ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「広告業界」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Marketing Dive:
新進D2CコスメブランドのCMOが激推し 「Meta Advantage+ ショッピングキャンペーン」とは?
Meta幹部はD2CコスメブランドJones Road BeautyのCMOとのラウンドテーブルで、2024年に広告主や広告代理店がAIに期待できることを説明した。(2024/2/22)

おかもとまり、広告代理店関係者からの性被害告白 ボディータッチのみならず……「部下が下半身出しながら」
「広告関係者に面と向かい『下心ありますよね!?』と言うのは直ぐには出来なかった」(2024/2/21)

Marketing Dive:
Googleが広告業界の救世主になると勝手に期待してはいけない理由
GoogleによるサードパーティーCookie廃止を目前に控え、広告業界はターゲティングや計測の課題を解決する方法を模索している。マーケターが現実的に取り得る手段とはどのようなものか。(2024/2/19)

Marketing Dive:
Meta幹部が力説 AIへの投資が広告主に「なくてはならないもの」である理由
2023年第4四半期にMetaの広告ビジネスを前年同期比24%増の総額387億ドルにまで押し上げたものとは何か。同社グローバルビジネスグループ担当バイスプレジデントであるアルビン・ボウルズ氏が語った。(2024/2/15)

7割が女性:
社員16人→200人超に “知名度ゼロ”で新潟に進出したネット広告会社「5年間の成果」
ネット広告事業を手掛けるデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)が新潟市に進出してから5年。新潟オフィスの現在の社員数は200人を超え、うち約7割が女性である。進出の成果を読み解いた。(2024/2/14)

Marketing Dive:
プログラマティック広告の不都合な真実 220億ドルの予算をどこで溶かしているのか?
全米広告主協会(ANA)は、プログラマティック広告費のうち、消費者にリーチできている費用はわずか36%にとどまっていると指摘している。なぜこうなったのか。(2024/1/12)

今日のリサーチ:
2024年、世界の広告費は4.6%増 成長をけん引する本当の要因は?――電通グループ予測
電通グループは、世界58市場から収集したデータに基づき取りまとめた「世界の広告費成長率予測(2023〜2026)」を発表しました。(2024/1/5)

Marketing Dive:
2024年、広告主が「クリエイターエコノミー」にもっと投資すべき理由
米国の広告業界団体IABは、2024年に広告主がクリエイターコンテンツへの投資を増やし、予算配分は平均で25%増加すると予想している。(2024/1/5)

Marketing Dive:
TikTok、CTV、ゲーム Z世代の心をつかむ最適解は?――Forresterの2024年広告業界予測【後編】
米国のB2Cマーケティング幹部の8割がZ世代とミレニアル世代を重要視している。彼らにリーチするためにトップブランドが狙う場所は。(2023/12/14)

今日のリサーチ:
「AI規制法案」を日本のマーケターの87%が注視、サードパーティーCookie廃止後もAI活用に期待――Criteo調査
Criteoが発表した「デジタル広告業界における日本のマーケターのAI活用とその影響に関する意識調査」の結果です。(2023/12/8)

Marketing Dive:
「ディープフェイク」「ハルシネーション」の危機がリアルに――Forresterの2024年広告業界予測【前編】
2024年、広告業界において生成AIはますます活用が進む可能性がある。Googleもその恩恵を受けようとする1社だ。だが生成AIには広告主に対するリスクもはらんでいる。(2023/12/7)

Social Media Today:
ディズニーなど主要広告主に暴言 イーロン・マスク氏はなぜX離れが加速しても煽りをやめないのか?
New York Timesが主催するイベントの壇上でイーロン・マスク氏は、彼の投稿がきっかけとなって出稿をやめた広告主のことを非難した。信念を曲げないやり方は一部の支持者に称賛されるかもしれないが、Xの広告ビジネスへの影響が懸念される。(2023/12/1)

ITmedia マーケティング用語集:
【用語解説】リテールメディア
激動する広告業界において、今後より重要な役割を果たすことになると考えられる「リテールメディア」とは?(2023/11/18)

ポストサードパーティーCookie時代の新たな選択肢:
リアル店舗向けリテールメディア「AdCoinz」、既存のDOOH(デジタル屋外広告)との違いは?
リアル店舗の価値最大化に向けて小売業支援を行うLMIグループが新たに広告事業に参入。新たなリテールメディアが消費者と広告主、店舗(ロケーションオーナー)にもたらす価値とはどのようなものか。(2023/11/17)

TVer、生年月や性別などの情報を漏えい 個人の特定につながる情報は含まれず
「TVer」は、ユーザーの生年月や、性別などの情報を誤って広告企業(外部)へ提供していたことを明らかにした。TVerは、民放のテレビ番組を配信するサービス。情報の漏えいは、アプリ開発における人為的なミスが原因という。(2023/10/27)

TVer、ユーザーの同意ない項目を外部提供したと謝罪 iOSアプリのバグ、45万端末に影響
TVerは、iOSアプリの一部で、ユーザーの意思に反し、生年月や郵便番号などのデータを誤って外部の広告企業などに提供していたと発表した。(2023/10/27)

Marketing Dive:
Netflix、料金改定でも「広告付き」はお値段据え置き 責任者交代でも広告事業重視の姿勢は継続
Netflixのグローバル広告担当プレジデントを13カ月務めたジェレミ・ゴーマン氏が退任し、スタジオ運営担当副社長だったエイミー・ラインハードがその役職に就任した。(2023/10/23)

注意:
「知らなかった」では済まされない 新・ステマ規制のリスク
消費者庁は10月1日、景品表示法違反の「不当表示」の新たな形態として「ステルスマーケティング(ステマ)」を追加する新たな規制を施行した。発注企業、広告代理店、インフルエンサー、消費者はそれぞれ、どこに気を付けたら良いか。(2023/10/17)

カツ丼付きの「取調室」でクライアント聴取 「本気でふざけて」悩み聞き出し解決
取調室風の相談室、映画風の企業ポスター、博士風のカツラと白衣の格好での会議…。兵庫県姫路市の広告代理店が、おもしろアイデアで中小企業の活性化に取り組んでいる。(2023/10/11)

Social Media Today:
X(旧Twitter)が広告主に“忖度”する日は来るか?
誤情報の取り締まりに重要な役割を果たすと期待される「コミュニティノート」は広告にも追加可能だ。広告費を払っても内容が疑わしければ即座に否定される。透明性という点で好ましい仕組みだが……。(2023/10/9)

「LINEヤフー BIZ Conference」レポート:
「LINEヤフー」発足で企業のマーケティングはどう変わる?
新生LINEヤフーが広告事業において掲げる「Connect One」構想とはどのようなものか。2023年10月2日に開催された戦略発表会の内容を基に、重要なポイントをまとめた。(2023/10/4)

X(旧Twitter)を広告代理店「X Social Media」が訴える 商標権侵害など主張
X Social Mediaはフロリダ州の連邦地裁に、X社による商標権侵害や州の不当競争防止法違反を申し立てています。(2023/10/3)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
テレビ×Web×DOOH 広告費をムダにしないベストな打ち手は?
デジタルマーケティングやCXに関する気になるニュースを最近のリリースからピックアップして紹介する。今週は、「テレビ×Web×DOOH」における広告効果を可視化する実証実験などのトピックスに注目する。(2023/9/22)

Marketing Dive:
2023年の米国広告業界で「テレビ」の影がますます薄くなっている件
Madison and Wallのレポートによれば、デジタルプラットフォーム上の広告が64%増加したことで、米国の広告業界は2023年に5%成長し、市場規模は3600億ドルに達する見込みだ。(2023/9/15)

ウォルマートが「広告代理店」になる日 小売りに頼らない未来の稼ぎ方
売上総利益率は70〜80%、ロスも生じず、返品される可能性もゼロ――。ウォルマートが将来を約束された、最強の売れ筋商品とは。(2023/9/14)

グッドパッチとUXの話をしようか:
生成AIには作れない、「文字だけ」の防災広告 足りないのはUXデザインの視点
インターネット広告業界で生成AIが重宝されている。大量のパターンの画像や文言を瞬時にアウトプットできるからだ。「生成AIがあれば怖いものなし」にも思えるが、そんな生成AIにもまだ「作れない」広告はある。そこで足りないのは「UXデザイン」の視点だ。(2023/9/8)

マーケ×ITニュースダイジェスト:
デジタル広告×位置情報で計測しにくかった実店舗への集客広告効果を可視化する
今週は、ネイティブ広告大手のTaboolaが実店舗を持つ企業の広告効果を高めるために位置情報サービスのFoursquareと協業したニュースなどを紹介する。(2023/8/25)

今日のリサーチ:
2023年上期におけるインターネット広告費は「横ばいまたは減少」が64.4%――CCI調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象に実施した、2023年上期のインターネット広告市場動向およびこれからの広告指標に関する調査の結果です。(2023/8/18)

今日のリサーチ:
広告主と広告代理店の会議・打ち合わせは約7割がオンライン実施に――SO Technologies調査
インターネット広告を広告代理店に委託している企業は、どのくらいの頻度で、どのような形で代理店と打ち合わせをしているのでしょうか。(2023/8/17)

大正製薬が“三浦知良選手のCM起用”を巡り広告代理店とサントリーに激怒 「業界の健全な社会常識に明らかに反する」と憤るもネット上では賛否
訴訟では代理店側が勝訴しています。(2023/8/5)

Marketing Dive:
広告の15%はムダ打ち? プログラマティック広告とクリックベイト(“釣り”サイト)を巡る不都合な真実
全米広告主協会(ANA)が発表したレポートによると、プログラマティック広告費の15%がクリックベイトサイト(“釣り”サイト)に浪費されていた。(2023/8/4)

Marketing Dive:
Netflixの収益好転を支えたのは期待の広告事業よりもむしろ「例の対策」
Netflixの幹部は最新の決算説明会で、広告ビジネス立ち上げの進捗状況を詳細に説明した。(2023/8/3)

Web面接の最中に広告が入る就活生!? トンデモ設定のコントに「面接で0.1円の収益を得る男」「めっちゃ笑ったw」
この就活生には広告費が入るのだろうか。(2023/7/24)

Marketing Dive:
NetflixとDisney+が「広告付き」で新規加入者増、どんな人が加入している?
NetflixやDisney+が開始した広告付きプランは着々と新規加入者を増やしている。広告媒体として今後さらに存在感を増せば、より多くの広告費が従来のテレビからストリーミングに流れることになるかもしれない。(2023/7/19)

Twitter広告で個人ユーザーの投稿を盗用 化粧品メーカーが謝罪 「運用は広告会社に委託していた」
化粧品メーカーのプレミアアンチエイジングは7月4日、同社と無関係な個人ユーザーのツイートを無断でまねし、Twitter広告を作ったとして謝罪した。広告制作・運用は広告会社のピアラに委託していたという。(2023/7/5)

Marketing Dive:
Uberが広告事業にアクセル全開、「2024年までに10億ドル以上に成長」に向けた一手とは?
Uberの広告事業部門がOmnicom Media Group(OMG)との提携を発表。営業体制を強化する。(2023/7/4)

今日のリサーチ:
2030年までに広告代理店業務の7.5%がAIに置き換わる――Forrester Research予測
Forrester Researchは、米国の広告代理店業務の7.5%が2030年までに自動化され、3万2000人の雇用が失われると予測しています。(2023/6/23)

今日のリサーチ:
広告代理店の生成AI活用に76.2%の広告主が肯定的――SO Technologies調査
インターネット広告代理店が生成AIを活用することについて、広告主はどう考えているのでしょうか。(2023/6/22)

ちゃんと読める? イラスト化したQRコードを生成するサービス登場 生成AIを利用 1枚300円から
広告会社のリメインインは、AIを使ったQRコード生成サービス「DRコード」を始めると発表した。生成AIで出力したイラストや写真と、WebサイトやSNSなどのURLを組み合わせてオリジナルのQRコードを生成できるという。(2023/6/13)

今日のリサーチ:
世界の広告費が初めて100兆円超えへ――電通グループ予測
電通グループは、世界58市場から収集したデータに基づき取りまとめた「世界の広告費成長率予測(2023〜2025)」改定版を発表しました。(2023/6/8)

月30万円以上の人も:
「副業」でいくら稼いでいるのか 世帯年収によって違い
インターネット広告代理店事業などを行うフォーイットは、副業に関するアンケート調査を実施した。その結果……。(2023/5/31)

2023年のCTV広告:
コネクテッドTV(CTV)に隠された落とし穴とは? 広告費の損失を防ぐ方法
急成長のCTV広告ですが、課題がないわけではありません。その一つがアドフラウド(広告不正)。広告費の損失を防ぐためにまず取り組むべきは……。(2023/6/1)

好きな芸人ランキング 3位「かまいたち」、2位「チョコレートプラネット」、1位は?
広告事業を手掛けるLibalent(東京都新宿区)は、「好きな芸人ランキング」を発表した。(2023/5/28)

プレイバック注目コンテンツ:
広告主にとっての「FIFAワールドカップ カタール 2022」
SAMURAI BLUEことサッカー日本代表の健闘が記憶に新しいFIFAワールドカップ カタール 2022。熱狂の裏側で広告業界には悲喜こもごもあったようで……。(2023/5/14)

Twitter(X社)のCEOは広告のプロ、リンダ・ヤッカリーノ氏に
Twitterのオーナー、イーロン・マスク氏は5月12日、リンダ・ヤッカリーノ氏をTwitterとXのCEOに迎えると発表した。ヤッカリーノ氏は米広告業界のベテラン。4月にマスク氏の公開インタビューを行っていた。(2023/5/13)

プレイバック注目コンテンツ:
忍び寄る不況が広告業界に及ぼす影響を占う
2023年のマーケターが向かうのは天国か地獄か。(2023/4/30)

Marketing Dive:
GoogleやMetaが減速する中、広告ビジネスの未来はどこへ向かう?
GoogleとMetaがともに広告収入の減少を報告し、この10年間で初めてデジタル市場の50%を割り込んでいる。この厳しい経済情勢にもかかわらず、決算が堅調に推移したのがDSP大手のThe Trade Deskだ。(2023/4/21)

Marketing Dive:
P&Gのブランド責任者が広告代理店に言いたいこと
専門性を高めたインハウスマーケターが数百万ドルのコストカットを実現する中、広告代理店はこれまで以上に「先見の明を持つ(see around corners)」必要がある――。そう述べるのはP&Gで最高ブランド責任者(CBO)を務めるマーク・プリチャード氏だ。(2023/3/24)

1947年から、過去最高:
2022年のネット広告費、3兆円を突破 23年はどうなる?
CCI、電通デジタルを含む5社は「2022年 日本の広告費 インターネット広告媒体費 詳細分析」を発表した。インターネット広告は年々伸長しており、今後もこの傾向は続きそうだ。(2023/3/14)

データに基づく効果的なブランディングを支援:
マクロミルがデジタル広告事業を強化 消費者分析基盤を開発し、ストラテジックプランナー組織を立ち上げ
日常生活のデジタル化に伴い、企業と消費者との接点や消費者が購買に至る経緯が多様化している。これに伴い、従来のテレビCMなどのマス広告中心のブランディグだけでなく、デジタルメディアでのブランディングの必要性が高まっている。(2023/3/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。