ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アセンブリ言語」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アセンブリ言語」に関する情報が集まったページです。

SB C&Sが開発コストを数十分の1に削減:
PR:「世界生産性ランキング」30位の日本を変える「ローコード開発」とは
企業ITを取り巻く人材不足という課題に「ローコード開発」と呼ばれるコンセプトで一石を投じるOutSystems。ローコード開発とは何か、OutSystemsジャパンのアーノルド・コンセンコ氏とSB C&Sの荒川直樹氏に話を聞いた。その模様を前編に引き続きお届けする。(2019/9/17)

「量子版ムーアの法則」は実現するか 今の量子コンピュータは「さながら1950年代」
科学技術振興機構(JST)研究開発戦略センターの嶋田義皓フェローが、量子コンピュータの現状や、実用化が見込まれる時期を解説した。(2019/7/22)

【特集】Transborder 〜デジタル変革の旗手たち〜:
スピード感を求めれば「内製」しない理由がない ホテルおかだと京王電鉄が語る、デジタル変革のカギ
ホテルと鉄道というアナログなインフラを扱う業界でデジタル化を進める2人を招いて行った「Transborder対談」。後編ではDXに対する印象や内製化について、そして今後SIerはどうなるのか、といったシビアな話へと展開していきます。(2019/3/29)

アセンブリ言語は残る:
IPA、基本情報技術者試験にPythonを追加/COBOLを廃止
IPAは、国家試験「基本情報技術者試験」の内容を見直した結果、COBOLを廃止し、Pythonを追加する。線形代数や「確率・統計」など、数学に関する出題比率を上げる。AI人材育成のニーズなどを踏まえた。(2019/1/28)

Design Ideas 信号源とパルス処理:
PCのスピーカー回路でタイミングを制御
PCでタイミングを制御する最も容易な方法は、遅延ループを利用することだ。今回は、PCのスピーカー回路を利用して、安定した遅延ループを得る方法を紹介する。(2017/3/29)

main()関数の前には何があるのか(1):
「Hello World!」の中身を探る意義と環境構築、main(C言語)のアセンブラコードの読み方
C言語の「Hello World!」プログラムで使われる、printfやmainの中身を、デバッガによる解析と逆アセンブル、ソースコード読解などのさまざまな側面から探る連載。初回は、「Hello World!」の中身を探る意義と環境構築について触れ、mainのアセンブラコードを読んでみる。(2017/5/18)

山浦恒央の“くみこみ”な話(90):
猫でも分かるソフトウェアのテスト網羅(7):C2カバレッジは「裸の王様」
「制御パステスト」をテーマとする「猫でも分かるソフトウェアのテスト網羅」シリーズの第7回(最終回)では、前回に引き続き、パス・カバレッジの王者である「C2カバレッジ」の弱点を解説します。(2016/12/21)

8ビットマイコン時代に逆戻り? アセンブリ言語が人気上昇
かつてホビープログラマーにとって憧れだったアセンブリ言語が、今になってプロフェッショナルの世界で再評価されている。その理由とは。(2016/8/8)

Tech Basics/Catalog:
小型ボードコンピュータ
IoTでデータを収集したり、電子/機械工作などでセンサーやメカを制御するために利用できる小型ボードコンピュータの一覧をまとめておく。(2016/2/24)

特集:C#×JavaScript:
C#開発者のための最新JavaScript事情(クラス定義編)
本稿では、C#とJavaScriptにおけるクラス定義を比較し、TypeScriptやECMAScript 2015でJavaScriptプログラミングがどう変わるかを見ていく。(2015/10/22)

日本型セキュリティの現実と理想:
第7回 15年以上の激闘! 満身創痍になったアンチウイルス
前回は全くの無防備の状態からセキュリティ対策の発端になったアンチウイルスが普及するまでの経緯を取り上げた。今回は現在のセキュリティ対策に至るまでのウイルスのその後を続けよう。(2015/9/24)

MS-DOS歴史的遺産化記念企画:
MS-DOS温故知新 〜ソースコード公開を期にパソコン大衆化の原点を振り返る〜
30年前のMS-DOSのソースコードがコンピューター歴史博物館に寄贈され、公開された。現在のPC隆盛の礎となったソースコードを見に行こう。(2014/4/24)

アドバンスド・データ・コントロールズ 代表取締役社長 河原隆氏:
PR:“三重苦”を抜けた国内自動車産業の新規開発をツールで支援する
アドバンスド・データ・コントロールズ(ADaC)は、Green Hills Softwareの統合開発環境「MULTI」やリアルタイムOS「INTEGRITY」といったツールやソフトウェア製品を車載分野に展開している。“三重苦”を抜けて復活を遂げた国内自動車産業の新規開発を支援すべく、半導体メーカーと二人三脚で提案活動を進めていく考えだ。(2014/1/14)

ビジネスニュース 企業動向:
トヨタの急加速事故は欠陥だらけのファームウェアが原因?――原告側調査の詳細
2007年に米国オクラホマ州で、トヨタ自動車の乗用車「カムリ」が急加速したことによる死亡事故が発生した。事故をめぐる訴訟において、原告側証人として事故原因の調査を行った組み込みソフトウェアの専門家は、裁判で「カムリのエンジン制御モジュール(ECM)のファームウェアに重大な欠陥が見つかった」と報告した。(2013/11/11)

マイコン入門!! 必携用語集(7):
マイコンにも言語力が必要!?
マイコンが実行する命令はROMなどのメモリの中に0/1のパターンで格納されています。しかし、0/1のパターンではユーザーが何の命令なのか分かり難く、不便です。そこで、0/1のパターンに言葉を定義して、ユーザーはその言葉を使ってプログラムを作ります。その言葉を“プログラム言語”と呼んでいます。言い換えると、ユーザーはプログラム言語をマスターしていないと、マイコンのプログラムを作れないことになります。プログラム言語にはいくつか種類があります。今回は、それらを説明します。(2013/9/20)

車載ソフトウェア:
より高品質な車載ソフトウェアのコーディングを可能にする「MISRA C:2012」
自動車の電子化が進展し、車載システムがより複雑になるにつれて、車載ソフトウェアの重要性はさらに高まっている。車載ソフトウェアの品質を高めるためのガイドラインであるMISRA Cの最新版MISRA C:2012が2013年3月に発表された。本稿では、MISRA C:2012における、従来版からのアップデート内容について解説する。(2013/7/24)

マイコン入門!! 必携用語集(4):
マイコンのソフト開発って、どうやるの? ――「マイコン開発」で知っておきたい用語
マイコンについて、ある程度分かってきたところで、今回は、「マイコン開発」で覚えておきたいいくつかの用語を紹介します。同時に、マイコン開発で使用する開発ツール(開発環境)や全体的な開発の流れも解説します。(2013/6/17)

「メインフレームならCA」と言われる会社になりたい:
平均31歳、プラハに300人の若手メインフレーム部隊を養成、CA Technologies
COBOLやアセンブリ言語、メインフレームといった技術に詳しい若いエンジニアは探してもいない。ならばと、CA Technologiesは、プラハに300人規模の部隊を作ったという。メインフレームシステムの課題とは何か。米本社上級副社長と、日本法人社長に聞いた(2013/5/15)

OpenFlow/SDN、誤解の構造【第2回】
【技術動向】OpenFlowに対する4つの誤解を検証する
さまざまに誤解されているOpenFlow。今回は主な誤解の中身を紹介するとともに、この技術のより適切な位置付けを考える。(2012/11/26)

マイクロマウスで始める組み込み開発入門(5):
階層構造を意識して、信頼性の高いプログラムを組もう!
マイクロマウスの組み立てキット「Pi:Co Classic」を完成させた北上くんとえみちゃん。早速、サンプルプログラムで迷路を走らせようとするえみちゃんに「待った」をかけた北上くんは、自らの思い「Pi:Co Classic構想」を語り始める――。今回は、マイクロマウス【プログラミング編】の序章をお届けする。(2012/9/11)

Design Hands-on:
デジタル制御電源を学ぶ(2) デジタル制御用ICの特徴を理解しよう
前回は、「デジタル電源は何がどう『デジタル』なのか」という基本中の基本を押さえた。今回は、次回以降の「実践編」に入る前の準備として、ソフトウェアによるデジタル制御を実現する制御IC(マイコンやデジタルシグナルコントローラ(DSC)、DSP)の特徴について、アナログ制御と対比させながら解説する。(2012/2/8)

きのこる先生のエンジニア転職指南(7):
このキャリア、Web業界で生きる? 職種別・Web業界相性診断
元プログラマ、現Web系企業の人事担当者による、エンジニア転職指南。「応募書類の書き方」や「自己PRの仕方」について、エンジニアの視点を持ちながらアドバイス。エンジニアの幸せな転職のために、菌類が奮闘する。(2012/1/31)

山浦恒央の“くみこみ”な話(35):
規模見積もりの王様「LOC見積もり」 〜見積もりの基本技法 その2〜
「ソフトウェア技術者の最高の能力は、見積もりだ!」――今回から世界のソフトウェア開発プロジェクトで最も頻繁に使われている積み上げ法による見積もりを紹介。まずは、規模見積もりの王様「LOC見積もり」について。(2011/9/14)

電源設計 デジタル制御:
目的から手段に変わるデジタル制御、電源の市場要求に応える切り札に
自動車のエンジンにマイコンを使ったデジタル制御が導入されてから数十年がたつ。デジタル化によって高度な制御が可能になり、燃費の改善や排気ガスの抑制、運転性能の向上を実現した。そして今、スイッチング電源もデジタル制御への移行期に差し掛かっている。デジタル制御ならではの高度な制御や通信機能によって、電源のさらなる小型化・高効率化や高機能化を推し進める。(2011/9/9)

Embedded Android for Beginners(Android基礎講座):
第10回 どうやってAndroidに移行するか
限られたハードウェアリソースの中で動作する組み込みソフトウェアをAndroidに移行するためには、幾つかの押さえどころがあり、十分な考察と技術が必要になります。Linuxベースからの移行の他、Javaベースからの移行とRTOSベースからの移行方法を紹介します。(2011/4/28)

Embedded Android for Beginners(Android基礎講座):
第5回 失敗しないAndroidとの付き合い方
Android採用機器が広がる中、Androidをうまく活用できる人、すなわちAndroidの波に乗れる人と、逆にのみ込まれてしまう人の2種類に分かれる動きが見えてきました。運悪くビジネスに失敗することはもちろんあります。しかし、Androidで失敗する人のほとんどは、のまれるべくしてのみ込まれてしまうと筆者は考えています。(2010/12/8)

山浦恒央の“くみこみ”な話(23):
構造化プログラミングからオブジェクト指向への進化
構造化プログラミングから“なぜ”“どのようにして”「オブジェクト指向プログラミング」が誕生したのか? 今回は、その歴史を振り返る(2010/9/17)

山浦恒央の“くみこみ”な話(22):
構造化プログラミングの苦難の歴史
今回は「構造化プログラミング」の歴史について解説。その道のりを理解することは、プログラミングを正しく理解することにもつながるはずだ(2010/8/17)

山浦恒央の“くみこみ”な話(21):
ソフトウェアの定量的測定の甘いワナ
ソフトウェア測定の何がそんなに難しいのか? 測定にどんな落とし穴があるのか? 歴史からひも解いていく。まずは、混乱期から(2010/7/22)

64bit Windows時代到来:
第2回 Win32アプリケーションを実行するWOW64
互換性が重視されるWindow OSでは、64bit版Windows OSでも32bitアプリケーションのサポートが必須。それを可能にするWOW64とは何か? x64 CPUについても解説する。(2010/7/1)

組み込み用途では「面積効率」と「並列度」が鍵に:
画像処理プロセッサの基本を学ぶ
組み込み機器では、画像処理に特化した専用プロセッサを用いるケースが増えている。専用ハードウエアアクセラレータを設計するよりも短期間でシステムを構築することができ、汎用プロセッサやDSPよりも高いチップ面積効率が得られるからだ。ただし、専用プロセッサの実力を最大限に発揮するには、画像処理の詳細とプロセッサのアーキテクチャについて、「並列度」の観点から深く理解しておく必要がある。(2009/12/28)

ツールの進化がもたらす開発スタイルの変化:
組み込みソフト開発の“主役”は誰に?
かつて、組み込み機器用ソフトウエアの開発は、それを専門とする技術者の手で行われていた。しかし、現在は、モデルベース設計ツールをはじめとした設計の抽象度を高めることが可能なツールを利用することで、システム設計者やドメインエキスパートであっても、組み込みソフトウエアを開発できる環境が整いつつある。本稿では、代表的なモデルベース設計ツールとその活用事例などを紹介した上で、組み込み用ソフト開発の現状についてまとめる。(2009/12/1)

イチから作って丸ごと学ぶ! H8マイコン道(7):
H8マイコンのソフトウェア開発環境を整備しよう
今回から「C言語による制御プログラミング」をテーマにした新章に突入! まずはH8マイコンのプログラミング環境の構築から(2009/10/23)

最適な設計を行うための基礎知識を整理する:
マルチプロセッサのアーキテクチャ
シングルコアのプロセッサでは、アーキテクチャに関して適切な分類を行うことで、それぞれが得意とする分野を理解することができた。マルチコアのプロセッサについても、同様なことが言える。適切な分類を行うことにより、チップ開発者、ボードレベルのシステム設計者、ソフトウエア開発者、開発ツールベンダーの間で、各種用途で用いられる用語や主要要件に対する認識の共有を図ることが可能になる。(2009/10/1)

日産自動車 電子・電動要素開発本部 副本部長兼電子システム開発部部長 安保敏巳氏:
ソフト開発が左右するクルマの今後
クルマは既にエレクトロニクスなしではまったく立ち行かないところまで来ている。ほぼ全ての機能はECU(Electronic Control Unit)の管理下にあり、ECUはソフトウエアによって動作している。つまりクルマのほとんどの機能はソフトウエアによって制御されている。クルマに乗ることは、ロボットに乗っていることに実は近い。クルマの開発自体も、必要な大量のソフトウエアをいかに短期間で開発するかにかかっている。デジタル家電の開発では、「ソフト半分、ハード半分」と呼ばれている。これはクルマの開発でもまったく同じであり、エレクトロニクス技術者にとって、ソフトウエア開発は切っても切れないものになっている。(2009/8/24)

.NET互換性検証ツールレビュー:
「MoMA」を使って.NETアプリをLinuxのMonoに移植してみる
「Mono Migration Analyzer(MoMA)」は、Microsoft .NETプログラムのMonoへの移植を支援するツール。その究極目標はWindowsソフトウェアをLinuxに移植することにある。実際にMoMAを検証してみた。(2009/4/13)

今日から使えるITトリビア:
ケータイに受け継がれたDNA――ポケコン&PDAの過去と現在
いまやケータイ全盛期。高機能化したケータイは単なる「電話」の域を超え、皆が利用する可搬型情報端末として受け入れられている。だがこの状況にいたるまでには、紆余曲折の歴史があった――。(2008/12/20)

−ザ・組み込み−ソフトウェアのハードウェア化(5):
「これって本来マイコンがするべき仕事なの?」に注目
アセンブリレベルの解析でプログラムのオーバーヘッド部分が見えてくる!! ソフトウェアのハードウェア化の考え方とは?(2008/12/17)

S08ではじめるマイコン制御プログラミング(1):
マイコン・システムでどんなことができるのか?
フリースケールの「DEMOQE128ボード」によるマイコン制御の基礎を解説。3軸加速度センサを使ったサンプル開発にも挑戦!!(2008/9/24)

プロセッサの選択肢を広げるソフトウエア開発ツール
組み込みソフトウエアの開発ツールは、当初、プロセッサベースの設計をより迅速かつ容易に行えるようにすることを目的として提供されていた。しかし、最近ではその目的に変化が現われてきている。数多くのプロセッサアーキテクチャの選択肢を提供し、設計者が最適なプロセッサを選べるようにすることに主眼が置かれつつあるのだ。(2008/9/1)

New Generation Chronicle:
力武健次――在野の孔明、問題解決の彼岸にみたプログラムの本質
回を重ねた「New Generation Chronicle」。自分のサイトなどでこの連載について言及する方も増えてきた。そうした方の中から、今回はネットワークセキュリティの研究者、力武健次氏を取り上げる。(2008/2/6)

Winampにシステム乗っ取りにつながる脆弱性
攻撃者が悪意あるMP4ファイルでWinampの脆弱性を悪用し、バッファオーバーフローを発生させる恐れがある。(2007/12/12)

H8で学ぶマイコン開発入門(13):
H8マイコンを使いこなすポイント集
最終回として、これまでの連載記事を振り返り、H8マイコンでのソフトウェア開発に重要と思われるポイントをまとめる(2007/10/24)

Apple IIの「ジョブズ的視点」がPC革命の始まりだった
ウォズはApple IIを「プログラミングで問題を解決するツール」とみなしていたが、スティーブ・ジョブズ氏はこのマシンを家電のようにしたいと考えた。(2007/6/8)

自動車向けプロセッサの開発環境を試す
自動車および産業機器分野においても、ARMアーキテクチャのプロセッサが数多く利用されるようになってきた。今後はこれらの市場に特化してきた独自アーキテクチャのプロセッサとし烈な競争を繰り広げることになりそうだ。主要なベンダーが発表する最新のプロセッサからは、これまでの市場シェアを堅持しようとする強い意志が見て取れる。 (2007/3/1)

H8で学ぶマイコン開発入門(6):
ターゲットボードでLEDを点灯させてみる
ターゲットボードに搭載されたLEDやモータなど、各種負荷装置を制御するプログラムを作成していく。まずはLEDを点灯させてみよう(2007/2/19)

Javaでコンパイラの基礎を理解する(2):
簡単な仮想計算機を作ろう(準備編)
教育界、技術者コミュニティでJava言語の教育と啓蒙に長年携わってきた筆者が、Javaを通してコンパイラの仕組みを分かりやすく紹介する。(編集部)(2007/1/17)

H8で学ぶマイコン開発入門(3):
開発プロセスとクロス開発環境、そしてOSのこと
組み込みソフトウェアの開発環境を整える前に、まず開発の手順や一般アプリ開発との違い、そしてOSは何をしているのかを解説しておこう(2006/11/14)

新約・見てわかる パソコン解体新書:
第2回 Coreマイクロアーキテクチャ [前編]
オンライン版「見てわかるパソコン解体新書」の第2回目は、インテルのCoreマイクロアーキテクチャを取り上げます。(2006/11/1)

H8で学ぶマイコン開発入門(2):
組み込みソフトウェア開発はC言語が主流だ
C言語が組み込み開発の主流となったのはなぜか。機械語、アセンブリ言語などとの比較から、C言語が支持される理由を解説しよう(2006/10/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。