ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「Amazon SQS」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

Simple Queue Service

KubeCon + CloudNativeCon 2018詳報(5):
Knativeでサーバレスは、クラウドによるロックインの超越に向かう
「サーバレス」、そしてKnativeは、KubeCon + CloudNativeCon 2018における大きな話題となった。ではあらためて、サーバレスとは何なのか。多数のサーバレスOSSがある中で、Knativeが特に注目されるのはなぜなのか。(2018/12/27)

AWS re:Invent 2018発表まとめ(3):
AWS、サーバレスの進化とクラウドネイティブアプリケーションの広がり
AWS re:Invent 2018におけるAWS Step Functionsの新機能は、AWSにおけるクラウドネイティブアプリケーション開発へのメッセージを強化する役割を果たす。(2018/12/4)

顧客が求めるパブリッククラウドの移植性
IaaSのマルチクラウド対応を比較 AWS、Azure、Googleの共通点と違いは?
主要IaaSベンダーはある種のマルチクラウドに対応するサービスを提供しているが、顧客が望むシームレスな移植性を実現するためにやらなければならないことは残っている。(2018/10/2)

Nutanix .NEXT 2018:
開発者ニーズに応えるオンプレミスのパブリッククラウド化、決め手は「PaaS」機能
Nutanixは、2018年5月上旬に開催した同社カンファレンス「Nutanix .NEXT 2018」で、「PaaS」への取り組みをアピールした。「オンプレミスのパブリックラウド化」でメリットを感じるべきなのは、開発者だからだ。(2018/5/14)

AWS re:Invent 2017:
VMware Cloud on AWS、Direct Connect対応、Site Recoveryなど大幅な機能強化
VMwareとAmazon Web Services(AWS)は2017年11月28日(米国時間)、VMware Clooud on AWS(以下、VMC on AWS)で、新リージョン、Direct Connect、Site Recoveryサービスの提供など、大幅な機能強化を発表した。「続・VMware Cloud on AWSについて、現時点で分かっていること」という記事の中で、VMwareのVMC on AWSプロダクトマネジメント担当シニア・ディレクター、ナラヤン・バラワジ氏の発言として紹介したことは、おおむね実現した。(2017/11/29)

標準イーサネットからAWSまで:
PR:産業用IoTをいかに短期間で開発するか――“業界標準”対応に徹したプラットフォームが鍵に
産業用IoT(IIoT)の実現に向けた動きが加速する中、テスト・計測・制御ソリューションを提供するナショナルインスツルメンツ(NI)は、IIoT向けプラットフォームの強化に力を入れてきた。NIは、自社のテクニカルカンファレンス「NIWeek 2017」で、同プラットフォームのさらなる強化を図る機能を発表した。それは、標準イーサネットの拡張規格である「TSN」や、「AWS(Amazon Web Service)」など、“業界標準”にこだわり抜いた機能である。(2017/7/31)

Tech Basics/Keyword:
Amazon Web Services(AWS)
パブリッククラウドサービスでNo.1のシェアの「Amazon Web Services(AWS)」とはどういったサービスなのだろうか。AWSを理解するための第一歩として、概要をコンパクトにまとめてみる。(2017/6/9)

AWS re:Invent 2016:
AWS Step Functionsの、分散アプリ構築・運用手法としてのユニークさ
米Amazon Web Services(AWS)が「AWS re:Invent 2016」で発表した「AWS Step Functions」は、ユニークなサービスだ。分散アプリケーションの開発・運用を新たな形で実現するツールと表現できる。(2016/12/13)

クラウド、ユウナ、ライトニングたちが2頭身でしゃべる……! FFシリーズのキャラが巨大フィギュアで渋谷駅に登場
かわいい頭でっかち仕様だけどボイスはガチ。(2016/10/7)

クラウド時代のサービス開発――「個人と対話する機械」を作るヒント(1):
個人と対話するボットの裏側――大衆化するITの出口とバックエンド
マシンラーニング、ディープラーニングなど、未来を感じさせる数理モデルを使ったコンピューター実装が注目されている。自ら学習し、機械だけでなく人間との対話も可能な技術だ。では、コンピューターはどのように人間との対話を図ればよいのだろうか。コンピューターの技術だけでなく、そこで実装されるべきインターフェースデザインを考えるヒントを、あるコンシューマーアプリ開発のストーリーから見ていく。(2015/7/21)

AWSの管理画面が日本語化
中国語でも表示可能。従来の英語表示にも戻せる。(2015/4/22)

大規模プッシュ通知基盤大解剖(終):
24時間途切れないサービスで有効なImmutable Infrastructureの運用方法
大規模プッシュ通知基盤について、「Pusna-RS」の実装事例を基にアーキテクチャや運用を解説する連載。今回は、Pusna-RSの運用面や発生した課題について、使用している技術やツール「AWS Elastic Beanstalk」「Jenkins」「Amazon CloudWatch」「GrowthForecast」「fluentd」「Elasticsearch」「Kibana」などの説明を交えながら紹介します。(2015/3/19)

大規模プッシュ通知基盤大解剖(2):
大量データ処理時に知っておきたいAmazon DynamoDB活用テクニック4選
大規模プッシュ通知基盤について、「Pusna-RS」の実装事例を基にアーキテクチャや運用を解説する連載。今回は、アプリ単位でテーブル分割を行い「スループットの奪い合い」を防ぐ方法、「全件走査用テーブル」を用意して処理を効率化する方法、Amazon SQSやAWS CloudWatchと連携して「スループット超過エラー」を防ぐ方法、「並列スキャン」で読み取り速度を向上させる方法などを紹介します。(2015/1/15)

大規模プッシュ通知基盤大解剖(1):
プッシュ通知の基礎知識&秒間1万を超えるプッシュ通知基盤のアーキテクチャと仕組みとは
大規模プッシュ通知基盤について、「Pusna-RS」の実装事例を基にアーキテクチャや運用を解説する連載。初回は、プッシュ通知の概要に加え、AWSやNode.js、DynamoDB、Elasticsearch、Amazon SNS/SQS、Rendrなどで構成される全体的なアーキテクチャや仕組みについて紹介します。(2014/12/18)

AWS re:Invent 2014:
AWSの新サービスLambdaとECSは、何であり、何でないのか
Amazon Web Services(AWS)は、AWS re:Invent 2014で、「Amazon EC2 Container Service」および「AWS Lambda」を発表した。誤解されそうな部分を含めて、これらのサービスの内容と狙いを探った。(2014/11/17)

AWS Tips:
IAMのポリシーを設定する
IAM全体で使われる認証情報(ポリシー)の書き方について解説します。(2014/8/11)

AWSが頂点に立つまでの10年を振り返る
ウォール街で偏愛されるAmazonのパラドックス 業績が悪化しても株価は高騰
Amazon Web Services(AWS)が登場して10年がたった。当初は誰も予想しなかったが、AWSの成長は目覚ましく、将来はAmazon.comの売上高をしのぐと予測するアナリストもいる。AWSの魅力とその舞台裏に迫る。(2014/5/16)

AWS情報アップデート:
AWS、「Amazon AppStream」を全デベロッパに公開
Amazon Web Servicesは2014年3月12日、これまで限定プレビュー段階だったAmazon AppStreamを一般ユーザーに公開することを発表した。(2014/3/13)

AWS情報アップデート:
「AWS SDK for JavaScript」プレビュー公開、ブラウザから直接AWSサービス呼び出し
米Amazon Web Servicesは2013年10月31日、ブラウザからAWSのサービスに直接アクセスできるアプリケーションを構築するためのSDK「AWS SDK for JavaScript」の開発者プレビューを公開した。(2013/11/1)

AWS情報アップデート:
AWS「Mobile Push」を発表、1つのAPIで各社の端末にプッシュ通知が可能に
モバイル端末OS向けのプッシュ機能を発表。単一のAPI操作で主要端末へのプッシュ通知機能を利用できる。(2013/8/19)

ログイン機能を組み込み可能に:
AWS、FacebookやGoogleとのID連携をサポート
クラウドベースのモバイルアプリにFacebookやGoogle、および「Login with Amazon」といったサービスへのログイン機能を組み込むことが可能になる。(2013/5/30)

スマートフォンとクラウドをつなぐ技術カタログ(3):
クラウドストレージ「Amazon S3」とiPhone/iPadを直結するSDKとは
(2012/3/9)

スマートフォンとクラウドをつなぐ技術カタログ(2):
クラウド「AWS」とAndroidを直結するSDKで何ができるのか?
(2012/2/3)

Amazon、7つ目のデータセンターを米オレゴン州に開設
Amazon.com子会社のAWSが、北米で4つ目になるデータセンターをオレゴン州に開設した。日本からも利用できる。(2011/11/10)

クラウドの課題「パフォーマンス管理」を解決する【後編】
AWSとWindows Azureのパフォーマンスを管理するには
Amazon Web ServicesやWindows Azureは、それぞれのユーザーがクラウドサービスのパフォーマンスを管理するための手法や情報を提供している。(2011/10/19)

オルタナティブ・ブロガーの視点:
Amazon EC2、1年間限定でフリーミアムサービスを開始。日本でも利用可能
Amazonが発表した11月1日から無料Webサービスを開始するというニュースについて、オルタナティブ・ブロガーの斉藤徹氏が、内容や限定機能などをいち早く紹介します。(2010/10/22)

Amazon、クラウドの更新告知サービス「Amazon SNS」を発表
Amazonのクラウドサービスに、Webアプリの更新情報などをユーザーに手軽に告知できるオンラインサービスが加わった。(2010/4/8)

空きリソースに対して条件を入札:
Amazon EC2の課金モデルに入札方式が追加
Amazon Web Servicesのクラウドコンピューティングサービス「Amazon EC2」で、入札方式でリソースを利用できる新課金モデル「Spot Instances」がスタートした。(2009/12/15)

Amazon、クラウドコンピューティングサービスをアジア太平洋地域に拡大
2010年上半期にシンガポールに、下半期にはアジア内の別のエリアにデータセンターを設置する。(2009/11/13)

先週のランキング:
【Top10】クラウドのコスト議論より大きな話
(2009/1/13)

[Analysis]:
転回点を迎えたAmazonのクラウド
(2008/11/4)

雲の向こうは天国か地獄か:
クラウドに賭けることができるか?
クラウドが勢いを増している。インターネットという雲にあらゆるものを置いてしまうというモデルは、特にシステム投資力の弱い中小企業にうってつけだ。ただ大企業が本格導入するには「サービス停止」というリスクの評価が必要になる。(2008/10/7)

年内に開始予定:
米アマゾン、S3と組み合わせて使えるCDNサービス提供へ
(2008/9/19)

Amazon Web Services、有償のテクニカルサポートサービスを開始
クラウドやストレージなどのWebサービスの利用者を対象に、2種類の有償テクニカルサポートサービスを立ち上げた。(2008/4/19)

Webアプリ開発の新基準:
Amazonを支える“アフィリエイト”の真意
数多くのECサイトで採用されているアフィリエイト。Amazonはその先駆けともいえる存在だ。Webサービスへのアクセス方法を広く公開する同社の方向性について、米国Amazon.comでテクニカル・エバンジェリストのジェフ・バー氏に聞いた。(2005/11/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。