ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「広告業界」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

インパクト強め体験談で効能うたうネット広告の舞台裏露呈
健康食品に病気への効能があるかのように宣伝したとして、大阪府警が東京の販売会社などを医薬品医療機器法違反容疑で摘発した。広告主と広告代理店が両方摘発されたことから、行政指導の実効性がこれまでよりも高まるとする見方もある。(2020/10/27)

今日のリサーチ:
広告業界の倒産、4年連続増加の可能性も――帝国データバンク調査
広告関連業者の倒産動向調査(2020年1〜9月)の結果です。年末に向け、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響が広告業界にも及んでいるようです。(2020/10/16)

オフピーク銭湯:
老舗銭湯、逆転発想で「密を見える化」 広告代理店から転職、異色の“銭湯革命児”がひらめいた秘策
「今日は混んでいますか、という電話がとても多かったです」――コロナ禍で換気・消毒などの作業が増える中、人気銭湯「小杉湯」が直面したのはそんな課題だった。そんな中、思いついたのは時間ごとに混雑状況が分かるグラフを、Twitterなどで発信する「オフピーク銭湯」の取り組み。約12年間勤めた外資系広告代理店を辞めて小杉湯に転職したという異色のキャリアを持つ仕掛人、菅原理之さんにその背景を聞いた。(2020/9/29)

トヨタと電通、DX推進で新会社 マーケティングを変革「広告代理店の枠組みを超える」
トヨタ自動車が、マーケティングの変革や新規事業の立ち上げを目的に、電通グループと新会社を設立する。(2020/9/16)

ファミマとドコモ、広告で新会社 購買データ活用
NTTドコモ、ファミリーマート、伊藤忠商事、サイバーエージェントが、広告事業を手掛ける新会社「データ・ワン」を設立すると発表した。(2020/9/2)

依頼者は底つき:
ミネルヴァ、3年前から預かり金流用か 過払い金ビジネス終焉
51億円の負債を抱えて破産した「東京ミネルヴァ法律事務所」が、依頼者から預かった過払い金を3年ほど前から広告費に流用していた疑いがあることが分かった。(2020/7/31)

今日のリサーチ:
広告代理店83社の経営者に聞いた経営課題――Shirofuneと才流が調査
アンケートで分かった課題の傾向。売上・利益率の低さに加え、スキル不足や長時間労働なども課題になっています。(2020/7/22)

広告プラットフォームをリブランディング:
「TikTok For Business」誕生 中小企業支援やクリエイターとのマッチングで新展開も
TikTokでブランドの声を広げるための新しいプラットフォーム「TikTok For Business」が誕生。運営会社のBytedanceで広告事業のトップを務める西田真樹氏が詳細を語った。【訂正あり】(2020/7/13)

Alphabet決算は増収増益だがGoogleの広告事業は「3月に大幅に鈍化」
Googleを傘下に持つAlphabetの1〜3月期の決算は売上高は13%増、純利益は3%増で、純利益はアナリスト予測を下回った。新型コロナの影響で「3月に広告収益が大幅に鈍化した」とCFOが語った。(2020/4/29)

LINE、20年度1Qは最終赤字82億円 広告事業は好調も、「FRIENDS STORE」の営業自粛など響く
LINEが2020年12月期第1四半期(1〜3月)の連結決算を発表。最終損益が82億8300万円の赤字だった。広告事業は好調だったが、グッズ店「LINE FRIENDS STORE」の営業自粛などが響いたとしている。(2020/4/28)

サイバーエージェント藤田社長「コロナの影響は3Q以降」 好調のネット広告で「出稿キャンセル」などの動き
サイバーエージェントが、2020年1〜3月期決算を発表した。売上高と営業利益共に好調だったが、4月以降は新型コロナウイルスの影響で広告事業の売上高が減少する見込みという。(2020/4/22)

「つながり続けること」の重要性:
LINE広告の2020年の現況と新型コロナウイルス感染拡大下でのLINEの取り組み
「LINE Biz Online Conference」で明かされたLINEの広告ビジネスに関する概況と最新アップデートについてまとめた。(2020/4/20)

「文脈ターゲティング広告」を実現するGumGumの舞台裏
広告企業が「クラウドソーシング」で機械学習の教師データを整備 利点と課題は
独自の画像認識テクノロジーを持つ広告関連企業のGumGumは、クラウドソーシングでデータにタグ付け(アノテーション)をするFigure Eightのサービスを利用して、教師データを整備している。そのメリットと課題とは。(2020/4/16)

今日のリサーチ:
「2019年 日本の広告費」におけるインターネット広告媒体費の詳細――電通グループ4社が分析
媒体の種別でみると動画広告が飛躍的に伸長しており、取引手法では運用型広告が全体の約80%を占めるに至りました。(2020/3/18)

ネット広告費、6年連続2桁成長で初のテレビ超え 検索サイトやSNSを中心に堅調な伸び
電通は、日本のインターネット広告費が、1997年の調査開始以来初めてテレビ広告費を追い越し、2兆円規模になったと公表した。検索サイトやSNSでの広告を中心に堅調な伸びを見せた。(2020/3/11)

今日のリサーチ:
電通「2019年 日本の広告費」 インターネット広告費が初の2兆円超えでテレビを逆転
「物販系ECプラットフォーム広告費」と「イベント」領域も含めた日本の総広告費は通年で6兆9381億円になりました。【訂正あり】(2020/3/11)

ステマ騒動で流れたうわさ「PRを付けるとTwitter社に広告費を払う必要がある」 Twitter社は「事実ではない」
ステマ騒動の中で真偽の怪しい情報が流れていました。(2019/12/12)

アルバイト採用支援ツール開発者に聞く:
「an」終了にみるバイト求人の本当の課題 テクノロジーは人材広告業界の不透明性を解消できるか
パーソルグループ傘下のSEEDS COMPANYで、スマートフォンに特化した業界初の採用支援ツール「x:eee(エクシー)」の事業責任者を務める陳シェン氏に話を聞いた。(2019/12/9)

XRやAI領域でのプロダクト人材を探す:
年収の上限なし KDDIが「イノベーション人材」の募集を開始 年齢や経歴も不問
KDDIが「イノベーション人材」の採用を開始した。年齢や経歴は問わず、年収に関しても上限を設けないという。今回が2回目となる採用で、前回は40代の広告事業経験者を採用した。5Gの本格展開を控え、新たな領域でのサービス開発を担う人材を採用する狙いがある。(2019/11/14)

2019年9月期決算発表:
Abema TV、2019年9月期は過去最高の視聴者数獲得 最も見られた番組は?
サイバーエージェントは10月30日、2019年9月期の決算発表を行った。連結売上高は過去最高を更新し、4536億円となった。また、Abema TVでは過去最高の視聴者数を獲得。本業であるインターネット広告事業では景況感の見通しが不安な現状を踏まえ、今期は成長を続けるAbema TVでの変革を掲げた。(2019/10/31)

広告代理店勤務の女性が漫画で告白 彼女を追いこんだパワハラと長時間労働の実態
命にかかわるほどの壮絶な話です。(2019/9/9)

サイバーエージェント、AI事業本部を発足 AI活用強化へ
サイバーエージェントが、AI事業本部を発足させた。AIを活用したデジタル広告事業の強化や、新規AI事業の開発を行う。(2019/9/3)

今日のリサーチ:
インターネット運用型広告の出稿先、50%がGoogle 年間400億円分――EVERRISE調べ
EVERRISEは、インターネット広告媒体費の多くを占める「運用型広告費」のうち、同社のサービスであるHARBESTに収集された2018年1年間の計801億円分の運用データについて、広告費の支払先を分析しました。(2019/8/22)

今日のリサーチ:
電通グループ3社が物販系ECプラットフォーム広告費を推計
2018年実績は1123億円(前年比120.6%)。2019 年予測は1441 億円で前年比128.3%の高成長見通し。(2019/8/9)

今日のリサーチ:
ネット広告代理市場、2018年度は1兆3660億円――ミック経済研究所調査
ミック経済研究所は、ネット広告代理市場およびWebソリューション市場それぞれの実態を調査分析した資料を発刊しました。(2019/7/30)

同人誌まとめサイト「同人あんてな」に同人作家が1000万円請求 香港企業装い運営か
広告代理店などを通じて調査したところ、日本人が運営していたことが分かったそうです。(2019/7/11)

ヤフーが広告用語で“大量の商標出願” 「先取りを防ぐため」「独占の意図はない」と説明
ヤフーがネット広告業界で広く使われている用語の商標登録を相次いで出願。同社は「独占の意図はない」「業界で広く使えるようにする」と説明。(2019/7/8)

「AbemaTV Ads CONFERENCE 2019」レポート:
テレビにできなくてAbemaTVにできること 『カメラを止めるな!』スピンオフドラマ施策に学ぶ
AbemaTVが2019年5月24日に開催した広告代理店向け事業戦略発表会「AbemaTV Ads CONFERENCE 2019」のトークセッションの内容を紹介する。(2019/7/2)

デジタル広告費のシェア、総広告費の4割超に テレビ広告との差が開く 電通が予測
2019年には、世界のデジタル広告費が広告費シェアの41.8%を占める――電通イージス・ネットワークが、そんな予測を発表。(2019/6/13)

目指すのは、ビジネスKPIに則した広告配信の全体最適化:
人工知能「Adobe Sensei」は日本のデジタル広告市場をどう変えるのか
「Adobe Advertising Cloud」の事業責任者に広告業界で経験豊富なエキスパートが就任。日本市場でいよいよ本格展開するAdobeの広告プラットフォームは企業のどのような課題を解決するのか。(2019/6/13)

今日のリサーチ:
AmazonがAppleとGoogleを抑えトップブランドに――BrandZ 2019
世界最大級の広告代理店WPPとその調査・コンサルティング業務を担うKantarによる「世界で最も価値のあるブランドTop100」の結果が発表されました。(2019/6/13)

毎年200億円赤字でもやり続ける理由:
藤田 晋社長がAbemaTVに挑む背景 広告業界における「一番クリティカルな問題」とは?
「何を言われても執念深く最後までやり切ろうと思っている」。藤田 晋社長は広告代理店向け事業戦略発表会「AbemaTV Ads CONFERENCE 2019」で力強く語った。(2019/5/27)

買収したManageとの統合も視野に:
Criteoがモバイルアプリ広告事業を強化、新規獲得と既存顧客活性化のためにできること
インストール、リエンゲージメント、ダイナミックリターゲティングで、Criteoが企業のモバイルアプリ活用を支援する。(2019/5/17)

ヤフー、持ち株会社化で「Zホールディングス」に 目指すは「PayPay」の収益化
ヤフーが10月1日をめどに持ち株会社制に移行すると発表。社名を「Zホールディングス」に変更し、「Yahoo!JAPAN事業」を分割した「ヤフー」と、金融子会社を統括する中間持ち株会社をその下に新設する。増収増益に向け、広告事業の強化と「PayPay」の収益化を目指す。(2019/4/25)

“おいしいデータ”で、成果が出るAIモデルを育てる(3):
AIで顔や広告を自動生成――サイバーエージェントは学習データをどのように集めたか?
「AIに広告を自動生成させる」――サイバーエージェントでインターネット広告事業本部の毛利真崇氏が、現在取り組んでいるAIモデル研究開発について語った。(2019/4/24)

ポイントだけ抜粋:
電通「2018年 日本の広告費」を発表
電通「日本の広告費」2018年版のポイントをインターネット広告中心にざっくりまとめ。(2019/2/28)

「LINE Biz-Solutions Day 2019」レポート:
LINEの「リデザイン」が本格化、2019年の広告事業はこうなる
2018年8月に運用型広告配信プラットフォーム「LINE Ads Platform」を大幅刷新し2018年12月には公式アカウントのサービス体系を改めたLINE。「リデザイン」の進捗と2019年の展望が明かされた。(2019/2/21)

UUUM、業績予想を上方修正 18年6〜11月期の売上、前年比1.8倍に
UUUMが2019年5月期通期の連結業績予想を上方修正。動画広告市場の成長が追い風となり、アドセンス事業と広告事業の収益が前年比73%増と好調だった。(2019/1/11)

日本は世界で2番目の市場、成長率ではトップ:
Twitter Japanが事業戦略を発表、2019年は「異次元の高収益を目指す」
Twitter Japanが2018年末に開催した事業戦略説明会より、広告ビジネスに関するポイントを紹介する。(2019/1/4)

残業しない20代が増えている:
「残業が多い業界」ランキング マスコミ・広告・建築を抜いて1位だったのは……?
転職・就職のためのリサーチサイト「Vorkers」が、業界別の月間平均残業時間を発表。3位は「広告代理店・PRなど」、2位は「建設・土木・設備工事」だった。1位は……?(2018/11/27)

改善の余地はまだあり:
広告業界で「最も残業時間が少ない企業」ランキング 5位の電通は約50時間 1位は……
広告業界で残業時間が最も少ない企業は? 転職口コミ情報サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイがまとめた結果、2位はサイバーエージェントで37.2時間だった。1位は……(2018/11/20)

3社でネット広告シナジー:
VOYAGE GROUPとCCIが経営統合 電通傘下に
VOYAGE GROUPと電通100%子会社のメディアレップ、サイバー・コミュニケーションズが経営統合(2018/10/31)

「はてな匿名ダイアリー」でGoogleかたる不正広告 運営が注意喚起
はてなが運営するWebサービス「はてな匿名ダイアリー」で、Googleを装う不正広告が表示されているという。原因となる広告事業者を特定するため、同社はユーザーに対して情報提供を呼びかけている。(2018/10/19)

「China-Japan Internet Celebrity Summit2」レポート:
中国と日本、それぞれどうなっている? 当事者が語るインフルエンサーマーケティング最新事情
中国ではKOLと呼ばれるインフルエンサーが広告ビジネスにおいて中心的な役割を担い、アパレルや化粧品ブランドを独自で立ち上げるなどビジネスのスケールを拡大している。一方日本では……。(2018/9/28)

ヤフー、アドフラウド(不正広告)対策で一部広告事業者を配信停止に
インターネット広告の健全化に向けて大きな一歩になる、かも。(2018/9/20)

通期は増収増益を予想:
RIZAPが年初来安値 出店費・広告費増で1Qが赤字に転落
RIZAPグループの株価が急落し、年初来安値を更新。13日に発表した2018年4〜6月期の連結決算が赤字だったため。出店費・広告費が増加したためだが、通期では増収増益を見込む。(2018/8/14)

広告代理店「グローバルネット」がJIAAを退会 漫画村含む海賊版サイトへの広告配信や不正広告に関与
関連会社には「MEDIAD2(メディアド2)」を運営しているエムエムラボなどがあります。(2018/7/31)

AT&T、大手デジタル広告技術企業AppNexusを買収
米通信大手のAT&Tが、デジタル広告市場大手のAppNexusを買収する。先日買収を完了したTime Warnerなどの動画コンテンツでの広告事業を強化していく。(2018/6/26)

広告入出稿の自動化を支援:
広告事業に特化したRPA導入コンサルティングサービス、イー・ガーディアンが提供開始
イー・ガーディアンは、広告の入出稿に関わるランニングコストを人×RPAの力で大幅削減するサービスを提供開始した。(2018/6/25)

デジタル広告がけん引し、世界の総広告費6135億ドルへ
電通イージス・ネットワークが年2回発表している「世界の広告費成長率予測」によると、2018年の成長率は3.9%に上方修正され、総広告費は過去最高となる6135億ドルに達する見込み。成長著しいデジタル広告がけん引する格好で、そのシェア率も38.4%が見込まれ、初めてテレビ広告を抜く予測となっている。(2018/6/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。