ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「エアバッグ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「エアバッグ」に関する情報が集まったページです。

レクサス、新型「NX」初公開 デザインはどう?【写真120枚】
レクサス初のPHEVを設定、「塊感」がいい感じ!(2021/6/14)

家電メーカー進化論:
急成長のサンコーが、「オモシロ家電」を追求する意味とは
「サンコー」といえば、ユニークで一風変わった「おもしろ家電」で知られるメーカーだ。面白さと同時に、コスパの良さと便利さも備え、人気を博している。この「おもしろ家電」を開発できた秘密とは一体何なのか。サンコーの山光博康CEOに話を聞いた。(2021/6/10)

Tesla Model Sの炎上事故、自動運転ではなかった可能性ありとNTSB
Teslaの「Model S」がカーブを曲がりきれずに木に衝突し、炎上した事故を調査中の米国家運輸安全委員会(NTSB)が予備報告を公開した。再現テストでは、自動運転を有効にできなかったとしている。(2021/5/11)

修理する権利とコネクテッドカー(1):
マサチューセッツ州の修理権改正案は自動車業界にどんな影響を与えるか
診断データは、修理工場が車両の状態をよりよく理解し、車両の潜在的な問題を分析かつ特定し、クルマの修理に役立つものだ。この記事では、そうしたデータの扱いに関する「修理する権利(修理権)」を分析し、幾つかの課題について解説する。(2021/4/28)

トヨタ「GR 86」と共同開発:
スバル、新型「SUBARU BRZ」公開 2.4リッターエンジンを搭載し夏に発売
TOYOTA GAZOO Racing(TGR)とSUBARUはオンライン合同イベントを実施。共同開発したSUBARUの新型「SUBARU BRZ」(日本仕様)と、TGRの新型「GR 86」を公開した。(2021/4/5)

製造業が直面するサイバーリスクと対策(2):
1時間の稼働停止で損失は1億円以上、自動車工場をサイバー攻撃から守れ
製造業におけるサイバーリスクとセキュリティトレンドおよびそれらの課題と対策について説明する本連載。第2回は、日本の製造業をけん引する自動車業界の工場におけるOTとITの統合に向けたサイバー攻撃への対策を取り上げます。(2021/4/2)

いまさら聞けない自動車業界用語(9):
品質は工場だけでなく部門横断で作り込む、「未然防止」への正しい評価も
今回から2回に分けて「品質」に関わる用語を説明します。世界に誇る日本の自動車の品質は、どのように作りこまれているのでしょうか。(2021/1/18)

125℃動作で書き込み時間30%削減:
ローム、書き込み速度3.5ミリ秒のEEPROMを開発
ローム、125℃の動作温度環境でも3.5ミリ秒の書き込み速度を可能にしたEEPROM「BR24H-5ACシリーズ」を開発した。車載カメラセンサーの出荷時設定やエアバッグの作動履歴、FA機器のデータログシステムといった用途に向ける。(2021/1/8)

NVIDIAのハードを採用:
Amazon傘下のZooxがロボタクシーを発表
2020年12月は自動運転車関連のニュースの多い月だった。中でも特筆すべきは、Amazon傘下のZooxがロボタクシーを発表したことだ。(2020/12/22)

日本モレックス OTS MX150防水ケーブルアセンブリ:
22.0A対応の車載向け防水ケーブルアセンブリ
日本モレックスは、車載エレクトロニクス向けに22.0Aの定格電流に対応した「OTS MX150防水ケーブルアセンブリ」を発表した。「USCAR-2 Rev 4」「IP6K7」に準拠しており、幅広いラインアップをそろえる。(2020/12/17)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
119番や110番に通報するか迷ったこと、ありますか
通報していいのか迷ったり考え込んだりしないでいい仕組みがほしいです。(2020/12/9)

米国で2021年秋に発売:
スバル、新型「BRZ」を世界初公開 新型エンジンで力強い加速、アイサイトも初搭載
スバルは、スポーツカーの新型「BRZ」(米国仕様)を世界初公開。新型エンジンを搭載して走行性能を高めたほか、BRZとしては初めて運転支援システム「アイサイト」を採用。安全性能も向上させた。米国で2021年秋に発売する。(2020/11/19)

車両デザイン:
スバル新型「BRZ」は2021年秋発売、トルクアップに高剛性化で走る楽しさ充実
SUBARU(スバル)は2020年11月18日、「BRZ」の新モデルを世界初公開した。(2020/11/19)

材料技術:
CASEで変わるワイヤハーネス、2024年には売上の半数がアルミハーネスに
古河電気工業は2020年11月17日、オンラインで自動車部品事業の説明会を開いた。古河電気工業 自動車部門事業部門長の阿部茂信氏が出席し、事業の現状や今後の戦略を説明した。(2020/11/18)

センシング:
LiDARの小型化と広視野角の両立へ、三菱電機の社内にそろっていた基盤技術
LiDARを手掛けるサプライヤーが多い中、どのように技術的な強みを発揮するか、三菱電機 先端技術総合研究所 先進機能デバイス技術部長の山向幹雄氏に話を聞いた。(2020/11/17)

トレエン斎藤、背骨骨折から“サイヤ人並みの回復力”を見せるも「やばいやばい!!」と新たな悩み
声心配だな……。(2020/10/16)

「飯テロリストだよ」 トレエン・斎藤司、背骨骨折でギプス生活も食欲に勝てず「食べたら閉まらなくなったよ」
ケガの痛みより飯のうまみ。(2020/10/13)

トレエン斎藤司、背骨を圧迫骨折もMRI検査後は仕事へ 「普通に歩いたりする分には大丈夫」と妻が報告
「ギリギリのラインで今のところ手術はしなくて良さそう」(2020/10/9)

車載情報機器:
市販でも通信型ドライブレコーダー、緊急通報機能を充実させ月額制に
パイオニアは2020年9月30日、緊急通報機能付きの通信型ドライブレコーダー「ドライブレコーダー+」を発売すると発表した。通信機能を備えるドライブレコーダーは、自動車保険の特約などで利用できるものを除くと「市販向けとしては初」(パイオニア)となる。通信機能によって、HELPNET(ヘルプネット)への緊急通報や緊急時の家族への知らせ、プローブデータを活用した注意喚起による運転支援を提供する。(2020/10/1)

「Fall Guys」衝撃の“中身”が公式発表 見てはいけないものを見てしまった感すごい
ペンギンの骨格のような意外性。(2020/9/24)

次なる挑戦、「はやぶさ2」プロジェクトを追う(18):
2つの改良でより確実なサンプルリターンへ〜再突入カプセルの仕組み【後編】〜
いよいよ、小惑星探査機「はやぶさ2」が帰ってくる。2回のタッチダウンで取得したサンプルを地球に送り届ける最後の関門となるのが地球大気圏への再突入だ。そのために使われる「再突入カプセル」は、はやぶさ初号機と比べ主に2つの点で改良が施されている。(2020/9/9)

AUTOSARを使いこなす(16):
自動車の“安全”を考える、ISO 26262の先にある「SaFAD」にどう対応すべきか
車載ソフトウェアを扱う上で既に必要不可欠なものとなっているAUTOSAR。このAUTOSARを「使いこなす」にはどうすればいいのだろうか。連載第16回では、AUTOSARと関わりの深い“安全”に関する動向を取り上げる。ISO 26262の先にあるものについて、自動車関連企業11社が発表した「SaFAD paper」を基に解説しよう。(2020/8/27)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
安全の価値を忘れた、運転するべきではない人たち
警察が見ていないところで、「この人は運転するべきではない」と判断できるか。(2020/7/8)

設計開発ツール:
トヨタの人体モデルが無償公開、ユーザーによる改良、成果共有も可能に
トヨタ自動車は2020年6月16日、衝突事故での人体障害を解析するためのバーチャル人体モデル「THUMS(サムス : Total HUman Model for Safety)」を2021年1月から無償公開すると発表した。(2020/6/18)

トヨタ、人体モデル「THUMS」無償公開へ 筋肉や内蔵もモデル化、衝突実験のシミュレーションに
トヨタ自動車は、独自に開発したバーチャル人体モデル「THUMS」(サムス)を、来年1月から無償公開する。クルマの衝突事故が起きた際、乗員や歩行者の傷害をコンピューター上で解析するためのモデルで、ダミー人形を使った衝突実験より精密な解析が、低コストで可能になるという。(2020/6/16)

福田昭のデバイス通信(246) 2019年度版実装技術ロードマップ(56):
車載セーフティ用コネクタの10年後を予測する
今回は、車載セーフティ用コネクタ(車載カメラ用コネクタを含む)の10年後に関し、コネクタメーカーに対してアンケート調査を実施した結果を説明する。10社が回答した。(2020/5/26)

福田昭のデバイス通信(244) 2019年度版実装技術ロードマップ(54):
自動車のエレクトロニクス化を支える車載用コネクタ
今回は自動車用のコネクタを解説する。車載用コネクタは「パワートレイン(駆動系)用」「セーフティ(安全系)用」「インフォテインメント(情報・通信系)用」「ボディ系用」の4つに大別される。(2020/5/18)

福田昭のデバイス通信(243) 2019年度版実装技術ロードマップ(53):
コネクタが電子機器の生産性向上と拡張性維持を支える
今回からコネクタを紹介する。まずはコネクタの種類と用途について解説する。(2020/5/1)

うさみみ、くまみみがふわふわキュート! ルルドの肩もみマッサージャーが在宅ワークのお供にも良さそう
見た目のかわいさにも癒やされる〜。(2020/4/27)

車両デザイン:
空飛ぶクルマ用シート、ミズノのシューズ技術「ウエーブプレート」で衝撃緩衝
ジョイソン・セイフティ・システムズ・ジャパン(JSSJ)とミズノ、CARTIVATOR、SkyDriveは2020年4月7日、空飛ぶクルマ(電動垂直離着陸型無操縦者航空機)向けに軽量で衝撃緩衝装置を備えた乗員用シートを開発し、性能確認試験を開始したと発表した。(2020/4/10)

福田昭のデバイス通信(236) 2019年度版実装技術ロードマップ(46):
MEMSセンサーをスマートフォンと自動車が数多く搭載
今回からMEMSセンサーを解説する。MEMSセンサーの市場規模と主なアプリケーションについて説明したい。(2020/3/31)

エアバッグの“上”に座って作動させるとどうなる? 吹き飛ぶダミー人形の実験動画にビックリ
やべえ。(2020/3/23)

車載電子部品:
車載エレクトロニクス向け防水コネクターシステムにUL-V0対応品を追加
日本モレックスは、車載エレクトロニクス向けの防水コネクターシステム「MX150」に、UL-V0対応品などを追加した。UL-V0対応品のほか、8極および12極ハイブリッドタイプ、6極パネルマウントタイプなどが加わった。(2020/3/13)

安全システム:
スバルのADAS高度化の主役はステレオカメラ、車台にもまだ伸びしろ
SUBARU(スバル)は2020年1月20日、東京都内で記者会見を開き、中長期的に取り組む環境技術や安全技術の方針を発表した。あらゆる環境下で誰もがコントロールしやすく、意のままに操れることを目指した車台(プラットフォーム)づくりにも同時並行で取り組む。(2020/1/22)

PR:中小企業も待ったなし! 令和時代に対策急務の経営課題、5つのポイント
いま企業が考えるべき経営課題は何か、そしてその対策は――働き方改革支援で豊富な実績を持つ大塚商会に聞く。(2020/1/7)

宇宙開発:
変貌する月面探査の勢力図――国家から民間、そして個人の時代へ
アポロ11号による人類初の月面着陸から50年。長らく進展のなかった月面探査に大きな動きが生まれつつある。2007年にスタートした「Google Lunar XPRIZE」をきっかけに国家と民間による月面探査が活況を呈し、新たなフェーズに入りつつあるのだ。大塚実氏が、月面探査の最新状況について報告する。(2019/12/24)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
自動車メーカーにとっての安全性と、ボルボ
自動車メーカーの安全に対するスタンスは、大別して3つあると筆者は思っている。代表的なメーカーでいえば、1つ目がテスラ、2つ目がダイムラーやBMW、そして3つ目が日本の自動車メーカーだ。という中でボルボは少し特殊だと思っている。ご存じの通り、「安全」というキーワードは、ボルボというブランドの価値の中で大きな部分を占める。(2019/12/16)

電子ブックレット(オートモーティブ):
東京モーターショー2019会場レポート【自動車メーカー&サプライヤー編】
MONOistに掲載した主要な記事を、読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、「東京モーターショー2019会場レポート【自動車メーカー&サプライヤー編】」をお送りします。(2019/12/9)

「ながら運転」の罰則強化など政府も本腰:
高齢者の自動車暴走事故はなぜ起きるのか ボルボの「世界的第一人者」に聞いた
池袋の自動車暴走事故から7カ月あまり。政府も「ながら運転」の罰則を強化など自動車事故への対策に本腰を入れている状況だ。高齢者の自動車事故はなぜ起きるのだろうか。ボルボで「Mr.セーフティ」と呼ばれてきたセーフティ部門の責任者ヤン・イヴァーソン(Jan Ivarsson)氏にインタビューした。(2019/12/11)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
大きいことはいいことだ、小さいこともいいことだ
小さいものにギュッと収める技術はときめきます。(2019/12/4)

東京モーターショー2019:
過ごし方自由な自動運転車、エアバッグはさまざまな姿勢の乗員をどう守るか
自動運転中に乗員が自由にさまざまな姿勢をとることに対応した技術開発が進んでいる。自動運転技術が高度化して常時の周辺監視が不要になると、ドライバーは従来のような姿勢でシートに座る必要がなくなる。その結果、これまでと同じ形の安全装備では万が一のときに乗員を保護しきれなくなることが考えられる。サプライヤーは、車内での過ごし方が変わる自動運転車に向けた乗員保護システムの開発を進めている。(2019/11/13)

豪BMW、E46 3シリーズ約1万2000台リコール タカタ製エアバッグ搭載97年〜00年製造車種が対象
日本での対応については未発表。(2019/11/8)

東京モーターショー2019:
EV向け2モーター4WDや大型ディスプレイの統合HMI、コンセプトカーの外へ
日産自動車が「第46回東京モーターショー2019」(会期:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)で披露したコンセプトカーの1つが、クロスオーバーSUVタイプの電気自動車(EV)「アリア コンセプト」だ。アリア コンセプトでは、駆動システムやインテリアに最新技術を搭載するとうたう。これらの技術は単なるコンセプトではなく、現実的に開発が進められているものもある。(2019/10/30)

よくわかる人工知能の基礎知識:
自動運転はいつ普及する? いま実現している技術と課題を整理する
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。今回のテーマは「自動運転」について。(2019/10/23)

車載コネクターも全て網羅:
独自構造で高速伝送&高信頼性実現のコネクター
日本航空電子工業は「CEATEC2019」(幕張メッセ、2019年10月15〜18日)で、2点接点による高い接触信頼性と8Gビット/秒(PCleGen3規格相当)の高速伝送を両立した基板対基板フローティングコネクター「AX01シリーズ」などを紹介した。(2019/10/23)

学生フォーミュラ2019:
出身者と現役が語る「学生フォーミュラで培われる“現場力”」
学生がクルマ作りの総合力を競う「学生フォーミュラ」。クルマ作りの過程での厳しい経験を踏まえた人材は、社会人でも活躍するという声が多い。学生フォーミュラではどんな“現場力”が身に付くのだろうか?(2019/10/17)

CAEニュース:
構造解析ソフトウェアの開発元を買収、ソリューションを強化
ANSYSは、構造解析ソフトウェア「LS-DYNA」の開発元であるLivermore Software Technologyを買収する最終契約を締結した。買収により、構造、流体、電磁気学、光学、安全および機械学習領域のシミュレーションが強化される。(2019/10/16)

東京モーターショー2019:
トヨタ系サプライヤー5社が協力して自動運転車のインテリアを提案
トヨタ紡織は「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、アイシン精機やデンソー、豊田合成、東海理化と連携して自動運転車のインテリアを提案する。(2019/10/7)

建設現場の災害防止:
“暴走車両“から高速上の作業員を守る、胴体が伸縮する「防護車両」を開発
中日本ハイウェイ・メンテナンス名古屋は、近年増加している高速道路の路上作業中に、高速で突っ込んで来る車によって引き起こされる事故を防ぐ目的で、作業エリアを車体で覆う特殊な防護車両を開発した。(2019/9/27)

トヨタ、ネットにつながる新型「カローラ」シリーズ発売 ナビの音声操作も可能に
トヨタ自動車が、フルモデルチェンジした「カローラ」「カローラ ツーリング」と一部改良した「カローラ スポーツ」を発売。いずれも車載通信機の他、スマートフォンと連携するディスプレイオーディオを標準装備する。「T-Connect」と「SmartDeviceLink」を利用できる。(2019/9/17)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。