ITmedia NEWS >
ニュース
» 2010年01月09日 00時49分 公開

GPSにフルHD、進化するデジタルカメラたち2010 International CES(2/2 ページ)

[小山安博,ITmedia]
前のページへ 1|2       

カシオもGPS内蔵デジカメを参考出品

 カシオは、新製品として4つのデジカメを発表。“HIGH SPEED EXILIM”「EX-FH100」は、裏面照射型CMOSセンサーを搭載し、24ミリスタートの光学10倍ズームを搭載しながら薄型軽量化を実現したモデルだ。

 “EXILIM”「EX-H15」「EX-Z2000」「EX-Z550」は、有効1410万画素CCDを搭載。画像処理エンジンとして「EXILIMエンジン5.0」を採用して、高速処理、低消費電力を実現したという。高速処理を生かした機能として、撮影時にリアルタイムで画像処理を行い、画像を油絵・水彩画・クレヨン画という3種類の絵画風の画像を撮影する機能を搭載している。

 さらに、プレミアムオートという新機能も搭載している。これは、ピクセル単位で画像を解析し、それぞれのシーンに応じた補正を自動で適用するという機能で、例えば前景の人物、背景の夜景に対して、人物には美肌補正、背景には夜景用のホワイトバランスを適用するといった形で、従来のシーンモードなどでは対応しきれなかった補正を、カメラを向けるだけで自動で行ってくれる。

 さらに、プロトタイプとして参考出品されていたのがGPS内蔵デジカメ。光学10倍ズーム搭載の“EXILIM”「EX-H10」をベースにしたもので、上部にGPSアンテナを内蔵し、GPS用のボタンが新設されていた。

photophoto EX-H10をベースにGPSを内蔵したプロトタイプ。赤い丸はサンプル画像のある位置。右側にサンプル画像が表示されている

 ソニー「DSC-HX5V」と同様、GPSは常時測位を行っていて起動後すぐに測位結果をEXIFへ書き込めるほか、モーションセンサーも内蔵。このモーションセンサーを使うことで、GPSからの電波が届かない場所でも、最後の測位位置からの動きを検知して現在位置を推測することができるという。

 地図データも保持しており、撮影位置をカメラ内で確認できるほか、1万カ所の撮影データを位置情報付きで内蔵しており、その位置からどのような写真が撮れるかというサンプルとして利用できる。

 電波が入らない場所での位置情報取得に配慮した点や撮影サンプルを内蔵した点などが新しいが、現時点ではあくまで参考出品の位置づけで、製品化などは未定だという。

キヤノンからはSDXCカード対応デジカメ

 米キヤノンから発表されたのは、PowerShot Aシリーズ4機種。基本的にはコストパフォーマンスの高い低価格モデルだが、新しい点として最新のSDカード規格「SDXC」に対応した点が挙げられる。

photophoto 米キヤノンの展示したデジカメ新製品の1つ「PowerShot A3100 IS」(写真=左)、パナソニックが今回のCESで発表したSDXCカード。将来的には2Tバイトまでの拡張を予定している(写真=右)

 SDXCカード規格では最大2Tバイトまでの大容量が計画されており、さらなる高速化も図られている。現在、転送速度の表記に関しての検討がされており、これが決まった段階でSDXCカードが発売されるそうだ。検討自体は2月中にもまとまる見込みだという。

 SDXCカードを利用するためにはカメラ側の対応が必要になるため、今回のキヤノンの発表はその先鞭(せんべん)をつけた形になる。コンパクトを含めた一般向けデジタルカメラはもちろん、高速・大容量が必要なプロ向け製品やビデオカメラなどにも今後広まっていくだろう。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.