ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アルパイン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アルパイン」に関する情報が集まったページです。

アルプスアルパイン:
細身スタイラスペンに搭載できる小型フォースセンサー
アルプスアルパインは、実装面積が従来の40%で済むフォースセンサー「HSFPAR007A」を開発、量産を始めた。細身のスマートフォン用スタイラスペンなどの用途に向ける。(2020/7/10)

製造IT導入事例:
開発製造工程の文書管理を効率化、アルプスアルパインがAI-OCRを導入
アルプスアルパインが、シナモンのAI-OCR「Flax Scanner」を導入した。フォーマットが固定されていない文書も高い精度で読み取ることが可能で、業務全体の効率化を推進できる。(2020/6/11)

より安全で快適な運転環境を実現:
アルプスアルパイン、HMI技術で米社と関係強化
アルプスアルパインは、米国イマージョンとのライセンス契約を見直し、関係強化を図る。より安全で快適な運転環境を実現する次世代の車載向けHMI製品を開発していく。(2020/5/21)

接触による感染リスクも回避:
アルプスアルパイン、タッチレス操作パネルを提案
アルプスアルパインは、画面に直接触れなくても手を近づけるだけで入力操作が可能な「タッチレス操作パネル」を、医療や介護現場などに提案していく。2021年ごろの製品化を目指している。(2020/5/7)

組み込み採用事例:
新型コロナで不足する人工呼吸器向け、アルプスアルパインが磁気式エンコーダ増産
アルプスアルパインは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の治療に用いられる人工呼吸器の増産に対応するため磁気式エンコーダ「EM11Bシリーズ」を増産する。従来比で5倍に当たる月産10万個の生産体制を整えた。(2020/4/28)

車載向け次世代センシング技術で:
アルプスアルパインとAcconeer、共同開発で合意
アルプスアルパインは、車載向けセンシング技術を共同開発するため、スウェーデンのAcconeerと基本合意した。特に、カメラとミリ波センサーを複合したセンサーフュージョンの領域で、500億円の事業規模を目指す計画である。(2020/4/28)

随時更新中:
エレクトロニクス関連企業の新型コロナ対策や取り組み
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染拡大は、エレクトロニクス業界の企業活動にも、さまざまな影響を与えている。ここでは業界の関連企業や団体が発表した事業の対策や感染拡大防止に向けた取り組みなどをまとめていく。(随時更新、既報の内容含む)(2020/4/16)

組み込み採用事例:
ガラスパレット向けに開発したIoT位置管理システムの運用を開始
AGCは、ガラス輸送に用いられるガラスパレット向けのIoT位置管理システム「パレットIoTシステム」を独自に開発し、国内で本格的に運用を開始した。物流担当者が、リアルタイムでパレットの位置や動きを把握できる。(2020/4/4)

製造業IoT:
誰もが簡単にIoTを使えるifLinkがコミュニティ設立、2020年夏にオープン発表会
「誰もがカンタンにIoTを使える世界」を目指すifLinkオープンコミュニティが、設立記念イベントとなる「ifLink Open Community CYBER KICK OFF」をオンラインで開催。100以上の企業・団体が参画する同コミュニティから早期に成果を示す場として、2020年夏にオープン発表会を計画しているという。(2020/4/2)

ハロー、自作キーボードワールド 第3回:
「メンブレン」「静電容量無接点」「メカニカル」──なぜキーボードはキーを入力できるのか 打鍵感の要「キースイッチ」のキホン
今回はキースイッチの入力方式の大まかな分類と、その中でも自作キーボードでメインの話題となる「メカニカル方式」の概要についてお伝えしていく。(2020/4/2)

アルプスアルパイン SKSUBBE010:
移動量1.04mm、作動力5Nの車載用タクトスイッチ
アルプスアルパインは、小型ミドルストロークタイプの車載用タクトスイッチ「SKSUBBE010」を発表した。作動力は5N、移動量は1.04mm、サイズは5.3×5.4×4.34mm。2020年4月から月産200万個の予定で量産を開始する。(2020/3/13)

充実するAndroidの代替OSとカスタムUI【前編】
「Fire OS」だけではない「Android代替OS」5選 あなたは幾つ知っている?
「Android」からの乗り換えを狙う代替OSが充実してきた。どのようなOSがあるのだろうか。代表的な5つを紹介する。(2020/3/13)

へそ出しキュートな働くおねえさんたちを激写! 「大阪オートメッセ2020」美女コンパニオン写真まとめ第2弾
OAM2020会場で働くお姉さんたちを激写!(2020/2/19)

ロボット開発ニュース:
視覚障がい者を支援するAIスーツケースの共同開発を発表、日本IBMなど5社が参加
日本IBMなど5社は、「次世代移動支援技術開発コンソーシアム」を設立する。IBM フェロー 浅川氏の研究をベースに、視覚障がい者を支援するAIスーツケースの開発を目指す。(2020/2/10)

IBM、アルプスアルパインなど5社:
視覚障がい者の移動を支援する「AIスーツケース」開発へ
アルプスアルパイン、オムロン、清水建設、日本アイ・ビー・エム、三菱自動車の5社は2020年2月6日、視覚障がい者の移動やコミュニケーションを支援するスーツケース型ロボットの開発に取り組むコンソーシアムを設立した、と発表した。AIや触覚インタフェース、ロボティクスなど各社の技術を統合することで技術開発を加速し、2022年の社会実装を目指す。(2020/2/7)

AI搭載の“走るスーツケース”誕生へ 視覚障害者の移動をサポート IBMら5社が共同開発
視覚障害者が利用しやすい「AIスーツケース」の開発に向け、IBMら5社が社団法人を設立した。6月にプロトタイプを使った実証実験を行う。(2020/2/6)

今、あらためてPS5の姿を想像してみる ストレージ、サウンド、コントローラ、光ディスクはどうなる編
ゲームテクノロジーを長年追っている西川善司さんによる、次期プレイステーション「PS5」の予想図。その後編をお届けする。(2020/2/4)

あのランドローバーの伝説的車種が復活 新型「ディフェンダー」に先行予約モデル第2弾
あのディフェンダーが現代的に進化。(2019/12/2)

電子ブックレット(BUILT):
「第5回国際ドローン展」総力取材レポ
ウェブサイトに掲載した記事を印刷しても読みやすいPDF形式の「電子ブックレット」にまとめました。BUILT読者会員になれば、無料でダウンロードすることができます。今回紹介するのは、ドローンの産業利用に焦点を当てた専門展「第5回国際ドローン展」の会場レポートです。(2019/11/11)

第4次産業革命の現在地:
東芝が“真にオープン”なIoT団体設立、「誰でも作れるIoT」に向け100社加入へ
東芝と東芝デジタルソリューションズは2019年11月5日、同社が開発した連携技術「ifLink」をベースとしてIoTサービスのオープンな共創を目指す「ifLinkオープンコミュニティ」を2019年度(2020年3月期)中に設立し、2020年3月までに100社の加入を目指すと発表した。(2019/11/6)

CEATEC 2019:
自動運転やシェアカーを見据えたソリューション
アルプスアルパインは、「CEATEC 2019」で、完全自動運転やシェアリングカー時代を見据えた「シームレススマートモビリティソリューション」を提案した。(2019/10/18)

飛行機の滑走路は「平らで長い」とは限らない 世界は広い……! 超絶ハードな空港
オーバーランしたらと思うとぞっとします。(2019/10/8)

アルピーヌ、ミッドシップの小型スポーツカー「アルピーヌ A110S」を東京モーターショー2019に出展
スイスイ軽快に走れて楽しいぞと話題の小型軽量スポーツカー、乗ってみたいなぁぁぁ。(2019/10/4)

アルプスアルパイン SPVQ8シリーズ:
従来比25%薄型化、車載用検出スイッチ
アルプスアルパインは、自動車のサイドドアやボンネットの開閉などを検知する検出スイッチ「SPVQ8」シリーズを発表した。端子形状をショートフォーク型へ最適化したことで、従来比25%薄型化した。(2019/9/4)

ひゃっほー タイムズカーレンタルに新型スポーツカー「アルピーヌ A110」配備、1時間3240円から
あこがれのスポーツカー乗ってみたい人に。(2019/8/23)

東大と日本IBM、ITと人文科学を融合した新研究プログラム発足 ドコモやパナ、ヤマトなど日本企業18社も参加
東京大学と日本IBMは、先端デジタル技術と人文社会科学の融合をテーマにした革新的な社会モデルをデザインする新たな研究プログラム「コグニティブ・デザイン・エクセレンス」を設立した。日本企業の強みを生かしながら持続的成長を実現する社会モデル創出を目指す。(2019/8/22)

デジタル製造の進化と真価:
PR:アディダスやフォードが採用するCarbonの3Dプリント技術が国内製造業を変える
製造現場に3Dプリンタの導入が進んで久しいが、その用途は主として試作に限られている。この常識を覆し、最終製品の量産にも対応できる高品質かつ超高速3Dプリントを可能にしたのがCarbonのテクノロジーだ。既に世界有数の製造業がCarbonの3Dプリンタを活用し、製品開発や生産体制を抜本的に変革している。この動きは日本の製造業にも大きなインパクトを与えることになるだろう。(2019/8/1)

気圧と水圧、センサー1つで測定:
アルプスアルパイン、防水気圧センサーを量産
アルプスアルパインは、標高9000mの低圧環境から水深10mの高圧環境まで利用できるデジタル防水気圧センサー「HSPPAD143A」の量産を始めた。(2019/8/19)

バッファロー、2.5GbE接続に対応した法人向けNAS「TS3020」シリーズを9月上旬から発売
バッファローは8月7日、2.5ギガビットイーサネット(2.5GbE)接続に対応した法人向けNAS「TS3020」シリーズを発表、9月上旬から販売を開始する。(2019/8/7)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(141):
変なアイコン、変な名前だからって、マルウェアだと決め付けないで!
Windows 10をシャットダウンや再起動する際に、「Elara このアプリがシャットダウン(再起動)を妨げています」というメッセージ画面を目にしたことがあるでしょうか。少し古めのノートPCをお使いなら見たことがあるかもしれません。見たことのないアイコンとアプリ名にギョッとするかもしれませんが、心配はありません。(2019/8/7)

車載情報機器:
アルプスアルパインがブロックチェーン活用を強化、フリービットと業務提携
アルプスアルパインとフリービットは2019年7月23日、東京都内で会見を開き、ブロックチェーン技術の活用について包括的業務提携を結んだと発表した。安全なデジタルキーの共同開発、車両情報や走行データのセキュアな管理を実現するITインフラの構築などで協力する。(2019/7/24)

【Amazonプライムデー】年に一度の超セール開幕! Fire TV Stickが2980円、PCエンジン miniも予約開始
今回は過去最長となる48時間開催!(2019/7/15)

市場規模は116億米ドル:
MEMS市場世界ランキングトップ30社を発表、Yole
フランスの市場調査会社Yole Développementは6月10日(現地時間)、2018年の世界市場におけるMEMSメーカー、トップ30社のランキングを発表した。1位はBroadcom、2位はRobert Bosch(以下、Bosch)と前年同様の順位となっている。Yole Développementによると、2018年のMEMSメーカーのトップ30社の総売上高は103億米ドル以上(前年比成長率は約5%)だったといい、「2018年のMEMS市場全体の売上高116億米ドルの90%を、この30社が占めている」としている。(2019/6/13)

ワイヤレスIoT EXPO2019:
「Sigfox」、幅広い分野の応用事例を紹介
京セラコミュニケーションシステム(KCCS)は、「ワイヤレスIoT EXPO2019」で、IoT(モノのインターネット)ネットワーク「Sigfox」の最新情報と、Sigfox対応モジュールなどの関連デバイスおよび、その応用事例などを紹介した。(2019/5/31)

アルプスアルパイン、高付加価値の展示:
EV向け、リアルなエンジン音の接近警報装置
アルプスアルパインは、「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」(2019年5月22〜24日、パシフィコ横浜)で、モーターで走行する電気自動車(EV)やハイブリッド車向けの、リアルなエンジン音を再現した「車両接近警報(eSound)」や、高感度の静電検出技術を利用したソリューションを展示した。(2019/5/28)

人とくるまのテクノロジー展2019:
ブロックチェーンでスマホをクルマの鍵に、アルプスとアルパインの連携で実現
アルプスアルパインは「人とくるまのテクノロジー展2019 横浜」(2019年5月22〜24日、パシフィコ横浜)において、ブロックチェーンを用いたクルマ向けのデジタルキーを展示した。物理的なキーを使わないことで、クルマの貸し借りやカーシェアリングの利便性を向上させる。ブロックチェーンを用いることで、デジタルキーの管理や維持にかかるコストを低減する。(2019/5/27)

アルプスアルパイン FLHL2シリーズ:
光トランシーバー向けミラー付レンズアレイ
アルプスアルパインは、データセンターなどの光ネットワークに使用される光トランシーバーの受信機用に、集光レンズとミラーを一体化したミラー付レンズアレイ「FLHL2」シリーズを開発した。(2019/5/20)

第5回国際ドローン展:
“電線を自動追尾”しながら4K撮影、アルプスアルパインが東芝のAI画像解析を用いて関電で試験導入
アルプスアルパインは、「第5回国際ドローン展」で、関西電力、東芝デジタルソリューションズと共同で2019年2月に試験導入した送電線のドローン点検システムを披露した。(2019/4/22)

電池交換不要で10年稼働:
SIGFOXの測位技術で物流資材管理、アルプスのIoTタグ
アルプスアルパインは「第8回IoT/M2M展」(2019年4月10〜12日、東京ビッグサイト)で、電池交換なく10年以上稼働できる新開発の物流管理用IoT(モノのインターネット)デバイス「Lykaner」とSigfoxの新たな測位技術を組み合わせた「物流資材管理システム」や、アナログメーターに磁気センサーを用いたIoTデバイスを取り付ける「遠隔監視システム」を紹介した。(2019/4/18)

SAP ERP導入支援ビジネスを展開するALSIに聞く:
PR:データをコピーするだけで3〜4日はかかる――SAP ERPにおけるテストデータマネジメントの課題とは
業務改革を推進するための中核的なソフトウェアとして1990年代から導入が進められたSAPシステム。現状のSAP ERPについてユーザーは何を課題に感じているのか。それをどのようにすれば解決できるのか。SAP ERP導入支援ビジネスを展開するアルプス システム インテグレーションと、開発、運用を手助けするさまざまなツールの国内展開を手掛けるアシストの対談から、SAP ERPにおけるデータマネジメントやデータ活用の課題、その解消方法を探っていきたい。(2019/4/22)

DockerデーモンやDockerfileなしでコンテナ化できる:
Google、Javaアプリケーションを簡単にコンテナ化できるオープンソースツール「Jib 1.0.0」をリリース
Googleは、DockerのインストールやDockerデーモンの実行、さらにはDockerfileの作成も行うことなく、Javaアプリケーションをコンテナ化できるオープンソースツール「Jib」を正式リリースした。(2019/2/13)

推定2000万円以上!? “バイク界のロールス・ロイス”ブラフ・シューペリア「SS100」激レアすぎる1926年モデルが海外オークションに出品
『キノの旅』のエルメスのモデル、といえばピンと来る人もいるかも。(2019/2/3)

スマート工場EXPO2019:
アディダスが選んだ量産向け高速3Dプリンタ、日本市場でも着々と受注拡大
米国の3DプリンタベンチャーのCarbonは、「第3回スマート工場EXPO」に出展し、引き上げ式の光硬化樹脂型の新方式3Dプリンティング技術をアピール。日本市場でも本格的に導入が広がりつつあることを訴えた。(2019/1/22)

車載向けタッチソリューション:
入力のアルプス+出力のアルパイン、強みを融合
アルプスアルパインは「第11回 カーエレクトロニクス技術展」(2019年1月16〜18日、東京ビッグサイト)で、車載向けのタッチインプットモジュールなどを展示した。(2019/1/21)

Amazonのビッグセール「サイバーマンデー」は12月7日18時から ルンバやPS4 Proなどもセール対象に
ほしい商品は今のうちにチェックしておきましょう。(2018/12/6)

「世界中で住所革命が起きている」 3つの言葉で位置を示すwhat3wordsの仕組みと課題
「///いちがつ・わたくし・ねむい」といった3つの言葉で細かい場所を指定できるwhat3words。開発したイギリスwhat3wordsのCMO、ジャイルズ・リース・ジョーンズ氏が開発の経緯や仕組みについて話した。(2018/11/22)

全世界の住所を3つの単語に置き換えた「what3words」、ソニーのファンドから資金調達
3つの単語でピンポイントで場所を伝える位置情報技術を開発したイギリスのベンチャー企業what3wordsが「Sony Innovation Fund」から資金調達を実施する。(2018/11/7)

「たった35分で」「3454メートルの絶景」ヤバイ! ヨーロッパ最高地点の鉄道駅「ユングフラウヨッホ」へ行ってみた
スイスの名物急勾配鉄道「ユングフラウ鉄道」、すごかったです!【絶景写真40枚】(2018/11/2)

古田雄介のアキバPickUp!:
第8世代Coreシリーズの品薄傾向が深刻化
第9世代Coreシリーズに対応するZ390マザーが登場した一方で、現行の第8世代Coreシリーズの全体的な品薄傾向が表面化している。年明けまで尾を引きずるといったコメントも複数ある。(2018/10/9)

口先だけの「残業減らせ」は無意味:
「浮いた残業代は社員に還元すべき」 アルプス電気・栗山社長
自動車やスマートフォン向け電子部品を製造販売するアルプス電気が、残業時間削減で浮いた人件費を賞与で社員に還元する制度を2018年夏から実施。その狙いを栗山年弘社長に聞いた。(2018/9/19)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。