ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アライドテレシス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アライドテレシス」に関する情報が集まったページです。

製造業IoT:
PR:製造業を変えるネットワークの力、“手離れの良い”無線LANで工場はさらに進化する
製造業におけるデジタルトランスフォーメーションの実現において、データの懸け橋を担うネットワーク機器の存在は欠かせない。特にミッションクリティカルな製造現場での利用では、単に機器同士のつながりを実現するだけでなく、その通信方式やセキュリティ対策などにも目を向けなければならない。アライドテレシスのプライベートイベント「Exchangeカンファレンス2019」では、つながる時代の到来を迎えた今、必要とされる次世代ネットワーク技術の最新動向や知見の数々が披露された。(2019/6/24)

製造業IoT:
AP増設工数を10分の1に削減、アライドテレシスが無線LAN新技術を発表
ネットワーク機器を製造販売するアライドテレシスは2019年4月11日、無線LANアクセスポイント同士を無線接続することで容易に無線LAN環境を拡張できる「AWC-SC(Autonomous Wave Control Smart Connect)」を開発したと発表した。(2019/4/12)

ビル制御システム:
ビル制御システム向けの“サイバーセキュリティ対策”で、トレンドマイクロと共同検証
アライドテレシスは、ビルの電源監視システムを対象に、トレンドマイクロの「Trend Micro Safe Lock」と、アライドテレシスの「SDN(Software-Defined Networking)」を組み合わせたサイバーセキュリティ対策の共同検証を実施した。(2018/12/11)

ハノーバーメッセ2018:
インダストリー4.0の中心地でモノづくりを訴求、日本ブースの悲喜こもごも
日本能率協会とロボット革命イニシアティブ協議会はハノーバーメッセ2018に共同ブースを出展し、ジャパンパビリオンを設置した。ジャパンパビリオン内に出展した6社の動向を紹介する。(2018/5/2)

ネットワークに関する調査レポート
読者調査で分かったギガビットイーサネットやSD-WANへの高い関心
TechTargetジャパン会員とキーマンズネット会員を対象に、「企業のネットワーク環境に関する読者調査」を実施した。本レポートでは、その概要をまとめた。(2017/11/1)

Interop Tokyo 2017の歩き方(3):
Interop Tokyo 2017、2020年に向けた懸念とセキュリティ製品の最新動向
Interop Tokyo 2017の見どころを紹介している本連載。第3回として、今回多数出展されているセキュリティ製品をチェックする。(2017/6/7)

えんじにあ解体新書(7):
IT資格は水戸黄門の杖(つえ)?〜資格不要論の「りある」
SEの現実を分かりやすく解説する本連載。今回のテーマは「資格」です。SEに資格は必要なのでしょうか? @IT読者の「りある」な資格取得実数と共に解説します。(2016/4/7)

NFVもvEPCを皮切りに市場拡大のきざし:
国内SDN/NFV市場は2020年まで高い成長を予測
IDCジャパンは、SDN(Software-Defined Network)とNFV(Network Functions Virtualization)に関する国内市場予測を発表した。(2016/4/1)

クラウドセキュリティサービスとも連動:
シスコ、日本の中小企業専用ネットワーク製品ブランド「Cisco Start」を発表
 シスコシステムズは2015年9月16日、日本の中小企業に向けて、ネットワーク製品ブランド「Cisco Start」を発表、製品の提供を開始した。これは日本市場だけのために企画した製品ブランドであり、日本専用の製品を投入していくという。(2015/9/17)

新人IT担当者のためのネットワーク機器入門・機器選定編【第1回】
より速く、より密に、よりシンプルに 「スイッチ」の進化に3つの潮流
ネットワーク機器の基礎的な技術と機能について説明してきた「新人IT担当者のためのネットワーク機器入門」。今回からは最近の製品トレンドをおさえつつ、機器選定のポイントを説明していきます。(2015/7/30)

SDNフラッシュ
SDNを軸にオフィスが変わる アライドテレシスなど5社が連携
SDNを中心に各ソフトウェアベンダーが連携することでセキュリティ強化とネットワーク運用コスト削減を実現するユニークな試みが始まろうとしている。2015年もSDNの動向から目が離せない。(2014/12/19)

アライドら5社、「オフィス環境向けSDNソリューション」で連携
アライドテレシスがオフィス環境向けのSDNソリューションを発表。データセンターやクラウド分野で採用が進むSDNを、人事系やIT資産システムなど企業内ITの効率化を目指すための新たな方向性を打ち出した。トレンドマイクロらパートナー4社と連携して取り組む。(2014/12/11)

SDN活用でセキュリティの脅威に高速対処、トレンドマイクロが新型技術
ログ分析などから見つかったセキュリティ上の脅威を封じ込め、企業や組織のIT環境の安全性を確保するという新たな仕組みを開発した。(2014/11/13)

bash脆弱性、国内メーカーの対応まとめ(10月14日現在)
NEC、富士通、アイ・オー・データ機器などの更新情報を追記した。(2014/10/14)

bash脆弱性、国内メーカーの対応まとめ(10月7日現在)
バッファローやNECなど各社の主な更新情報をアップデートした。(2014/10/7)

SOHO/中小企業に効く「無線LANアクセスポイント」の選び方(後編):
仕事に即戦力の「無線LANアクセスポイント」を選んでみた――利用規模別のおすすめは?
オフィスのオール無線化から来客への提供に至るまで、法人へ導入されるケースも多い無線LAN(Wi-Fi)。法人用無線LANアクセスポイントの選び方を紹介する本連載の後編は、利用規模別のおすすめ製品例を紹介しよう。(2014/7/3)

SOHO/中小企業に効く「無線LANアクセスポイント」の選び方(前編):
「無線LANアクセスポイント」の法人モデルは家庭用と何が違うのか?
オフィスのオール無線化から来客への提供に至るまで、法人へ導入されるケースも多い無線LAN(Wi-Fi)。法人用無線LANアクセスポイントの選び方を紹介する本連載の前編は、家庭用製品との違い、および特徴となる機能をチェックしていく。(2014/6/24)

ダイナミックVLANを真に「ダイナミック」なものに:
「企業LAN+SDN」で管理者の負担減を、ストラトスフィア
ストラトスフィアは2013年9月11日に記者説明会を開催。SDNの適用領域がデータセンターを超えて今後ますます広がるという見通しを示した。(2013/9/13)

アライドテレシスとストラトスフィア、社内LANでのSDN活用で協業
両社でOmniSphere対応のスイッチとアクセスポイント製品を開発し、共同で企業LANにおけるネットワーク仮想化の技術検証を行う。(2013/9/11)

Windows Server 2012 ×「ちょっとだけ連携」でネットワーク管理を便利に(5):
DNSを使ってネットワークデバイスにホスト名で管理接続しよう
今回は、ネットワークデバイスに管理接続を行うときや、pingやtracerouteコマンドの実行時などさまざまな場面で、IPアドレスではなくホスト名を指定できるように環境を整えます。(2013/5/22)

Windows Server 2012 ×「ちょっとだけ連携」でネットワーク管理を便利に(4):
ネットワークデバイスの管理用パスワードを集中管理しよう(後編)
今回はネットワークデバイス側の設定を行います。ネットワークデバイスでは、管理者がTelnetやSSHで管理接続をしたときの認証をRADIUSサーバで行うように構成する必要があります。(2013/4/5)

Windows Server 2012 ×「ちょっとだけ連携」でネットワーク管理を便利に(1):
まずは環境構築〜ネットワーク設定のおさらいを兼ねて
Active DirectoryにDNSサーバ、DHCPサーバ、そしてスイッチやルータ……私たちを取り巻くネットワークにはさまざまなベンダの製品が混在しています。Windows Server 2012の機能を使いながらこれらにちょっとひと工夫を加え、便利に運用、管理していく方法をご紹介します。(2012/12/18)

製品ディレクトリ/省エネ機器:
消費電力量を従来比で最大58%削減可能にした100BASE-TX対応スイッチングハブ
アライドテレシス、2012年6月29日発売(2012/6/26)

アライドテレシスが企業向けコアスイッチを発表、仮想統合にも対応へ
企業の大規模ネットワークに対応したシャーシ型コアスイッチで、最大1.92テラbpsのバックプレーン容量を備える。(2012/3/5)

NEWS
統合的なヘルスケアシステムの実現を目指す研究所を京都に開設 アライドテレシス
アライドテレシスホールディングスと京都大学大学院、京都高度技術研究所が、統合的なヘルスケアシステムの提供を目標とした、先進的なICTの基礎・応用研究に取り組む京都研究所を2012年3月に開設する。(2011/12/21)

アライドテレシス、企業向けルータ「CentreCOM AR560S」を期間限定で割引提供
アライドテレシスは、同社製アドバンストVPNルータ「CentreCOM AR560S」を割引価格で提供する「CentreCOM AR560S モバイルアクセス・キャンペーン」を開始する。(2011/10/3)

在宅勤務を実現するリモート・アクセスVPN構築術:
第1回 リモート・アクセスVPNの概要
電力不足のため、これからは在宅勤務が流行か。リモート・アクセスVPN環境があれば、自宅でもどこでもすぐにオフィスに。(2011/7/28)

SMSを利用した認証システム、NTTデータ ジェトロニクスが発売
NTTデータ ジェトロニクスは、携帯電話のショートメッセージサービスを利用したユーザー認証システムを発売する。(2011/6/30)

ネットワークにも仮想化の波【第2回】
基幹ルータからUTMまで 仮想化を推し進めるネットワーク機器たち
サーバやストレージのみならず、ネットワーク機器にも仮想化の波が訪れ、ネットワークの構築・運用面で大きなメリットをもたらしている。今回は、仮想化機能を備えたネットワーク機器の具体像に迫る。(2009/3/12)

不正PCの接続を遮断、大塚商会らが中小企業向けに検疫サービス
大塚商会ら3社は、マイクロソフトのWindows Server 2008の検疫機能を利用した中小企業向けのネットワーク保護サービスを開始する。(2008/9/24)

NEWS
大塚商会ら3社、SMB向けにNAPベースの検疫システム導入パックを販売
Windows Server 2008のNAP機能と対応スイッチを組み合わせ、中堅・中小企業に低コストで容易に導入できる検疫ソリューションとして売り込む。(2008/9/24)

顧客情報の一元管理を実現:
SaaS型の「Oracle CRM On Demand」導入、アライドテレシス
(2008/8/13)

Oracle CRM On Demandを活用:
アライドテレシス、オラクルのCRMで顧客管理システムを刷新
スイッチ製品の開発と販売体制の強化を目的に日本オラクルのCRMを採用し、顧客管理システムを刷新した。(2008/8/13)

アクセス経験やニーズ充足度で:
B2Bサイトの評価、オムロンが2年連続首位
サイトの閲覧数や商品の探しやすさ、情報の充実度といった観点で企業のサイトを評価したところ、オムロンの制御機器のWebサイトが2年連続首位となった。(2008/6/11)

同一チャンネルがポイント:
エクストリコム、「11n」の性能を引き出す独自技術を披露
エクストリコムは、無線LANの電波干渉対策やスムーズな接続を可能にする技術を公開。IEEE 802.11n Draft2.0対応機器を発売する。(2008/6/5)

アライドテレシスがコレガを吸収合併
アライドテレシスがコレガを吸収合併する。中規模オフィス向けのネットワークソリューションやサポートービスに注力。コレガブランドは残す。(2008/6/2)

NEWS
アライドテレシスとコレガが合併、SMB向け事業に注力
アライドテレシスとコレガが2009年1月に合併する。コレガ製品は中堅・中小企業向けビジネスのブランド下で展開される。(2008/5/30)

計る測る量るスペック調査隊:
ネットワークスイッチのスループットを調査せよ【前編】
ITは、分かっているようで意外と説明できないことの集合体である。本連載では、IT業界に眠るそれらの謎を文字通り徹底的に調査していく。第1回は、ネットワークの代名詞的な技術といえる100BASE-TXが本当に100Mbpsの速度で通信するのかどうかを調査してみよう。(2008/3/24)

アライドテレシス、ポート単価2360円の低価格ギガビットスイッチ
アライドテレシスは5ポートのギガビット対応LANスイッチを1万1800円で発売する。(2007/8/28)

アライドテレシス、耐通信障害機能を持つ小型アクセススイッチを発表
アライドテレシスは4月2日、広域ネットワーク構築に向くマルチアクセススイッチ「TELESYN 9100」を発表した。(2007/4/2)

IIJ、「技術者いらず」のルータ管理サービスを機能強化
IIJは、ルータ機器をネットワークに接続するだけで自動設定する管理サービス「IIJ SMF sxサービス」を機能拡張する。(2007/3/27)

アライドテレシス、動的VLANに対応する企業向け無線AP
アライドテレシスは、企業向けの運用管理機能が充実したTenQブランドの無線APを販売開始する。(2006/12/13)

アライドテレシス、11a/b/g対応無線LANアクセスポイントを発売
アライドテレシスは、IEEE802.11a/b/g対応の無線LANアクセスポイント「AT-TQ2403」を発売する。WPA/WPA2に対応、簡易RADIUSサーバも搭載する。(2006/12/13)

アライドテレシス、時速300kmでもスムーズなIP接続を可能にするモバイルIPシステム
アライドテレシスは、高速移動下でもスムーズなIP網への接続を可能にするソリューションを展開する。(2006/11/20)

アライドテレシス、全ポートPoE給電対応のインテリジェントLANスイッチ
アライドテレシスは、10/100BASE-TXポート8基とギガビット対応ポート1基の計9ポートを装備するインテリジェントスイッチングLANスイッチ「CentreCOM FS909M-PS」を発売する。(2006/8/21)

「入れたらすぐ使える」、Lockdownの検疫アプライアンス
米Lockdown NetworksはKCCSと代理店契約を結び、アプライアンス型のネットワーク・アクセス・コントロール製品「Lockdown Enforcer」の国内販売を開始する。(2006/1/26)

アライドテレシス、認証と検疫、ネットワーク監視を実現する「iBAQSシリーズ」
アライドテレシスは1月25日より、MACアドレスによる端末認証と検疫、ネットワーク監視を実現する「iBAQSシリーズ」の販売を開始した。(2006/1/25)

移動体通信向けWi-Fiシステム、日本から欧州へ
日本発の無線アクセス技術が欧州に乗り込んだ。802.11a/b/gに対応したこの技術は、時速300キロで走行中の「超特急」でも接続が途切れることがないという。(IDG)(2005/10/19)

独自テクノロジで高パフォーマンスを実現、アライドテレシスのSSL VPN製品
アライドテレシスは、独自技術によって高いパフォーマンスを実現するSSL VPNアプライアンス製品「CentreCOM SSLVPN-Plus」を発表した。(2005/9/26)

ベンダー非依存の通信技術マップを開発、業界団体が発足へ
特定のベンダーに依存しないネットワーク技術者の育成と資格認定試験の実施を目的とした業界団体、NACSEコンソシアムジャパンが11月に発足する。(2005/9/8)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。