ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アサツーディ・ケイ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
日本の失われた30年で、最も失われているのは「ビジョン」だ
世界や時代の状況に対応するだけで手いっぱい。そんな悪い意味でのリアクション芸人のような企業、組織になっていないか。リーダーなら、そう問うところから始めてほしい。(2019/5/9)

今日のリサーチ:
メルカリで最も取引成立率が高いのは50・60代女性という事実――メルカリ調査
50・60代は美術品やスポーツ用品など趣味に関わるものの取引が多いようです。(2018/12/5)

「アニメ産業レポート」2018年度版発売 アニメ関連市場が初の総額2兆円突破
2兆円かあ。(2018/11/28)

改善の余地はまだあり:
広告業界で「最も残業時間が少ない企業」ランキング 5位の電通は約50時間 1位は……
広告業界で残業時間が最も少ない企業は? 転職口コミ情報サイト「キャリコネ」などを運営するグローバルウェイがまとめた結果、2位はサイバーエージェントで37.2時間だった。1位は……(2018/11/20)

今日のリサーチ:
メルカリでの平均取引価格から算出した宅内の不要品の価値は推計37兆円――みんなのかくれ資産調査委員会調べ
金融、不動産に続く第3の資産、みなさんのご自宅にも眠っているのではないでしょうか。(2018/11/19)

日本屋外広告フォーラム 杉本委員長(ADK局長)に聞く:
「屋外広告×ソーシャルメディア」の可能性を調査・研究、日本屋外広告フォーラム
ビルの屋上や壁面に掲出されている屋外広告(Out of home media)――。屋外広告の業界には長い間、広告効果の目安となる指標が存在しなかった。この指標を策定するべく、1999年に任意団体が設立され、繁華街の歩行者向けと、ドライバー向けの2つを対象とした国内初となる屋外広告の効果指標を計算することができる「屋外広告指標推定システム」が構築された。現在は次のステップとして、ソーシャルメディアとの関連性を探る調査が進められている。(2018/8/17)

5大商社に人気が集中:
東大、京大、早慶……国内トップ大の学生が入りたい会社は?
東大、京大、早慶など、国内「トップ大学」の学生が入りたい会社は?――人材会社のリーディングマーク調べ。(2018/6/4)

【連載】ワンイシューで語り下ろすデジタルマーケティング:
CRMの重要性を理解しない広告マンと組んでも売り上げは上がらない
さまざまな企業がEC、それも単品通販に進出している。EC・通販におけるマーケティングの現状とこれからについて、売れるネット広告社 代表取締役社長の加藤公一レオ氏が語る。(2018/2/27)

おぎやはぎを起用したプロモーションも開始:
「b→dash」が大規模アップデート、月額5万円から使える中小企業向け新製品も発表
フロムスクラッチはマーケティングプラットフォーム「b→dash」の大規模アップデートと新製品「b→dash Lite」、タレントのおぎやはぎを起用したプロモーション展開などについて発表した。(2018/2/6)

経済効果を期待:
くまモン、海外企業も商品利用可能に
熊本県は「くまモン」の海外でのイラスト利用を解禁する。(2018/1/5)

アサツーディ・ケイ買収でどうなるプリキュア 「アニメコンテンツは変更なく継続」 
ほっと一安心。(2017/10/13)

上場廃止へ:
アサツーディ・ケイ、米投資ファンドが買収
広告代理店3位のアサツーディ・ケイを米投資ファンドのベインが買収する。(2017/10/2)

バンダイナムコ、「アニメ海外配信から撤退」報道にコメント
バンダイナムコは、同社が海外のアニメ配信事業から撤退するとした同日付の日本経済新聞の報道についてコメントを出した。(2017/8/23)

情報拡散の構造をクラスタごとに分析:
ADK、多面的な若者バイラルマーケティング分析を可能にする「ワカナビセブン」を開発
アサツー ディ・ケイは、若年層の情報拡散の構造をクラスタごとに分析する新しい手法「ワカナビセブン」を開発したと発表した。(2017/5/16)

認定代理店向け情報サイトも開設予定:
Twitter Japan、認定代理店一覧を公開
Twitter Japanは、同社の認定代理店34社を公開した。(2017/5/2)

「AdFlow」と「ABsolute one」の連携機能も強化:
クリエイターズマッチがアブソルートワンと業務提携
制作業務に特化したグループウェアを提供するクリエイターズマッチは、ADKが設立した新会社「アブソルートワン」と業務提携すると発表した。(2016/9/6)

マーケティング戦略立案からツール導入、クリエイティブ運用までサポート:
アサツー ディ・ケイが新会社「アブソルートワン」設立
アサツー ディ・ケイは2016年9月5日、マーケティングコンサルティング領域における新会社「アブソルートワン(Absolute one)」を設立した。(2016/9/5)

創立60周年を記念した「プロボノ」:
アサツー ディ・ケイ、広告会社ならではのノウハウを社会に還元するサービス「ブレーンタル」を開始
アサツー ディ・ケイは、社員が広告会社ならではのスキルを生かして 社会の課題や日常生活の中の悩みに対するアイデアやソリューションを提供するサービス「ブレーンタル」を提供開始した。(2016/8/2)

最適なクリエイティブを安価に:
アサツー ディ・ケイ、Webサイト制作発注とA/Bテストを一元化して提供するサービスを開始
アサツー ディ・ケイは2015年7月17日、複数のウェブサイトから最もレスポンスの高いサイトを効率的に導き出し、最適なウェブクリエイティブとABテストを同時に実現するサービス「ABsolute one」を8月より順次開始することを発表した。(2015/7/21)

pixivのイラストに音を付けるアプリ「ピクボイス」リリース
「pixiv」イラストと組み合わせた「声つきイラスト」を投稿・閲覧・シェアできる。(2015/6/2)

お金もセンス:
脳波で分かってきた「お金の心理」
人は「本音と建前」を使い分けながら生きている――。このように言われているが、本音の部分を把握することは難しい。しかし、脳派を分析することで意外な事実が明らかに。それは……。(2015/2/26)

【連載】データ、データ、データ:
「購買データ」と「意識データ」の組み合わせが描き出すリアルな生活者像
データに基づいてメディアをプランニングできる時代が始まった。生活者の「意識データ」と「行動データ」を組み合わせたデータベースでリアルな生活者像を浮き彫りにするアクシバルの動きを追う。(2015/2/17)

textus誕生:
ADKとアドフレックス、ダイレクトマーケティング分野で業務提携
アサツー ディ・ケイ(ADK)は2月3日、ダイレクトマーケティング領域においてアドフレックス・コミュニケーションズと業務提携を締結したと発表した。(2015/2/3)

バンダイナムコ、ADK、アニプレックスが新会社「アニメコンソーシアムジャパン」設立 海外向けにサイマル配信
バンダイナムコHD、ADK、アニプレックスが海外向けアニメ配信やECに取り組む新会社「アニメコンソーシアムジャパン」を設立。(2014/10/30)

【連載】インサイトをめぐる冒険:
第5回 コンテンツマーケティングの未来予想図――潜在興味を追求する冒険は続く
広告会社が生き残るにはどうすればよいのでしょうか。広告会社本来の機能を見つめ直し、テクノロジーに対して適切な対応をしたうえで、アナログ的なスキルを磨くことが必要です。その時に最も重要な鍵となるのがデータなのです。(2014/10/2)

【連載】インサイトをめぐる冒険:
第4回 潜在興味が照らし出す専門メディアの新たな価値
潜在興味を言語化できる武器「Topic Model」を手に入れたことで、消費者の「潜在インサイト」を的確に刺激する高精度なターゲティング広告の展開が可能となりました。実は、その広告を展開する専門メディア側の価値を高めるのにも、潜在興味は大きな力を発揮します。いったい、どのような価値を与えるのでしょうか? 今回は、一転して、専門メディア側から見て、「潜在興味がどのようなメディアの価値に影響するのか」についてお話したいと思います。(2014/9/2)

【連載】インサイトをめぐる冒険:
第3回 潜在興味を言語化するカギ、Topic Modelの威力とは
潜在興味を炙り出す方法を発見し、そのための武器である「Topic Model」も手に入れました。では、その威力はどれほどのものなのでしょう。果たして、実体のない「潜在インサイト」をどの程度手に入れることができるのでしょうか。(2014/7/24)

【連載】インサイトをめぐる冒険:
第2回 潜在興味を映す鏡――Topic Model が可能にする潜在インサイトの発見
コンテンツマーケティングを成功に導けるかどうかは、見込み客の潜在興味を探し出せるかどうかにかかっています。そのカギを握るのが、潜在興味を映し出す「鏡」を見つけること。どこにその「鏡」はあるのでしょうか。(2014/6/24)

【連載】インサイトをめぐる冒険:
第1回 潜在顧客に会いに行く
あるサービスなり商品に興味を持ちながらもマーケターのアンテナにひっかからない層、いわゆる潜在顧客を開拓しなければ、ビジネスの規模は縮小するばかり。しかし、潜在顧客はいったいどこにいるのだろうか?(2014/5/28)

ITmedia エグゼクティブ勉強会:
言葉で、生み出す、ブルーオーシャン〜新しい市場を、キャッチフレーズを考えることで創造する具体的方法
会員のみが参加できる、さまざまな分野のプロフェッショナルを招いての少人数で開催する勉強会は、講師と直接ディスカッションができ、また会員同士のコミュニケーションの場として活用されています。(2014/3/31)

ITmedia エグゼクティブ勉強会:
「ハーバード白熱教室」解説者小林正弥教授の白熱教室 in ITmedia エグゼクティブ――「対話力」を磨く
会員のみが参加できる、さまざまな分野のプロフェッショナルを招いての少人数で開催する勉強会は、講師と直接ディスカッションができ、また会員同士のコミュニケーションの場として活用されています。(2014/2/25)

ITmedia エグゼクティブ勉強会:
「改めて顧客中心主義について考えよう」
会員のみが参加できる、さまざまな分野のプロフェッショナルを招いての少人数で開催する勉強会は、講師と直接ディスカッションができ、また会員同士のコミュニケーションの場として活用されています。(2014/2/13)

若者マーケティング:
ADK、若者自らが若者をマーケティングする「関西ワカスタ」を設立
アサツー ディ・ケイは2月10日、若者自らが若者をマーケティングする「関西ワカスタ」を設立したことを発表した。(2014/2/12)

これからの働き方、新時代のリーダー(後編):
街の“資源”を使って何が生まれたのか? まずは「そば」、そして
大阪の北東に位置する「交野市(かたのし)」をご存じだろうか。人口約7万人のいわゆるベッドタウンだが、ここで行政と市民がタッグを組み、これまでにない試みに挑戦している。それは……。(2013/9/20)

これからの働き方、新時代のリーダー(前編):
最初は売れなかった? これまで語られなかった「じゃがりこ」の裏話
「じゃがりこ」といえば、カリカリ・サクサクした独特の食感が特徴だ。カルビーが1995年に発売して以来、ロングセラー商品となっているが、開発秘話はあまり知られていない。開発に携わった担当者が多くを語らなかったからだが、18年経った今、当時の裏話を打ち明けてくれた。(2013/9/13)

ネット広告の先駆者に聞く:
デジタルマーケッターよ、自社がどうやって稼いでいるか知っているか?
マーケティングは長嶋監督の「カンピュータ」から野村監督の「ID野球」に変わるべきだ。日本のインターネット広告業界を常に一歩早く歩んできた横山隆治氏に、デジタルマーケッターのあるべき姿を聞いた。(2013/8/9)

Twitter、広告大手のWPPと大規模戦略提携
この提携により、WPPはツイートデータを同社の主なメディア・分析プラットフォームに統合する他、日本を含む各国の顧客のTwitterへの広告出稿をサポートする。(2013/6/7)

新聞広告の価値:
広告媒体としての評価、新聞は「自分のペースで見たり読んだりできる」、ADK調査
アサツーディ・ケイ(ADK)は2月15日、「消費者にとっての新聞/新聞広告の価値」について調査結果を発表した。(2013/2/18)

ネットの「診断」コンテンツ好きは自己主張が強い人!?
ADKが公開している性格診断コンテンツの診断結果20万件を分析したところ、「診断コンテンツをよく利用するのは自己主張の強めな人々」といった知見が得られたという。(2013/2/1)

メディア接触の潮流:
10代が最も利用するネット接続媒体はスマートフォン
アサツー ディ・ケイ(ADK)は1月29日、消費者のメディア接触傾向や意識/評価の推移をまとめた調査結果を発表した。(2013/1/30)

動画広告をアプリで配信:
アサツーディ・ケイの動画配信広告アプリが10万ダウンロード突破
アサツーディ・ケイは11月5日、同社の提供するスマートフォン向け動画広告配信サービス「mobile DADA」のiPhone版アプリがリリースから2カ月で10万ダウンロードを達成したと発表した。(2012/11/5)

アニメビジネスの今・アニメ空洞化論その1:
海外への外注増加で日本アニメは空洞化するか?
アジア諸国への外注増加で技術移転が起こり、日本アニメの地位が脅かされるという話をしばしば耳にする。しかしデータを見ると、日本からの技術移転によって各国で自国製アニメが育ったという例は多くないようだ。(2012/10/23)

radikoに地方局など出資 配信システム強化
ラジオ番組をネット配信する「radiko.jp」の運営会社に対し、北海道放送(HBC)や中部日本放送(CBC)など21社が新たに出資。(2011/12/6)

人生のピークは何歳? 男女で意識に違い
(2011/11/8)

DACとADKが合弁解消
デジタル・アドバタイジング・コンソーシアムとアサツーディ・ケイが合弁を解消。(2011/8/26)

Twitter・ブログの原発情報監視事業に東京弁護士会が懸念表明 「弊害の方が大きい」
原子力発電所や放射線に関連したTwitter・ブログ上の「不正確」「不適切」な情報を資源エネルギー庁が監視する事業に対し、東京弁護士会が「政府による情報コントロール」と強い懸念を表明。(2011/7/28)

電通とADK、ネット系メディアレップ新会社を合弁で設立
電通とADKがネット系メディアレップ新会社を共同出資で設立。新会社を核に協業も進めていくという。(2011/7/27)

電通とADKが合弁会社 デジタル分野で協業
電通とアサツーディ・ケイ(ADK)が、デジタル関連分野での協業に向けて合弁会社を設立することで基本合意。(2011/7/8)

SFC研究所とZenitumがARアプリ「ARAD-Japan」でAR広告の効果を検証
慶應義塾大学SFC研究所と韓国のZenitumが、ビジョンベースのAR広告の実証実験を開始。AR広告を表示するiPhoneアプリ「ARAD-Japan」を使い、実験協力企業にAR広告の誘導効果などを検証してもらう。(2011/3/15)

ローソンを“研究する”:
デジタルサイネージが変えるコンビニの未来像
ローソンは全国の店舗にデジタルサイネージ端末を設置し、コンテンツや広告を放映する「東京メディア」の展開を開始した。東京メディアはコンビニのビジネスモデル、そして消費者の生活にどう変化を及ぼすかを探っていく。(2010/11/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。