ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「スマート体組成計 301SI」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スマート体組成計 301SI」に関する情報が集まったページです。

ビックカメラがXiaomi(シャオミ)製品を取り扱い スマートウォッチ2種と体組成計を発売
ビックカメラが中国のデバイスメーカーXiaomi(シャオミ:小米科技)のスマートウォッチ2種と体組成計を発売した。さまざまなデータを管理できる「Mi Band3」「Amazfit Bip」と、スマートウォッチと連携して活用できる「Mi スマート体組成計」をラインアップ。店頭ではXiaomi製品を触って試すこともできる。(2019/4/12)

ソフトバンク、「スマート体組成計2」を発表 アラームや育成ゲームで測定継続を後押し
ソフトバンクは、7月下旬以降にセイコーソリューションズ製の「スマート体組成計2」を発売する。乗るだけで測定データがクラウドに自動送信され、スマートフォンと連携した健康管理が可能。測定忘れを知らせるアラーム機能や、キャラクターが成長する育成ゲームを搭載して測定の継続を後押しする。(2018/5/10)

個別に効果的な食事と運動を提案 肥満遺伝子検査は実質無料 FiNC「パーソナルカラダサポート」
ヘルスケアベンチャーのFiNCとソフトバンクは、共同開発した「パーソナルカラダサポート」の提供開始を発表した。キャンペーン中に加入すると月額無料、さらに肥満遺伝子検査が実質0円に。(2016/4/7)

ソフトバンクとFiNC、月額100円のスマホ向けヘルスケアサービス「パーソナルカラダサポート」を共同開発
ソフトバンクとFiNCが、顧客に最適な生活習慣改善メニューを提供するスマートフォン向けサービスを共同開発。(2015/10/8)

ソフトバンク、スマート体組成計&フォトビジョンのセット購入で月額990円になる「ヘルスケア応援割」開始
「スマート体組成計 SoftBank 301SI」と「PhotoVision TV SoftBank 202HW」をセットで購入すると、通常月額1480円が990円になる「ヘルスケア応援割」がスタート。(2015/6/24)

2月下旬〜3月上旬の場合:
MNPの“キャッシュバック”はどれだけお得? 条件は?――都内の店舗を調べてみた
MNPで乗り換えると数万円がキャッシュバックされる――。最近の携帯業界では珍しくないことだが、本当にスマホに乗り換えるだけで現金が手に入るのだろうか? キャリアのオンラインショップと、都内のキャリアショップ・量販店を調べてみた。(2014/3/7)

ドコモが2カ月ぶりに純増1位、MNPはKDDIが盤石の首位――2014年2月契約数
電気通信事業者協会(TCA)が2014年2月末時点の携帯電話各社の契約数情報を発表。純増はドコモが、MNPはKDDIが学割商戦の中間点をトップで折り返した。(2014/3/7)

iPhoneを血圧計にするヘルスケアケース「Wello」
チップとセンサーが組み込まれたケースを装着したiPhoneを数秒間持つと、血圧、心拍数、血液酸素濃度、体温を測定できる「Wello」の予約が米国でスタートした。価格は199ドル。(2014/3/7)

ソフトバンク ヘルスケア:
ソフトバンク、3G通信機能付き体組成計「スマート体組成計 301SI」を2月14日に発売
ソフトバンクモバイルは、乗るだけで測定データがクラウドに自動送信され、スマートフォンでデータをチェックして健康管理ができる、3G通信機能を搭載した体組成計「スマート体組成計 301SI」を2月14日に発売する。(2014/2/12)

ソフトバンク、「スマート体組成計 301SI」の事前予約を1月末に開始
ソフトバンクモバイルは、3G通信に対応した「スマート体組成計 301SI」の事前予約を1月31日に開始する。発売は2月中旬以降の予定。(2014/1/27)

SPORTEC 2013:
スマホで「睡眠」「健康」管理、ソフトバンク「Fitbit Force」を2014年1月スタート
ソフトバンクは、日本最大のスポーツ・健康施設活性化のための専門展「SPORTEC(スポルテック) 2013」で健康管理サービス「ソフトバンクヘルスケア」の新ラインアップを展示。「Fitbit Force」を2014年1月中旬に取り扱いを開始する。(2013/12/10)

ソフトバンク ヘルスケア:
ソフトバンクモバイル、リストバンド型活動量計「Fitbit Force」を追加
ソフトバンクモバイルは、スマートフォン向け健康管理サービス「SoftBank HealthCare(ソフトバンク ヘルスケア)」で利用するリストバンド型活動量計として「Fitbit Force」を追加する。(2013/12/3)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
アプリと外部機器が盛り上げる、スマートフォンの健康支援サービス
常に持ち歩き、しかもパーソナルなデバイスであるスマートフォン。その特性を生かして、“健康”に関する取り組みが各社で積極的に進められている。その動向を追った。(2013/10/7)

「世界最高のネットワークだ」 孫社長、ドコモiPhone参入にも余裕「流出リスクほとんどない」
「ドコモのiPhone参入が4年前なら壊滅的な打撃だった」が、ネットワークの改善が進んだ結果、流出リスクはほとんどなくなった、と孫社長。今後の差別化要因となるネットワークは「世界最高」と胸を張る。(2013/9/30)

ソフトバンク ヘルスケア:
ソフトバンクモバイル、3G通信機能搭載の「スマート体組成計 301SI」を発表
ソフトバンクモバイルが、「ソフトバンク ヘルスケア」の第2弾として、「スマート体組成計 301SI」を2014年2月中旬以降に提供する。計測したデータをアプリやWebブラウザで確認したり、計測後にメールで送ったりできる。(2013/9/30)

ソフトバンクモバイル、2013年度冬春モデルを発表――「Hybrid 4G LTE」対応スマホが登場
ソフトバンクモバイルが、2013年冬モデルと2014年春モデルを発表した。スマートフォンの新製品4機種は、AXGPとFDD-LTEをサポートする「Hybrid 4G LTE」に対応している。フィーチャーフォン2機種とモバイルWi-Fiルーター1機種も発売する。(2013/9/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。