ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「自律コンピューティング」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「自律コンピューティング」に関する情報が集まったページです。

Wi-Fi 6は4機種を投入:
ジュニパーがAI機能の「Mist」をWANにも拡張、「全ての構成要素がそろった」
ジュニパーネットワークスは、同社のAI機能「Mist」を無線LAN、有線LANに加え、WANに拡張した。これで機械学習/AIにより自律運用ネットワークを目指す同社の取り組みは、全ての構成要素がそろったことになるという。(2020/8/5)

アナログ・デバイセズ幹部が解説:
PR:自動運転のカギを握るのはLIDAR ―― 「未来の自動車」に向けたセンシング技術展望
自律輸送の時代が近づきつつあります。高いレベルの自律性を備える輸送システムが、今まさに実現されようとしている。その基盤になるのは、MEMSベースの次世代慣性センサーや、レーダー、LIDAR(Light Detection and Ranging)のソリューションである。それらの高性能センシング技術について、アナログ・デバイセズで自律輸送/車両安全担当ヴァイスプレジデントを務めるChris Jacobsが解説する。(2020/1/8)

通信の安定性を「報酬」と考える:
強化学習によってIoT機器が自ら最適な無線チャネルを選択 東京理科大
東京理科大学工学部電気工学科の教授を務める長谷川幹雄氏らのグループは、強化学習によって個々のIoT機器が自ら最適なチャネルを選択する自律分散型アルゴリズムを開発した。省電力、低性能の機器にも実装できる。(2019/11/13)

マルチクラウド、クラウドネイティブ時代のストレージはどうあるべきか
“ITインフラ自律化”の第一歩、ストレージ選びの勘所
人工知能(AI)によるITインフラの自律運用は、多くのIT部門が目指す世界だろう。だがその第一歩はどこに置くべきだろうか。多くのシステムがソフトウェア化する中、ストレージこそがそのきっかけになる、というアプローチがある。(2019/10/23)

「部下を信頼しないとテレワークはできない」 “性善説のマネジメント”が社員の自律性を育てる理由
USEN-NEXT HOLDINGSはグループ全体の約5000人がスーパーフレックスタイムやテレワークの対象になっている。特にテレワーク導入が進んでいるという広報部の事情を聞いた。(2019/10/10)

自動運転車向けの安全性評価:
ニューラルネットだって混乱する!その対策は?
安全な自律性を実現すること」は、AIベースの自動運転車の開発者にとって、解決することが最も難しい問題の1つとして挙げられる。米国ペンシルベニア州ピッツバーグに拠点を置く新興企業Edge Case Researchは、認識スタック のエッジケース(境目ぎりぎりで起こる特殊なケース)を識別する安全性評価プラットフォーム「Hologram」を開発している。(2019/6/28)

理想の職場か、それとも幻想か:
予算は社員の自由? 上司の命令がない? 謎の組織「ホラクラシー」に迫る
社員の自律性を重視する欧米発の新たな組織論が話題に。そのうちの1つ「ホラクラシー組織」を実践する企業に直撃した。従業員が経営判断を担ったりする一方でCEOが干渉できない業務も。(2019/2/14)

electronica 2018でMaximがデモ:
手のひらサイズのPLCで実現する「エッジでの自律性」
Maxim Integratedは「electronica 2018」で、同社の最新の産業用IoTプラットフォーム「Go-IO」のデモを披露した。手のひらに収まるサイズの超小型PLCのレファレンスデザインである。(2018/12/25)

eSOL Technology Forum 2018レポート:
PR:自動運転車の「人馬一体」を可能にする、パーソナライズされたAIとは
イーソルのプライベートカンファレンス「eSOL Technology Forum 2018」では、「AIと自律分散型プラットフォームによる新たなテクノロジーの覚醒」をテーマに、AI技術の可能性と課題、代表的なAIの応用例である自動運転技術などに関する多くの講演が行われた。(2018/10/29)

Gartner Catalyst Conference 2017レポート
これからのシステム構築で大切な3つの目標:正確性、廃棄可能性、自律性
Gartnerが2017年8月にIT担当者向けに開催した「Gartner Catalyst Conference」では、一風変わった物語仕立てのアプローチが取られ、デジタル社会の未来に向けてIT担当者が構築すべきものが示された。(2017/11/6)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
リーダーシップ3.0――カリスマから支援者へ
カリスマによる統率は、時代に合わなくなっている。必要なのは人々の自律性を引き出す支援者だ。(2013/2/7)

FAニュース/作業工程の効率化:
安川電機、ロボットの自律性を支援する3次元形状計測ユニット「MotoEye-3D」を発売
安川電機は、同社の産業用ロボット「MOTOMAN(モートマン)」向けのオプションとして、3次元形状計測ユニット「MotoEye-3D」を開発し、11月1日より販売を開始する。(2012/10/29)

自律行動制御技術を新たに搭載:
ケンケン、手酌、聖徳太子!? ――自律性と状況適応能力が向上、新型ASIMO誕生
ホンダは、知的能力・身体能力・作業機能を向上させたヒューマノイドロボット「新型ASIMO」を発表した。従来の「自動機械」から「自律機械」へと進化を遂げたという。(2011/11/8)

クラウド利用によるリソースの無駄遣い、ガバナンスの乱れも防止:
日本HP、ハイブリッド環境の自律運用でリソース活用を最適化
(2011/5/27)

「セクハラの基準が分からん」と言う人の仕事の実力
しばしば、「どこからがセクハラで、どこまでがセクハラなのか分からん」と言う管理職がいるという筆者。しかし、そんな姿勢から、管理職の自律性が推し量れるようです。(2011/4/27)

富士通、企業内クラウドの自律運用ソリューションを強化――BMCとの協業で
富士通は同社のサーバ管理ソフトウェアにBMCソフトウェアの「BMC BladeLogic Operations Manager」を組み合わせ、販売開始する。ユーザー企業はマルチベンダー/マルチプラットフォーム環境におけるサーバ構成や設定管理の負荷を低減でき、企業内クラウド構築に向けたサーバ統合を効率化できるという。(2009/10/27)

VMware Infrastructure 3徹底入門 実践編(14):
VMware DRSとVMware DPMによる自律運用
連載「VMware Infrastructure 3徹底入門」では、VMware Infrastructure 3のコンセプトやアーキテクチャといった、いわば理論的な部分を紹介した。新連載の「VMware Infrastructure 3徹底入門 実践編」では、実際の設計から導入、運用までを紹介する。今回は稼働中の仮想マシンを、複数の物理サーバ間で自動再配置することで、負荷の平準化を実現できる「VMware DRS」、そしてこれを応用して消費電力を削減する「VMware DPM」について解説する(2009/5/19)

格納データに個別ID付与:
サン、検索技術を組み込んだ自律型ストレージを発売
サンは、コンテンツ管理のアーカイブストレージ「Sun StorageTek 5800」を発売した。(2008/7/10)

NEWS
サン、ストレージ本体に検索技術を組み込んだ自律型ストレージ新製品
“ホストレス”のアーカイブ環境を可能にする「Sun StorageTek 5800」では、オブジェクトベースのストレージ技術を組み込み、格納データの高速検索を実現した。(2008/7/9)

いまなぜグリッド・コンピューティングなのか?――IBMのアラン・ガネック氏に聞く
オートノミック・コンピューティングの世界的権威でもあるIBMのアラン・ガネック氏に、グリッド・コンピューティングの可能性を聞いた。(2007/7/25)

万が一のときもWebシステムは安心か?
PR:サーバーの可用性と耐障害性を実現 自律分散型ロードバランサ 「enpia STM」
「負荷分散にはハードウェアのアプライアンス製品」という常識は、もはや古い考え方なのかもしれない。日立電子サービス株式会社が提供するトラフィック管理ソリューション「enpia STM」は、新しいアーキテクチャで、これまでにない自律型ロードバランシングを実現するという。はたしてそれはどんな仕組みなのか。その秘密に迫る!(2006/10/4)

東芝ソリューションと日本IBM、「地球に優しい」クラスタソリューションを発表
東芝ソリューションと日本IBMが、仮想化技術とオートノミック・コンピューティング技術を組み合わた、「地球に優しい」クラスタソリューションを発表した。(2006/9/13)

オートノミックで問題解決時間を20%削減――R&Cツアーズ
R&Cツアーズは、旅行予約システムにオートノミック・コンピューティングの技術を活用し、問題解決時間を20%削減する。(2006/9/8)

進化する!データベーステクノロジー:
データベースを自動メンテする!――オートノミック管理とは?
 リレーショナルデータベースの元祖となったSystem Rから発展したIBMの「DB2」。商用データベースの2番目のリリース(Database 2)という意味で名付けられたDB2だが、現在のIBMソフトウェアにおいて重要なブランドであり、データベースだけでなく、コンテンツ管理やビジネスインテリジェンスなど、情報管理を担うミドルウェアの総称となっている。「IBM DB2 Universal Database V8.2」(DB2 UDB V8.2)は、DB2ブランドにおけるデータベースソフトウェアの最新版として、2004年8月に発売され、オートノミックコンピューティングに対応したデータベースとしての管理機能が大幅に強化されている。(2006/6/16)

進化する!データベーステクノロジー
日本市場で求められるデータベース機能を挙げてみる
24時間365日の連続稼働、最新技術への対応、高い信頼性と運用性、サポート力、低コストという5つの特徴を掲げる日立製作所の「HiRDB」。メインフレームで培われた信頼性と拡張性は、国内で高い評価を得ている。2005年3月に発売された最新版「HiRDB Version 7.2」では、コンプライアンス対応のコンテンツ管理を見据えたセキュリティ機能、ディスクアレイシステムと連携したディザスタリカバリ機能、ポリシーに従った自律運用など、3つのポイントを中心にバージョンアップが図られている。(2006/5/26)

クラスタシステムの問題判別を迅速化――東芝ソリューションと日本IBM
東芝ソリューションは、日本IBMのオートノミック・コンピューティングの技術を活用し、クラスタシステムの問題判別を迅速化する。(2005/12/21)

自律分散型サーバ監視ソフトウェア「X-AIDER」が「MMQUBE3」に対応
日本SGIは、セイ・テクノロジーズと共同開発した、Linux対応の自律分散型サーバ監視ソフトウェア「X-AIDER」が、NTTドコモが提供する「MMQUBE3」に対応したことを発表した。(2005/11/28)

紙の上の標準ではなく、使われる標準を
富士通と日本IBMは、自律コンピューティング分野に関する協業の取り組み状況を発表した。共通イベント形式を標準化機関OASISに提案、WEF1.0として標準化したことが、両社の1年間の協業の成果として挙げられる。(2005/11/25)

グリッド環境の運用管理を「自律的」に、日本IBMとプラットフォームが協業
プラットフォームコンピューティングと日本IBMは、オートノミック・コンピューティングを用いたグリッドコンピューティング環境の自律化に関して協業する。(2005/9/9)

「オートノミックは既に多くのビジネス価値を生み出している」とIBM副社長
米IBMでオートノミック・コンピューティングを担当するデビッド・バートレット副社長は、「オートノミック技術は、既に目に見える形でビジネス上の大きな価値を生み出している」と話した。(2005/9/8)

自律コンピューティングのロゴマークプログラム開始、IBM
日本IBMは、オートノミック・コンピューティングの普及支援を目的とした「自己管理型 オートノミック・テクノロジー マークプログラム」を開始する。(2005/9/7)

日本SGI、自律分散型サーバ監視ソフト「X-AIDER」を発表
日本SGIはセイ・テクノロジーズの自律分散型サーバ監視ソフトウェア「BOM」Ver4.0をベースにLinuxシステムにも対応した「X-AIDER」を発表、9月から販売を開始する。(2005/8/31)

IBM、自律型コンピューティング支援の新サービス
IBMは企業向けに自律型コンピューティン支援の新サービスを発表した。米国、カナダ、欧州で提供の予定。(2005/7/1)

自律化はデータベース運用に何をもたらすのか
自律化といえばサーバレイヤーで語られることが多いもの。しかし、日立が「HiRDB Version7.2」で実現したポリシーベースの自律運用は、データベース自体でも対応するアプローチだ。その効果を探る。(2005/3/3)

Interview:
監視と自律性追求のアプリケーションサーバ、Cosminexus V6.5
基幹システムに相応しいJ2EE運用に求められるものとは? SOA実現のためにアプリケーションサーバの監視と自律性は、大きなポイントになる。Cosminexusの技術基盤を探る。(2005/2/4)

富士通とIBM、自律型コンピューティング技術を標準化
(2004/11/30)

NEC、「VALUMOウェア」で自律コンピューティング機能と運用効率化機能を強化
NECは、ミドルウェア製品群「VALUMOウェア」において、自律コンピューティング機能および運用効率化機能を強化した製品を発表した。(2004/11/4)

IBM、Autonomic Computing Toolkit新版リリース
IBMはオートノミックコンピューティングのツールキット新バージョンをリリースした。(IDG)(2004/10/30)

日本IBM、J2EE 1.4に準拠したアプリケーションサーバソフトの最新版を発表
日本IBMは、システムの可用性を高める先進的なオートノミック・コンピューティング機能を搭載した、アプリケーションサーバソフトの新製品「WebSphere Application Server V6」を発表した。(2004/10/7)

IBM、処理速度を最大7倍に引き上げたDB2の新版発表
米IBMのRDB新バージョン「DB2 Universal Database 8.2」は、最大7倍の処理速度アップを実現し、自律型コンピューティング技術も盛り込んでいる。(2004/9/10)

東芝ソリューション、自律型コンピューティング対応のクラスタソフト発売
東芝ソリューションは、自律型コンピューティングに対応した統合クラスタソフトウェア「DNCWARE ClusterPerfect EX」の新バージョン8.1を販売することを明らかにした(2004/9/1)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。