ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「単語」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「単語」に関する情報が集まったページです。

「often」と「sometimes」どっちが頻度高い? コアラで英単語を使い分けるイラスト、「授業で使いたい」と好評
「sholud(はずだ)」と「can(あり得る)」の差などを視覚的に説明。(2019/6/19)

IT基礎英語:
Data Compromise=情報流出は正解か
compromiseという単語は日本語にしにくい、一筋縄ではいかない言葉だ。(2019/6/17)

言い間違いを容易に編集:
話者の動画を与えると単語を容易に修正できる手法を開発、スタンフォード大などの研究チーム
スタンフォード大学などの研究者のチームが、話者の動画を容易に編集する手法を編み出した。人物の肩から上の映像を使うだけで、口にしていない単語を埋め込み、修正できる。修正方法は文字起こししたテキストを編集するだけという手軽さだ。(2019/6/11)

新連載「IT基礎英語」:
security patch:ソフトウェアのばんそうこう
IT関連の英語ニュースに出てくる単語、気になった表現を取り上げて解説します。第1回は、security patch。(2019/5/23)

検索語に含まれない結果を出力:
Microsoft、Bingの概念検索に使用するAIライブラリ「SPTAG」をオープンソース化
Microsoftは、検索エンジン「Bing」で使用する高速な近似最近傍探索ライブラリ「SPTAG」をオープンソースソフトウェアとして公開した。単純な単語の検索ではなく、関連性の高いベクトル探索が可能になる。(2019/5/17)

柔軟な働き方にニーズ:
求職者の意識は「時短」や「テレワーク」に、Indeedが過去6年間のデータを分析
Indeed Japanは「柔軟な働き方」に関する求職者の意識調査結果を発表した。2019年4月から働き方改革関連法が順次試行されることを受けた。Indeedで検索された柔軟な働き方に関連する単語の検索数は、6年間で約2.8倍に増加した。検索数が最も増えた単語は「時短」で約10.4倍。検索数第1位は「在宅」だった。(2019/4/22)

「リアルタイム検索」の技術を一部公開:
ヤフーがAI技術をOSSで公開、単語間の関係性を短時間で学習
ヤフーは、分散表現の学習時間を短縮するAI技術「yskip」を、オープンソースソフトウェアとして公開した。分散表現はテキストに含まれる単語間の関係性を学習させ、単語同士の意味の相違を推定する際に利用する技術。既存の技術と同等の精度を保ちつつ、学習時間を短縮できた。(2019/4/19)

水曜インタビュー劇場(客の声公演):
ネットに接続できなくても、カシオの電子辞書が売れている秘密
国内の電子辞書は苦戦しているのに、長年にわたって売れ続けている商品がある。カシオ計算機のエクスワードだ。スマホがあれば英単語などの意味を調べることができるのに、なぜカシオの電子辞書は売れているのか。その秘密を聞いたところ……。(2019/4/10)

新元号「令和」を一発変換するには?
平成に代わる新元号は「令和」(れいわ)に。あまり聞きなれない単語だが、PCやスマートフォンで一発変換できるのだろうか。(2019/4/1)

製造ITニュース:
クラウドやBIなどの成熟が追い風、進化しながら変容するERP市場とインフォアの戦略
「ERPという単語を単体で切り取って考えたり、ERPをクラウドにただ載せ替えただけのことを『クラウド』と表現したりするのは好きじゃない」と断言するのは、2018年11月にインフォアジャパンの代表取締役社長に就任した飯尾光國氏だ。(2019/2/4)

ボカロ曲で学べる参考書シリーズに待望の高校版登場 みきとPによる日本史の“年代暗記ソング”が先行公開中
歌で歴史や英単語を覚える!(2019/1/13)

企業は“福利厚生の充実度”アピール:
18年版「急増求人ワード」から見えてきた「飲食店の人手不足」問題 ビズリーチ調べ
ビズリーチは12月17日、正社員とパート・アルバイト求人のタイトルに含まれる単語のうち前年から急増した単語の調査結果を発表。正社員求人では「飲食」(4.18倍、2万923件)が1位となった。(2018/12/17)

いでよ、APPLE! 魔法陣に「英単語」を書き込むと“召喚”できるARアプリ「スペルマスター」がかっこいい
いろんな英単語を試したくなる……!(2018/12/12)

「Google翻訳」、ジェンダーバイアス排除のため性別の選択が可能に
Googleが、「Google翻訳」で、例えば英語の「外科医」が単語に性別のあるフランス語で「男性の外科医」と翻訳される「ジェンダーバイアス」を排除するため、翻訳結果で性別を選べるようにした(日本語はまだ未対応)。(2018/12/7)

エンジニア、コンサル、BPOが人気:
人手不足で「RPA人材」の需要拡大 求人数は前年比6倍、年収3000万円の案件も
RPA人材の需要が急拡大していることが、ビズリーチの調査で判明。同社の求人検索エンジンを調べたところ、「RPA」の単語を含む求人は前年同月比6.4倍の1961件、最高提示年収は3000万円だった。(2018/11/20)

「たくさん わらってくれて ありがとう」 娘への感謝を単語帳につづる「子育てライフハック」が温かい
単語帳は、現在は成長した娘さんの宝物になっているそうです。(2018/11/9)

全世界の住所を3つの単語に置き換えた「what3words」、ソニーのファンドから資金調達
3つの単語でピンポイントで場所を伝える位置情報技術を開発したイギリスのベンチャー企業what3wordsが「Sony Innovation Fund」から資金調達を実施する。(2018/11/7)

Googleさん:
「Pixel 3」発表イベントでGoogleが周到に隠したもの
Googleは、新ハードウェア発表イベント「Made by Google」で、前日話題になった個人情報流出リスクに触れませんでした。それとは別に、1度も発せられなかった単語があります。それは、「Android」。(2018/10/12)

日本語の意味を考慮して検索:
人工知能を使った全文検索システム、住友電工情報システムが発売
住友電工情報システムは、日本語の意味を踏まえて検索できる全文検索システムを発売する。人工知能を活用して構文解析と意味解析を行い、単語の係り受けや、肯定/否定表現、動詞の同義語を考慮した上で検索できるという。(2018/9/3)

いろんな単語で検索したくなる 入力した「単語」に関連する色を表示するサイト
どんな単語でもカラーパレットができあがります。(2018/9/2)

どやらき の リニュアール:
「だじいな おらしせ」――広告の文字を並べ替えたら、老舗店のどら焼きが大ヒット
富山県の老舗どら焼き店「中尾清月堂」が、3月に展開した「タイポグリセミア現象」を利用した広告戦略の成果を発表。単語を構成する文字を並べ替えても、人間が問題なく読めてしまう現象で、広告に「だじいな おらしせ(だいじなおしらせ)」などと掲載。大ヒットにつながったという。(2018/7/30)

Apple、iOSやmacOS、Windows向けiCloudなどのセキュリティ情報公開
iOS 11.4.1で修正された絵文字関連の脆弱性では、「台湾」という単語を入力するたびに、アプリケーションがクラッシュすると報告されていたという。(2018/7/11)

Tech TIPS:
Google日本語入力の辞書に単語を登録する(Windows OS編)
Google日本語入力は高い変換効率を誇るが、それでもうまく変換されない単語もある。そのような場合、ユーザー辞書に単語を登録するとよい。よく利用する長い単語を短い「読み」で登録しておけば、入力効率を上げることも可能だ。Google日本語入力で単語を登録する方法を紹介する。(2018/6/12)

パターン青、相手は非ヲタだどうする!? 「ヲタクに恋は難しい」5話
【ネタバレあり】ヲタクと非ヲタはそもそも単語が通じない。(2018/5/11)

Google Playのオーディオブックに「3倍速朗読」や「スマートレジュメ」などの新機能
Googleが1月から販売しているオーディオブックに、朗読の単語の途中で停止すると意味が分かるようにさかのぼって再開する機能や3倍速で朗読する機能などが加わった。(2018/3/30)

App Town ユーティリティ:
ビジネス文書作成に特化 iOS向け音声入力アプリ「AmiVoice SBx」
アドバンスト・メディアは、3月6日にiOS向け音声入力キーボードアプリ「AmiVoice SBx」をリリースした。アプリを問わずマイクに向かって話すだけでビジネス文書を作成でき、文字変換を指定する単語登録機能や定型文登録などのカスタマイズ機能も備えている。(2018/3/6)

老舗辞書Merriam-Websterに「ビットコイン」や「ブロックチェーン」
Merriam-Websterのオンライン版辞書に「blockchain」「Bitcoin」「cryptocurrency」「initial coin offering」などの単語が追加された。(2018/3/6)

「ねとらぼ」→「弁当箱」 入力した単語の母音を解析し韻を踏んでくれる検索サイト「韻ノート」
「ねとらぼ」→「レッドマンを」のように、助詞を含めると韻になる言葉も出てきます。というか、固有名詞に強いな。(2018/2/21)

福田昭のデバイス通信(139):
半導体メモリのチップとパッケージとシリコンダイ(前編)
「チップ」「デバイス」という単語から想像するイメージは、業界やコミュニティーによってずれがある。では、どのようなずれがあり、なぜ、ずれが生じたのだろうか。(2018/2/21)

Over the AI ―― AIの向こう側に(19):
未来を占う人工知能 〜人類が生み出した至宝の測定ツール
今回は、統計処理技術についてお話します。え? 統計? それってAIなの?――そう思われた読者の方、確かにAI技術とは言えません。ですが、統計処理技術はAIの根底を成すものであり、これを知らないままでは、「英単語を知らずに英語を話そうとする」ようなものなのです。(2018/1/31)

ディープラーニング習得、次の一歩:
挑戦! word2vecで自然言語処理(Keras+TensorFlow使用)
自然言語のベクトル化手法の一つである「word2vec」を使って、単語間の関連性を表現してみよう。Keras(+TensorFlow)を使って実装する。(2018/1/30)

機械の心を読むのじゃ…… スマートスピーカーにお題の単語を喋らせるアナログカードゲーム登場
スマートスピーカーのチュートリアルにどうぞ。(2018/1/21)

おまとめ こぐまのケーキ屋さん:
しんしょうひんができました こぐまのケーキ屋さん(5)「プリンアラモード」
言いにくい単語ってあるよね……。(2018/1/14)

英単語の問題を自動作成 ベネッセ、ソフトバンクらが実証研究へ
ベネッセホールディングスとソフトバンク、Classiは、東京工業大学と自動問題作成を実用化するための実証研究を開始する。(2018/1/10)

多言語対応で外国人の接客も可能に:
在庫確認や個別の商品提案も――SPJ、小売業に特化したAI接客システムを発売
SPJは、小売業に特化したAI(人工知能)接客システムを発売する。対応可能な単語や業務内容を小売業の接客に絞り込むことで回答精度を高め、来店客との対話内容も学習可能だ。(2017/12/5)

服部平次歓喜 人前でコナンを「工藤」と言ってしまったときごまかしに使える単語を論理的に算出した一覧が完成
せやかて苦行! せやかて食堂!(2017/11/15)

「会いたかったもん」森且行、稲垣・草なぎ・香取と21年ぶり共演、暴露話に花を咲かせる
「森くん」の単語はTwitterのトレンドワード世界1位に。(2017/11/4)

映像を見て感じた内容を言語化、脳波で推定
人間の脳波を読み解き、目で見て感じた内容を、1万単語で言語化する技術を、NICTが開発した。(2017/11/1)

絶対に検索してはいけない単語“ががばば” 「世にも奇妙な物語」でまさかの復活
絶対に検索するなよ!(2017/10/13)

「シャーロック・ホームズ」全作品を翻訳した英語学習法 TOEICにはオーバースペックな“最強単語帳”の作り方とは?
語彙力こそパワー。(2017/9/28)

Google、音声認識システム訓練用データセットをオープンソースで提供
Googleが、クラウドソーシングで集めた6万5000件の短い英単語の音声録音のデータセット「Speech Commands Dataset」をオープンソースで公開した。Mozillaも年内の1万時間分のデータ公開を目指している。(2017/8/28)

単語エラー率5.1%を達成:
Microsoftの音声認識技術、「テープ起こしのプロ」の精度に 研究チームが発表
Microsoftの研究チームは、Switchboard音声認識タスクで「5.1%」の単語エラー率を達成したと告知。2016年に「音声文字起こしのプロ並みにエラーが少ない」とした単語エラー率5.9%を上回る数値を記録した。(2017/8/23)

「キャトルミューティレーション」は一般人が知らない単語? 編集者の発言を発端にネットで激論勃発
知ってるわよそのくらい!!(2017/6/22)

トランプ米大統領が深夜に突然ツイートした謎の単語「covfefe」が流行 さんざんネタにされる事態に
寝落ち投稿かな?(2017/6/3)

Appleユーザー、老舗辞書Websterの新語「sheeple」の用例に登場
Merriam-Websterの辞書に新語として追加された「sheeple」という単語の用例に、iPhoneケースについての米ジャーナリストのコメントが採用された。(2017/5/1)

iPhone Tips:
iPhoneでWebサイトの単語を素早く検索する
(2017/4/13)

宮田健の「セキュリティの道も一歩から」(11):
製造業セキュリティの頻出単語「Stuxnet」を5分で知ろう
「モノづくりに携わる人」だからこそ、もう無関心ではいられない情報セキュリティ対策の話。でも堅苦しい内容はちょっと苦手……という方に向けて、今日から使えるセキュリティ雑学・ネタをお届け! 今回は2010年に登場したマルウェア「Stuxnet」について取り上げます。(2017/2/1)

叶姉妹は以前から“童貞を殺すセーター”を着用していた……!? 「ヒップの谷間」がファビュラスすぎるセクシーショットを続々公開
叶姉妹のブログに「童貞」という単語が載ってしまった……!(2017/1/28)

現場管理:
音声認識で議事録作成を自動化、建設業界に特化した新サービス
建設・不動産業界で頻繁に行われている作業の1つーー「議事録作成」。アドバンスト・メディアはこうした議事録作成を自動化できるサービスの販売を開始する。同社の強みとする音声認識技術を活用したサービスで、建設・不動産業界特有の単語にも対応。最大で議事録作成にかかる時間を約5割削減できるという。(2017/1/18)

曲を流して「J-POPの頻出単語」で取り合うかるた「狩歌」 ゲーム性も高いし歌詞の魅力が再発見できる
かるたに歌を融合させたカードゲーム「狩歌(かるうた)」。酒盛りしながらやってみたら楽しすぎたのでその魅力をご紹介。(2017/1/3)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。