ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「単語」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「単語」に関する情報が集まったページです。

「ゆっくり茶番劇」が商標登録され物議 担当弁理士事務所「皆さまに愛されているとは知らず」
「ゆっくり茶番劇」という単語を商標登録したとするツイートが物議を醸している。同件を巡り、担当弁理士が所属する事務所は「皆さまに愛されているとしらずご迷惑をおかけした」と謝罪。一次創作元やニコニコ動画などが対応を検討している。(2022/5/16)

決してズルではない? 「Wordle」で行き詰まった時に候補を探せるサービスを試してみた
2022年に入ってからネットで大人気の単語当てゲーム「Wordle」。海外ではいま、そんな「Wordle」で回答に行き詰まった時、条件を入力することで候補語をリストアップしてくれるWebサービスが続々と登場しつつある。(2022/3/25)

ONE PIECE「ジョイボーイにDを足すとjoydboy=麦わらになる」というウワサが拡散 → そもそも「joydboy」という単語は存在せず
どこからそんな説が……。(2022/3/14)

iPhone Tips:
iPhoneでよく入力する単語や定型文を一発変換する方法
iPhoneには予測変換機能があるが、しばらく使っていないと自動で消去されてしまう。よく使う単語や定型文は「ユーザー辞書」に登録しておき、いつでも使えるようにするのがいい。(2022/2/13)

WordleのWebサイトがNew York Times下に
New York Timesに買収された人気単語推測ゲーム「Wordle」のURLが変わった。New York Timesのドメインになった。Wordleのロゴも変わり、[≡]が追加された。(2022/2/11)

四字熟語版Wordle「漢字ル」 はてなCTOが作成 部首のヒントがあっても激ムズ?
海外で人気の単語推測ゲーム「Wordle」にインスパイアを受けたクイズゲーム「漢字ル」が公開されている。基本的なルールはWordleと同じく、指定された回数の中で単語を当てる。漢字ルでは四字熟語を出題する。(2022/2/7)

5文字のポケモン言えるかな? 流行の単語当てクイズ「Wordle」のポケモン版をファンが制作
正解にじわじわ近づく過程が気持ち良い。(2022/2/1)

ポケモンの名前を当てる「Wordle」のようなゲームが面白い なお「ラー」は鬼門
人気の単語推測ゲーム「Wordle」にインスパイアされ、1月末にはポケモンの名前を当てるというゲームが相次いで登場した。(2022/2/1)

New York Times、人気ゲーム「Wordle」を買収 数億円規模か
The New York Timesがネットで人気の英単語推測ゲーム「Wordle」を買収した。今後もこれまで通り無料でプレイできる。Wordleの作者ウォードル氏は今後も運営に協力する。(2022/2/1)

お絵かきAIアプリ「Dream」がTwitterで流行 似てないようでどこか似てる“概念化された推し”が続々
単語を入力するだけで“それっぽい何か”が生成。(2022/1/12)

AI・機械学習の用語辞典:
tf-idf(term frequency - inverse document frequency)とは?
用語「tf-idf」について説明。各文書中に含まれる各単語が「その文書内でどれくらい重要か」を表す尺度で、具体的には「(ある文書における、ある単語の出現頻度)×(ある単語の文書間でのレア度)」などの計算値のこと。主に文書検索やレコメンデーションに使われている。(2021/12/23)

【そんなことある?】「すいません、母の命ください」「(命の母のことだろうな…)はい」
単語を逆にしてしまって、まさかの事態に。(2021/11/20)

「Twitterの検索結果が40件になったのは仕様変更」誤解広がる 実際は不具合で修正中
Webブラウザ版のTwitterが、単語などの検索結果が40件程度しか表示されない状態になっている。ユーザー間では仕様変更と誤解する声も出ているが、米Twitterは不具合としており、問題を修正している。(2021/8/18)

文字を“ディープフェイク”するAI、Facebookが開発 フォントや手書き感をコピーして別単語に変換
FacebookのAI研究チームは6月11日(現地時間)、写真に写るテキストから、そのフォントや手書きの癖をコピーできるAI「TextStyleBrush」を発表した。(2021/6/15)

そもそも「列車」って何? 1両編成でもなぜ「列」車なのか、実は奥が深い単語です
ディーゼル車なのに「電車」というとシュバッと怒られちゃいますし。(2021/6/13)

「大学入試 うんこ英単語2000」発売 「うんこがもれそうなので結論(conclusion)を」など、全例文に「うんこ」入り
「うんこドリル」シリーズ初の大学受験用教材として、 「大学入試 うんこ英単語2000」が登場。すべての例文にうんこを使った。「うんこがもれそうなので結論(conclusion)を先に言ってもらえますか?」(2021/6/1)

コクヨ、カバンの中で広がらない単語帳を発売 伸びるバンドでカードを固定、持ち運びやすく
ナイスアイデア。(2021/5/26)

なぜボブ・ディランが! みうらじゅん、「暇すぎて描いた」絵が要素てんこ盛りでクセになる
みうらさん「ふしぎな単語を羅列して世界を構築する楽曲にピッタリ」。(2021/5/21)

イーオン、英単語を学べるAlexaスキルを無償提供 初級者向けに58語を収録
イーオンがAlexaスキル「イングリッシュタイム」の無償提供を始めた。英会話初級者向けに英単語クイズなど1日5分、6日分のレッスンを提供する(2021/2/17)

星野源が40歳に いつまでも老いない見た目にファン驚がく「35位だと思ってた……」「もしかしてサイボーグ」
40歳という単語と星野さんが一致しない。(2021/1/29)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
2021年は「呪術廻戦」が“ネクスト鬼滅” 「〇〇の呼吸」はもう時代遅れに?
若年層の関心について検討を深めると、2021年は鬼滅の刃でよく用いられた「○○の呼吸」や「全集中」といったワードが、「領域展開」という決めゼリフに置き換えられつつあることが分かった。今回は、「領域展開」という“謎の単語”の理解を深め、21年のトレンドを確認したい。(2021/1/1)

スマホブラウザの「Smooz」がサービス終了 閲覧情報や検索履歴を意図せず送信
アスツールは12月23日、スマートフォン向けブラウザアプリ「Smooz(スムーズ)」のサービス終了を告知した。Smoozでは、閲覧したページや操作などの行動履歴、検索した単語などのデータを収集している。これらのデータ送信が、プライベートモードの利用時や、データの提供をオフにしているときも止まっていなかったことが判明した。(2020/12/23)

Google、医療関係者向け文書解析サービスをプレビュー公開 機械学習で単語を抽出、文書検索をアシスト
Googleが機械学習を利用して医療機関に貢献しようとしている。(2020/11/17)

車載情報機器:
単語3つでカーナビの住所入力が完了、HEREとwhat3wordsの提携で
HERE Technologiesとwhat3wordsは2020年10月22日、次世代の高精度カーナビゲーションシステムの提供で提携すると発表した。HEREのカーナビプラットフォームを採用する自動車メーカーは、カーナビの機能のアドオンとしてwhat3wordsを統合することができる。(2020/10/26)

「ポケモン取得ぞーッ!」「燻製肉太郎」 文章を古文っぽくするコンバーター 人気すぎて開発者は「気が気じゃなかった」
文章や単語を古文に変換する「古文にする」というコンバーターが、Twitterで話題に。開発者に制作の理由や仕組みを聞いた。(2020/10/2)

Tech TIPS:
「Google日本語入力」を統合する「Gboard」で単語をユーザー登録する方法
スマートフォン/タブレットの日本語入力システム(IME)では、会社名や人名などが一発で検索できないことがよくある。そんな場合は、IMEの辞書に単語を登録すればよい。Android向けの「Gboard」で単語を登録する手順を解説。(2020/9/30)

Web会議の議事録を自動作成、頻出単語の分析も ユーザーローカルが無料公開
ユーザーローカルが、Web会議の議事録を自動で作成するサービスを無料公開。会議の内容をテキストとして自動で保存できる。(2020/9/16)

「機能性食品」をどこで区切るのか:
「文節内の主語に当たる単語を区別して学習」 日本語自然言語処理ライブラリのバージョンアップ版をリクルートが提供
リクルートは、Python向けの日本語自然言語処理ライブラリ「GiNZA version 4.0」をオープンソースで無償提供した。多言語対応自然言語処理フレームワーク「spaCy version 2.3」に合わせてライブラリを再設計した。(2020/8/18)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
革命かパンドラの箱か、新AIツールGPT-3の波紋
GPT-3は、英単語や短い文章をインプットすると、関連する「それらしい」テキストを自動生成するツールだ。文章だけでなく、プログラムコードや楽譜を自動的に生成するデモンストレーションも登場した。(2020/7/29)

文章を書きながら推敲できるメモ帳アプリ 校正や単語の言い換えをボタン1つで
NTTレゾナントが、ボタン1つで文章を校正したり、ある単語の別の表現を検索したりできるメモ帳アプリ「idraft by goo」をリリース。ブログや資料の文章をより表現豊かにできるという。(2020/7/28)

App Town 仕事効率化:
辞書検索や校正機能付き SNSやブログの文章作成に使える「idraft by goo」アプリ
NTTレゾナントは、スマホ向け文章作成アシストアプリ「idraft by goo」のiOS版を提供開始。辞書検索、文章の下書き、校正・単語の言い換え機能を備え、ブログやSNSでの文章作成をサポートする。Android版は2020年8月頃に提供となる予定だ。(2020/7/27)

AlexaやGoogle、Siriを調査:
起動コマンドを間違える音声アシスタント、どの単語がまずいのか?
ルール大学とマックスプランクサイバーセキュリティアンドプライバシー研究所の研究者のチームは、音声アシスタントがウェイクワード(音声による起動コマンド)と誤認する言葉を調査した。その結果1000以上の音声シーケンスが見つかった。(2020/7/7)

言語心理学や言語教育などに活用:
平成から令和で「なじみ深さ」が変わった単語とは NTTが令和版単語親密度データベースを構築
NTTは、約16万3000語からなる「令和版単語親密度データベース」を構築した。約20年前に作成した、約7万7000語からなる平成版データベースを更新。さらに語彙数調査を実施して、各学年・年齢での語彙獲得状況をモデル化した。(2020/6/5)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
変わり始めたBCPの常識、ビジネス機会の損失を最小化するシステム復旧手法とは
ITにおいてレジリエンス(回復力)という単語を耳にする機会が多くなった。ITがビジネスと直結する今、災害でもサイバー攻撃でも早期に復旧できる計画・体制づくりが欠かせない。このレジリエンシー対策にどう取り組めばよいのだろうか。(2020/5/19)

Google Lensアプリ、手書き文字をデータ化してPCに転送する新機能
Googleの画像情報検索アプリ「Google Lens」で取り込んだ手書き文字をPCに転送できるようになった。100カ国語の単語を音声で再生する機能(Androidのみ)と単語の意味を解説する機能も追加された。(2020/5/8)

ランダムな単語が延々流れ落ちるサイトが癒やされる 「なんだか落ち着く」「スクリーンセーバーにしたい」
小説や作詞など、発想のきっかけになるかも。(2020/4/30)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
いまさら聞けない自動車の動力源の話 ICE編 1
ここ最近、クルマの話題で、いろいろと耳慣れない単語が増えている。ICEやレンジエクステンダーやシリーズハイブリッド、マイルドハイブリッドなど、分かるような分からないような単語が多い。実はITmediaビジネスオンラインの編集部でも「クルマの記事は難しい」という声が出ているらしく、一度おさらいをしておこう。(2020/3/2)

IT基礎英語:
insightの翻訳に求められる洞察力
訳しにくい単語の一つ、「insight」。「洞察」だとしっくりこない、その理由は?(2020/2/26)

Netflix、嵐のドキュメンタリー独占配信 Twitterで「月額800円」などトレンドに
Netflixが人気アイドルグループ「嵐」のオリジナルドキュメンタリー番組を全世界で独占配信する。Twitterでは「ネトフリ」「ドキュメンタリー」「月額800円」など関連する単語がトレンド入りした。(2019/12/13)

Google検索結果に発音練習機能と画像表示
モバイルのGoogle検索で例えば「quokkaの発音は?」などと検索すると、音声での発音を再生できるだけでなく、マイクに向かって発音して練習できる機能が、まずは米国の英語版で可能になった。単語の翻訳や定義の検索では画像が表示されるようになった。(2019/11/15)

Tech TIPS:
【Windows 10】Microsoft IMEに単語を一括登録する
Microsoft IMEによく利用する社名や人名などをユーザー辞書に一括登録する方法を紹介する。単語リストをテキストファイルで用意し、Microsoft IMEユーザー辞書ツールで読み込めばよい。(2019/11/15)

「部門間の壁」がビジネススピードを落とす:
PR:従来型組織でもDevSecOpsを実現できる「3つのポイント」とは
注目を集める「DevSecOps」。単語自体は知っていても、具体的にどんな取り組みを指すのか、どうもふんわりしていてつかめないという人は少なくない。その本質は何か――そんな疑問を解き明かすヒントを紹介しよう。(2019/11/6)

パッチ未公開の脆弱性に関する脅威
「ゼロデイ脆弱性」と「ゼロデイエクスプロイト」の違いとは?
セキュリティ分野に「ゼロデイ脆弱性」と「ゼロデイエクスプロイト」という2つの専門用語がある。一見すると同じような単語だが、両者の違いは何か。(2019/9/26)

知らない単語でも意味を推定するAI、東芝が開発 「専門用語を理解できない」解消へ
東芝が、システムに登録されていない未知の単語でも、単語の特徴や文脈から意味を推定して学習できるAIを開発したと発表した。(2019/9/17)

「often」と「sometimes」どっちが頻度高い? コアラで英単語を使い分けるイラスト、「授業で使いたい」と好評
「sholud(はずだ)」と「can(あり得る)」の差などを視覚的に説明。(2019/6/19)

IT基礎英語:
Data Compromise=情報流出は正解か
compromiseという単語は日本語にしにくい、一筋縄ではいかない言葉だ。(2019/6/17)

言い間違いを容易に編集:
話者の動画を与えると単語を容易に修正できる手法を開発、スタンフォード大などの研究チーム
スタンフォード大学などの研究者のチームが、話者の動画を容易に編集する手法を編み出した。人物の肩から上の映像を使うだけで、口にしていない単語を埋め込み、修正できる。修正方法は文字起こししたテキストを編集するだけという手軽さだ。(2019/6/11)

新連載「IT基礎英語」:
security patch:ソフトウェアのばんそうこう
IT関連の英語ニュースに出てくる単語、気になった表現を取り上げて解説します。第1回は、security patch。(2019/5/23)

検索語に含まれない結果を出力:
Microsoft、Bingの概念検索に使用するAIライブラリ「SPTAG」をオープンソース化
Microsoftは、検索エンジン「Bing」で使用する高速な近似最近傍探索ライブラリ「SPTAG」をオープンソースソフトウェアとして公開した。単純な単語の検索ではなく、関連性の高いベクトル探索が可能になる。(2019/5/17)

柔軟な働き方にニーズ:
求職者の意識は「時短」や「テレワーク」に、Indeedが過去6年間のデータを分析
Indeed Japanは「柔軟な働き方」に関する求職者の意識調査結果を発表した。2019年4月から働き方改革関連法が順次試行されることを受けた。Indeedで検索された柔軟な働き方に関連する単語の検索数は、6年間で約2.8倍に増加した。検索数が最も増えた単語は「時短」で約10.4倍。検索数第1位は「在宅」だった。(2019/4/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。