ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アメリカズカップ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アメリカズカップ」に関する情報が集まったページです。

F1ドライバーとファンがレースできる?
ロス・ブラウン氏が語るF1のデジタル改革
ファン体験の向上で後れを取っていたF1が今、変わろうとしている。Formula One Groupのトップとして改革を進めているロス・ブラウン氏は何を考えているのか。(2017/10/2)

CAD事例:
18カ月でカタマランの設計/開発/最適化を可能にしたソリューション
仏Dassault Systèmesは、国際ヨットレースに出るフランスのGroupama Team Franceが同社の3DEXPERIENCEプラットフォーム「デザイン・フォー・シー」を採用したことを発表。カタマランの設計/開発/最適化を18カ月で実現した。(2017/4/28)

Dell EMC提供ホワイトペーパー
ITも競われる国際ヨットレース、勝利の鍵を握るハイパーコンバージド製品は?
国際ヨットレースではクルーの技術だけでなく、センサーが収集した膨大なデータを分析する能力や、より高速で軽量なボートを開発する能力も競われる。世界最高峰のレースに挑むイギリスのセーリングチームは、その勝利の鍵として「ハイパーコンバージドインフラ」に注目した。(2017/2/16)

日本チームも久々に挑戦:
通称“海のF1レース”、ついに日本初開催のアメリカズカップとは何か?
1851年から続く世界最古の国際ヨットレース「アメリカズカップ」が、長い歴史の中で初めてアジアで開催された。予選レース「ワールドシリーズ」の最終戦となった福岡大会のレポートとともに、同カップが“海のF1”と呼ばれるゆえんなどを伝える。(2016/11/21)

Oracle OpenWorld 2016 Report:
1000コアのCPUから生まれる現代ヨットレースの最高峰とは?
「海のF1」とも称されるヨットレースの最高峰アメリカズカップに使用されるヨットは、時速80キロ近いスピードを出せるという。その実現にITがどう貢献しているのかについて、前回王者の「TEAM USA」に聞いた。(2016/9/27)

孫社長「何としても勝ちたい」 世界最高峰ヨットレース「アメリカズカップ」予選、福岡で開催 アジア初
世界最高峰のヨットレース「アメリカズカップ」の予選第9戦が、11月18〜20日に福岡市で開催される。(2016/6/2)

ヨットレース最高峰「アメリカズカップ」予選、日本初開催 ソフトバンクが参戦
ソフトバンクグループが、世界最高峰のヨットレース「第35回アメリカズカップ」の予選を、11月に福岡市で開催すると発表した。アジアでの開催は初めて。(2016/6/2)

先進事例の取り組みから見る成功例
クラウド&ビッグデータショーケース
(2015/7/30)

白戸家のお父さんがヘッドセールではねる!:
「AC45sへの変更は日本に有利」──ソフトバンク、第35回アメリカズカップ参戦を表明
ワンデザイン艇で戦うことになる第35回は、15年間のブランクがある日本にとって有利な条件がそろっているという。(2015/4/30)

GoProカメラで生中継──プロ用ウェアラブル無線トランスミッターが今春登場へ
GoProが無線トランスミッター企業と提携し、HERO4カメラでのプロレベルの生中継配信が可能なソリューションを開発中と発表した。(2015/1/15)

Oracle Days Tokyo 2014基調講演レポート:
PR:クラウド/ビッグデータ時代の企業システムが直面する課題に、オラクルはどう応えたか
日本オラクルは2014年10月、都内で「Oracle Days Tokyo 2014」を開催した。「クラウドで切り拓く最先端ビジネス」をテーマに掲げた同イベントでは、米国サンフランシスコで催された「Oracle OpenWorld 2014」における発表内容も交えつつ、クラウドカンパニーとしてNo.1を目指す同社の最新技術/製品を披露した。[プライベートクラウド/データベース統合][ビッグデータ][運用管理効率化][Engineered System][Oracle Database 12c][Oracle Multitenant](2014/11/26)

Oracle OpenWorld San Francisco 2014 Report:
「ボタンを押すだけでクラウドに」 エリソン会長がPaaSを積極アピール
3日目を迎えたOracleの年次カンファレンスでは、ラリー・エリソン会長が再びキーノートに登場。同社クラウドサービスの強みを繰り返した。講演冒頭では珍しいシーンも。(2014/10/1)

Oracle OpenWorld San Francisco 2013 Report:
DBやJavaも あらゆる企業にクラウドのすべてを
イベント史上初となるMicrosoftのパートナー講演に、ラリー・エリソンCEOの講演キャンセルと“珍事”が続いた中、キーノートに登壇したトーマス・クリアン製品開発担当役員がクラウド事業の進ちょくを語った。(2013/9/25)

三国大洋の箸休め(12):
「海のF1」アメリカズ・カップとラリー・エリソンの野望
「世界最高峰のヨットレース」と称されるアメリカズ・カップ。近年では、ヨットレースの「海のF1」化が進められているという。(2013/9/10)

Oracle OpenWorld 2010 Report:
Sunとの融合がOracleの本格的なクラウドビジネス参入を加速する
「Oracle OpenWorld 2010」4日目は、再びラリー・エリソン氏が登場して、Oracleのクラウドの優位性と、Sun Microsystemsと融合したことによる効果を力説した。(2010/9/24)

せかにゅ:
肥大化した帝国、失われた革新――元Microsoft社員の証言
Microsoftの元幹部が同社の衰退を語って話題になったが、ほかにもMicrosoftの元社員が、組織の巨大化による官僚主義化や社内政治で革新が失われている状況を語っている。(2010/2/15)

「世界一有名なヨットマン」も登場:
カスタマー・サービス3.0の実現へ――G-Force 2007速報
コンタクトセンターソリューションのトップベンダーであるGenesysが開催したG-FORCE 2007において、同社CEOのウェス・ハイデン氏が基調講演に立ち、カスタマー・サービスのあるべき姿について語った。(2007/5/1)

世界一でなければ売り飛ばす?――エリソン氏の豪華ヨット
Oracleのラリー・エリソン氏のプライベートヨットは現在世界最大。Microsoft共同創設者ポール・アレン氏のヨットよりも全長が12メートル長い。(IDG)(2005/6/22)

Oracleラリー・エリソン氏がスポーツチームを買収?
IT企業のスポーツチーム買収は何も日本ばかりではない。Oracleの大富豪、ラリー・エリソン氏は米国のフットボールかバスケットボールのチームを手に入れようと考えている。(IDG)(2004/10/30)

勝手に連載!「IT at SEA」(海で使うIT)
「最後まで動いていたのはTOUGHBOOKだった」──松下電器産業 TOUGHBOOKマリン仕様 CF-29を外洋で試す
Panasonicが開発を表明していた「マリン仕様」のTOUGHBOOKがようやくお目見え。「夏が終わったのに“マリン”もないでしょ」というなかれ。マリンスポーツはこれからが快適なオンシーズン。ということで、外洋を帆走るヨットで使ってみた。(2004/9/21)

海の男のIT事情「マリン仕様TOUGHBOOK編」
記者の本能のままに記事が続く「第42回東京国際ボートショー」の最後に紹介するのは松下電器産業が出展したマリン仕様TOUGHBOOK。海の男に求められるのは単なる対衝撃性能や防塵防水性能でないようだ。(2004/2/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。