ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「プリウス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「プリウス」に関する情報が集まったページです。

オートモーティブメルマガ 編集後記:
雪国のための自動車技術は優先度低めですか
日本の面積の50%が「豪雪地帯」。でも豪雪地帯の人口は全体の15.8%……。(2021/1/20)

「極上の秘密基地?」「果樹園仕様が変態すぎる」 自動車メーカーがオートサロンで披露するはずだった「ブッ飛びカスタムカー」まとめ
中にはやり過ぎってほどの変態カーも。(2021/1/19)

次期政権との関係構築も鍵に:
Gelsinger氏の“帰還”、Intelにとっては好機か
CEO(最高経営責任者)の継承は、非常に重要である。最近の報道によると、IntelのCEOであるBob Swan氏が近々退任し、その後任としてPat Gelsinger氏が就任するという。一方Qualcommは、現プレジデントであるCristiano Amon氏にCEOの後任を託すとしている。(2021/1/19)

足を引きずる猫を保護 親友と出会い温かな家庭で幸せになっていく姿に涙
全猫に幸あれ。(2021/1/15)

あら、いい感じ♪ ホンダ、ぷちワイルドな「遊び仕様FITカスタム」公開 バーチャルオートサロンで披露
1月15日開幕です。(2021/1/13)

運転免許証の保有率は?:
新成人が「欲しい車」ランキング 3位はフォルクスワーゲン、2位はBMW、1位は……
ソニー損保が新成人のカーライフ意識調査を実施。普通自動車運転免許の保有率や欲しい車が明らかに。どんな傾向があるのか。(2021/1/11)

和田憲一郎の電動化新時代!(40):
これからEV開発責任者となる人へ、5つの提言
風雲急を告げる、というのであろうか。毎日のようにEV(電気自動車)に関する規制やニュースが流れている。このように各国で一気に電動車への転換が叫ばれており、それに伴い、エンジン車やEVの担当から、EVの開発責任者になる人も多いのではないかと思われる。しかし、EV開発は従来とかなり異なった面を持っている。どのようなことを考えておけば良いのか、筆者の経験から5つの提言としてまとめてみた。先達の意見として参考に願いたい。(2021/1/5)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ガソリン車禁止の真実(ファクト編)
年末の慌ただしい時期に、自動車業界を震撼(しんかん)させたのがこのガソリン車禁止のニュースだった。10月26日の菅義偉首相の所信表明演説と、12月11日の小泉進次郎環境大臣会見が基本になるだろう。カンタンにするために、所信表明演説を超訳する。(2021/1/1)

電気自動車:
トヨタの超小型EVは“エンジン車並み”を意識せず、電池を含めたビジネスの第一歩に
トヨタ自動車は2020年12月25日、2人乗りの超小型EV(電気自動車)「C+pod(シーポッド)」を法人や自治体向けに限定発売したと発表した。日常生活の近距離移動や定期的な訪問巡回に向けたモデルだ。WLTCモードで高速道路モードを含まない走行距離は150km。最高速度は時速60km。個人向けの本格販売は2022年を予定している。価格は165万〜171.6万円。(2020/12/28)

「バスだよね」「お子さま電車かな?」「いや、ムルティプラだ」 イギリスを走るミニミニ気動車「Class 139」が何かに似ている
何か親しみを覚えるかわいいデザインです。(2020/12/2)

兄弟車や派生車種を整理:
トヨタ、「プリウスα」「プレミオ」など5車種を生産終了
トヨタ自動車は、セダンやワゴンなど5車種の生産を終了すると公式サイトで発表した。12月上旬に「ポルテ」「スペイド」、2021年3月末には「プレミオ」「アリオン」「プリウスα」の生産を終了する。(2020/12/2)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
やり直しの「MIRAI」(前編)
新型MIRAIでは、ユニット配置が全面的に改められた。デザインを見れば一目瞭然。初代から翻って、ワイド&ローなシェープを目指した。かっこ悪い高額商品は売れない。スタイリッシュであることは高額商品にとって重要な商品価値だ。新型MIRAIはプチ富裕層にターゲットを絞り込み、ひと昔前の言葉で言えば「威張りの利く」クルマへの生まれ変わろうとしている。(2020/11/2)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
RAV4をもっと売れ!
トヨタ自動車はミドルサイズSUVのヒットモデル、RAV4に特別仕様車を追加発売した。この「RAV4 Adventure “OFFROAD package”」 は一見すると、ただのドレスアップモデルに過ぎない。しかし、それはトヨタの次の一手への礎になるかもしれない。(2020/10/26)

スピン経済の歩き方:
「オレは絶対に悪くない!」という“他責おじさん”が、なぜ出世するのか
「オレは絶対に悪くないからな!」――。会社の幹部や上司の顔を思い出して、「いるいる。ウチの会社にもたくさんいるよ」と感じた人もいるのでは。なぜ、他人のせいにする人が出世するのか。その背景を調べてみると……。(2020/10/13)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
新燃費規程 WLTCがドライバビリティを左右する
ここ最近よく聞かれるのが、「最近の新型車ってどうしてアイドルストップ機構が付いてないの?」という質問だ。全部が全部装備しなくなったわけではないが、一時のように当たり前に装備している状況でなくなったのは確かだ。それに対してはこう答えている。「燃費の基準になる測定方法が変わったから」。(2020/10/12)

アクセル踏み間違い防止へ 後付け安全装置が続々登場
自動車のアクセルペダルの踏み間違いによる加速を抑制する機能をマイカーに追加できる「後付け」の安全装置が続々と登場している。障害物がなくても踏み間違いが起きた場合には加速を抑制するなど工夫を加え、各社が発売するようになった。(2020/10/8)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
RAV4 PHVとHonda e予約打ち切り どうなるバッテリー供給
トヨタRAV4 PHVと、ホンダのHonda eの予約注文が中止になった。両車とも想定以上に売れたことが理由なのだが、トヨタははっきりとバッテリーの供給が間に合わないと説明している。ホンダは予定生産台数の国内配分枠を売り切ったからというのが正式説明だが、まあおそらくは、その予定生産量を決めているのはバッテリーの供給量だと踏んで間違いはあるまい。(2020/10/5)

リゼ皇女や白上フブキなどVTuber勢力拡大 痛車イベント「E.M.T.G in NAGARA 7」写真まとめ第1弾 百鬼あやめ、郡道美玲ほか
世はまさにVTuber時代(2020/10/3)

車内で家電が使える! AC100Vコンセントがあるクルマ5選
停電時やキャンプなどで役立ちます。(2020/9/22)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
「国民車」ヤリスクロス
原稿を書く側にしてみると非常に困るクルマだ。何か得意な芸があって、そこに集中して説明すれば伝わるというクルマではなく、オールラウンダー型の車両なので良いところを挙げていけばキリなく、それを全部書いていては冗長になる。かといって端折ると正確ではなくなる。正直だいぶ困っているのだ。(2020/9/21)

「ちょ、おまわりさんオレ達よりヤバいのおるやん!」 夜のコンビニに世紀末魔改造ミニカーが襲来、みんなびっくり仰天
おまわりさん「ナンバー付いてるやろ、コレはエエんや。しかしスゴいクルマやね、お兄さん」。(2020/9/13)

プリウスに勝ちそう!? アメリカのSLが高速道路のど真ん中を快走「ひぇぇ何これ」「しかも、速ぇ!」
追い抜きを仕掛けてきたのは……SLだった。速ぇ!(2020/9/8)

凶悪無比な魔界(?)仕様「無敵のプリウス」が降臨 魔改造だけれどちゃんと合法、マジSUGEEEE!
ちゃんと公道走れます。もちろんいつも安全運転、燃費はリッター20キロです。(2020/9/6)

「プロ中のプロでないと通れない関門だ」 ツインリンクもてぎの裏コーナー「プロの技」がめっちゃすごいと話題
ひぇぇ、ギリッギリ。プロドライバーさんやっぱすげぇ……!!(2020/9/3)

うそ、だろ、なんじゃこりゃあああ! あの「プリウス」をまさかのキャンピングカーに魔改造
初見の後載せ異物感すごい。でも、超いい……!(2020/8/27)

トヨタ・プリウスを煽りまくった日産エクステラ、隣を走っていただけのマツダMPVを巻き込んだ大事故を起こし逃走
事故の原因となった日産「エクステラ」は行方不明だそうです。(2020/8/12)

ディスカバリーのDplayで「トップギア」“ほぼ”全エピソードを配信
うぉぉー! あの伝説番組ですよぉぉ。(2020/7/29)

電子ブックレット(オートモーティブ):
電動車を変える、車載ソーラーパネル
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、電動車の充電の在り方を変える車載ソーラーパネルの記事をまとめた「電動車を変える、車載ソーラーパネル」をお送りします。(2020/7/29)

電気自動車:
シャープ製ソーラーパネルをEVに、外部電源からの充電ゼロも可能に
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)とシャープは2020年7月6日、EV(電気自動車)用太陽電池パネルを製作したと発表した。(2020/7/7)

まずプリウスから搭載 トヨタ、改良版「踏み間違い事故防止システムII」開発、後付けにも対応
低速走行時のパニック操作を抑制します。(2020/7/3)

安全システム:
障害物なくてもペダル踏み間違いの加速抑制、トヨタが新車と後付け用で
トヨタ自動車は2020年7月1日、ペダル踏み間違いによる急アクセル時の加速抑制機能を開発し、新車向けの「プラスサポート」や、後付け装置「踏み間違い加速抑制システムII」として発売したと発表した。プラスサポートは「プリウス」「プリウスPHV」から搭載し、今後対応車種を拡大する。(2020/7/2)

外部給電も標準装備:
トヨタ、プリウスに「踏み間違いによる急加速」抑える機能 事故被害軽減へ新技術
トヨタ自動車は、ハイブリッド車「プリウス」を一部改良し、安全機能や給電機能を強化した。新開発の「急アクセル時加速抑制」機能を初採用。ペダル踏み間違いによる事故が多発していることから、被害軽減につながる安全技術を投入する。(2020/7/1)

「うるせぇクリスマスツリー」「スゴイならず者」 軽妙なツッコミに思わず笑っちゃうロシア人ライダー“ヒヤリハット”ドラレコ動画がおもしろい
ピンチなはずなのに思わず笑っちゃう。(2020/7/1)

いまさら聞けない自動車業界用語(2):
新車開発は時間との戦い、サプライヤーも参加する怒涛の試作イベント
今回は新車開発に関する専門用語を説明します。新車開発は自動車メーカーにおいて極めて重要なプロセスですが、専門用語がたくさんあります。(2020/6/22)

ランボさんがランボさんにごっつんこ 荒ぶったアヴェンタドール同士の交通事故が海外で話題に
どうしてこうなった……。(2020/6/17)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
RAV4 PHV 現時点の最適解なれど
トヨタはRAV4 PHVを次世代システムとして市場投入した。世間のうわさは知らないが、これは早目対応の部類だと思う。理由は簡単。500万円のクルマはそうたくさん売れないからだ。売れ行きの主流がHVからPHVへ移行するには、PHVが250万円程度で売れるようにならなくては無理だ。たった18.1kWhのリチウムイオンバッテリーでも、こんな価格になってしまうのだ。まあそこにはトヨタ一流の見切りもあってのことだが。(2020/6/15)

ソーラーシェアリング入門(31):
農村特有の災害リスクやBCPに貢献する――「EV×ソーラーシェアリング」の可能性
「ソーラーシェアリング(営農型太陽光発電)」について解説する本連載。今回は農村などにおける持続可能なBCP対策として新たにスタートした、ソーラーシェアリングとEV(電気自動車)を組み合わせた実証実験について紹介します。(2020/6/11)

電気自動車:
トヨタRAV4にPHVモデル追加、EV走行距離は95km、469万円から
トヨタ自動車は2020年6月8日、クロスオーバーSUV「RAV4」のハイエンドモデルとしてプラグインハイブリッド車(PHV)を設定すると発表した。同日から日本で販売を開始する。システム最高出力は225kWで時速0〜100kmの加速は6.0秒。モーターのみで走行するEV走行距離は満充電の状態で95kmで、エンジンとモーターを併用すると1300km以上を走行できるという。月間販売目標台数は300台で税込価格は469〜539万円。(2020/6/9)

ひぇぇ、これ306馬力もあんのかよ!! RAV4の最強PHVモデル、写真で見る「RAV4 PHV」
す、スゲー速そう……!!【写真23枚】(2020/6/8)

あぁぁかっこよすぎ 古き良き70年代風デザインを再現した新型車「ケータハム・スーパーセブン1600」登場
雨が降ったらどうするの? 「……、フッ」。【写真25枚】(2020/6/5)

警告を発して加速を抑制 スバル、既存車に後付けできる「ペダル踏み間違い」対策装置を発売
「インプレッサ」「SUBARU XV」など6車種に対応しています。(2020/6/1)

ゆったり快適な豪華仕様! トヨタ「コースター」に豪華グレード「PREMIUM CABIN」が登場
お値段たったの1000万円くらい!(2020/5/20)

ボロボロでサビだらけ とある街のトヨタ「ウィッシュ」が二度見不可避すぎる エイジング塗装で職人技をアピール
これでも立派な社用車です。(2020/5/18)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ヤリスのトレードオフから考える、コンパクトカーのパッケージ論
ヤリスは高評価だが、満点ではない。悪いところはいろいろとあるが、それはパッケージの中でのトレードオフ、つまり何を重視してスペースを配分するかの結果だ。ヒューマンインタフェースから、なぜAピラーが倒れているかまで、コンパクトカーのパッケージに付いて回るトレードオフを、ヤリスを例に考えてみよう。(2020/4/27)

製造マネジメントニュース:
新型コロナによる日系乗用車メーカーの国内拠点、操業予定まとめ(随時更新)
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大により、新車需要や海外からの部品調達が受ける影響が大きくなっている。本稿では自動車メーカーの国内拠点の生産調整や休業の予定などをまとめた。情報は5月末まで随時更新する。(2020/4/27)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
ヤリスの何がどう良いのか?
ヤリスの試乗をしてきた。1.5リッターのガソリンモデルに約300キロ、ハイブリッド(HV)に約520キロ。ちなみに両車の燃費は、それぞれ19.1キロと33.2キロだ。特にHVは、よっぽど非常識な運転をしない限り、25キロを下回ることは難しい感じ。しかし、ヤリスのすごさは燃費ではなく、ドライバーが意図した通りの挙動が引き出せることにある。(2020/4/20)

1200馬力オーバー! 旧型スープラを魔改造、時速280キロ超えでアウトバーンを爆走する迫力満点の映像
加速力がはんぱねぇ!(2020/4/17)

生産数わずか25台の希少スーパーカーが当て逃げ 無残な姿をさらしながら逃げ去る瞬間を捉えた映像がネット上に拡散される
米NYで起きた事件……かなしい。(2020/4/12)

ものすごいパワー 「ハルク」の愛称を持つ大型レッカー車が海外で話題に、崖下100メートル以上の深さからマスタングを引き上げる
ドライバーは無事だったのが何より。(2020/4/7)

ヒャッハー! ボーナスステージだ! 「クルマをぶっ壊す」禁断のストレス発散イベント「破壊祭り」開催決定
某レトロゲームのボーナスステージみたい。(2020/4/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。