する。(2019/01/25)

news030.jpg

先進交通の分野で「MaaS」という言葉が話題になっている。自動車業界で語られることが多いが、鉄道とも深い関係がある。「利用者主体の移動サービス」の実現のために、鉄道こそ重要な基軸になるからだ。「ドアtoドア」のサービスを提供するために、鉄道はどうあるべきか。(2019/01/18)

news110.jpg

国交省と経産省が、新東名高速道路でトラック隊列走行の実証実験を行う。日程は1月22日〜2月28日。先頭トラックのみドライバーが操縦するが、後続1〜2台は先頭車両と通信し、自動で追従する仕組みを採用する。(2019/01/08)

news011.jpg

2018年も全国各地の列車に乗った。観光列車には「つくる手間」をかけることの価値を感じ、新幹線では「ひかり」の良さをあらためて実感、新型の特急列車には期待感を持った。19年も乗りたい列車がめじろ押し。どんな発見があるだろうか。(2019/01/04)

news057.jpg

東急電鉄と相模鉄道は、新路線の名称を「東急新横浜線」「相鉄新横浜線」と発表した。JR山手線の新駅名「高輪ゲートウェイ」を巡って議論が白熱する中で、この名称は直球で分かりやすい。駅名や路線名は「便利に使ってもらう」ことが最も大切だ。(2018/12/21)

news063.jpg

日本民営鉄道協会が「駅と電車内の迷惑行為ランキング」を発表。カテゴリー別では「荷物の持ち方・置き方」が37.3%でトップだった。その中では「座席に置かれた荷物」「床や足元に置かれた荷物」などを批判する声が挙がったが、最も多かったのは、最近特に不評の“あの行為”だった。(2018/12/21)

news124.jpg

JR東海が超電導リニアの試験車「L0系」の改良型を製作すると発表。20年春に完成させる予定。ガスタービン発電装置を撤廃し、非接触給電に一本化。空気抵抗を減らせる形状も取り入れる。(2018/12/20)

news090.jpg

ホンダが20日、小型ビジネスジェット機「ホンダジェットエリート」の日本での型式証明取得と日本向け初号機のデリバリーの式典を開いた。(2018/12/20)

news051.jpg

日本ではまだカラーフィルムが普及していなかった昭和30年代、鉄道を中心とした日本の風景を鮮明なカラー写真で記録し続けていた米国人がいた。日本の鉄道に魅了されて全国を訪ね歩いた米国人“撮り鉄”が写した約400枚の写真を収録した「秘蔵カラー写真で味わう60年前の東京・日本」(光文社新書.1500円+税)は、普通なら白黒でしか見られない当時の日常風景を生々しくよみがえらせる。(2018/12/20)

news099.jpg

米ライドシェア(相乗り)大手のUber Technologies[UBER.UL]が日本市場攻略に向け、布石を着々と打っている。同社は19日、名古屋、大阪に続き、福島、宮城、青森の東北3県でもアプリによるタクシー配車サービスを2019年から始めると発表した。(2018/12/19)

news006.jpg

国交省や鉄道事業者はホームドアの整備を進めている。その一方で新型タイプの開発も進み、一部は実用化されている。知られざる新型ホームドアの世界とは。(2018/12/15)

news128.jpg

JR東は2019年3月16日付ダイヤ改正で特急「はちおうじ」と特急「おうめ」を平日の朝・夜時間帯に新設する。(2018/12/14)

news117.jpg

小学館が、佐川急便の女性ドライバーの写真集「佐川女子」(税別1500円)を発売。佐川急便で多くの女性が活躍していることをアピールする狙い。グラビアカメラマンの渡辺達生氏が撮影を担当した。(2018/12/11)

news048.jpg

大阪市と大阪メトロは、地下鉄今里筋線の延伸予定区間(6.7キロ)で大型バスを走らせる「バス高速輸送システム(BRT)」の社会実験を来年4月1日から始めることを決め、運賃など計画の詳細を公表した。同線は乗客数が伸び悩む赤字路線。約5年間の実験で、どの程度の需要があるかや延伸の実現が可能かどうかを見極める方針。(2018/12/10)

news036.jpg

この冬、地方鉄道が舞台となった映画が2本公開された。どちらも女性が主人公で「家族」をテーマにしている。もちろん、地方鉄道の現状の様子や美しい風景などもふんだんに盛り込まれている。この機会に楽しんでみては。(2018/12/07)

news113.jpg

JR東日本が、2020年春に田町駅〜品川駅間に新設する駅の名称が「高輪ゲートウェイ」に決まったと発表。公募によって選ばれ、“人々をつなぐ結節点になってほしい”との意味が込められた。駅の照明デザインは面出薫氏が担当する。(2018/12/04)

news034.jpg

都心のビジネス街にぽっかり開いた巨大な穴の正体は――。(2018/11/30)

news040.jpg

ゴーン氏逮捕については、センセーショナルな事件であったことや、私的流用や公私混同の話がゴシップネタとして面白おかしく報じられたことから、ゴーン氏一人が注目を集める格好となった。しかし企業としての責任にフォーカスすると、どう見えるだろうか?(2018/11/29)

news119.jpg

安価なカメラとスマホを利用して、低コストかつ高機能なドライブレコーダーを投入するNexar。しかし、その狙いは大量のドライブレコーダーから取得した道路情報データを元にして、交通情報をリアルタイムで把握できる仕組みを作り上げるという壮大なものだ。(2018/11/27)

news109.jpg

ANAが、成田―ハワイ・ホノルル間に世界最大規模の旅客機「エアバスA380」を導入する。1号機は2019年5月24日、2号機は19年7月1日就航入する予定。愛称は「FLYING HONU(空飛ぶウミガメ)」で、3機ともにウミガメの親子をデザインした。(2018/11/27)

news053.jpg

首都圏に住む人々は新潟県十日町市に借りがある。かつてJR東日本が「事件」を起こしたが、7年前には電力不足を救ってくれた。できれば観光に行こう。暮らしを支えてくれる地域に感謝して訪ねる「サンクス・ツーリズム」を提案したい。(2018/11/16)

news014.jpg

2027年に東京(品川駅)・名古屋間の開通が予定されているリニア中央新幹線(37年には名古屋・大阪間も開通予定)。開通後は移動時間が飛躍的に短縮されるため、長野県、山梨県、静岡県も東京までの通勤圏になってくる。日本の働き方にどんな影響を与えるのかを考えてみた。(2018/11/15)

注目のテーマ

マーケット解説

- PR -