ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「自動運転」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「自動運転」に関する情報が集まったページです。

モビリティサービス:
MaaS時代のクルマは視線もインタフェースに、音声と視線認識技術を握るCerence
自動運転やMaaSの社会実装が進む中、クルマが提供する体験価値も変革が求められている。音声認識に強みを持つ車載ソフトウェアベンダーのCerenceもクルマの新たな価値を提案する企業の1社だ。同社は視線検知と音声認識を組み合わせ、乗員とクルマの双方向コミュニケーションを実現するインタフェースを開発している。(2019/12/13)

車載半導体:
トヨタデンソー新会社はパワエレ、センサー、自動運転SoCを重視、2020年4月発足
デンソーとトヨタ自動車は2019年12月10日、次世代の車載半導体の研究と先行開発を行う共同出資会社の概要を発表した。(2019/12/11)

自動運転技術:
「自動運転のコストは必ず下がる」、AVCCが非競争領域の成果を2025年モデルに
2019年10月に発足を発表したAVCC。新たにルネサス エレクトロニクスや、Autoliv(オートリブ)から分社化したエレクトロニクス関連のVeoneer(ヴィオニア)も加わった。自動車メーカーや大手サプライヤー、半導体メーカーが、日米欧から集まった格好だ。どのように自動運転のコストを下げるのか。(2019/12/9)

路上の障害物を数秒で通知 実用化のめど2年度にも トヨタとNTT 
高速道路の逆走といった異常な状態にある車の周知や、自動運転車両が駐車車両を早期に検知することなどにも役立てられるという。(2019/12/6)

石川温のスマホ業界新聞:
クアルコムが「スマートトランスポーテーション」のイベントを開催――5GとC-V2Xで安全なクルマ社会を築くことはできるのか
総務省や各キャリアなどの担当者が登壇する「スマートトランスポーテーション」に関するイベントをクアルコムが開催した。5Gでは「自動運転」に期待が寄せられているが、自動車関連ではそれ以外にも活用できる分野があるが、実現する上でハードルもある。(2019/12/6)

建機自動化:
AIによる人体検知を搭載した建機の運搬自動化、実用化に目途
大成建設と諸岡は共同で、クローラダンプをベースに人体検知システムを搭載した自動運転クローラダンプ「T-iROBO Crawler Carrier」を開発した。(2019/12/5)

プロジェクト:
清水建設、自動運転車両と経路案内を連携した施設内移動サービスを構築
清水建設は、自動運転プラットフォームを活用し、自動運転車両の配車リクエスト機能と歩行者ナビゲーションシステム(歩行者ナビ)の経路案内機能を組み合わせた新たな施設内移動サービスを構築した。(2019/11/28)

ET2019:
次世代自動車の不具合はシミュレーションレベルで早期発見
「ET&IoT Technology 2019(ET2019)」のアドバンスド・データ・コントロールズおよびGreen Hills Softwareのブースでは、「自動運転ソフトウェア機能安全認証対応ツール with ANSYS」に関する展示デモを披露していた。(2019/11/26)

5Gのユースケース【後編】
5Gで加速する小売業、農業、AIの進化
5Gは小売業や農業、自動運転車やAIにどのような恩恵をもたらすのか。5Gによって実現する技術やイノベーションとは何か。各業界の識者が5Gの可能性を紹介する。(2019/11/26)

車載ソフトウェア:
PR:要件が厳しく複雑な車載ソフトウェア開発、コストをどう低減するか
車載ソフトウェア開発は、安全性の担保やメンテナンス性確保のためのコーディング規約順守などさまざまな要件が課される。最近は自動運転システムの開発やOSS(オープンソースソフトウェア)の活用増加など、単にソース単体レベルでの対応を超えたところで配慮すべき内容が増えてきた。こうした状況に対応してテクマトリックスが新しく提案しているのが、車載ソフトウェア開発向けのツールチェーンともいえるソリューションである。(2019/11/26)

5Gのユースケース【後編】:
5Gで加速する小売業、農業、AIの進化
5Gは小売業や農業、自動運転車やAIにどのような恩恵をもたらすのか。5Gによって実現する技術やイノベーションとは何か。各業界の識者が5Gの可能性を紹介する。(2019/11/20)

自動運転タクシーの実用化に向け協業、KDDIら5社 20年夏に都内で実証実験
JapanTaxi、KDDIなど5社が、自動運転タクシーの実用化に向けて協業すると発表。タクシー業界のドライバー不足などの課題に取り組む。2020年夏をめどに、都内で自動運転タクシーの実証実験を行う予定。(2019/11/14)

東京モーターショー2019:
過ごし方自由な自動運転車、エアバッグはさまざまな姿勢の乗員をどう守るか
自動運転中に乗員が自由にさまざまな姿勢をとることに対応した技術開発が進んでいる。自動運転技術が高度化して常時の周辺監視が不要になると、ドライバーは従来のような姿勢でシートに座る必要がなくなる。その結果、これまでと同じ形の安全装備では万が一のときに乗員を保護しきれなくなることが考えられる。サプライヤーは、車内での過ごし方が変わる自動運転車に向けた乗員保護システムの開発を進めている。(2019/11/13)

【令和をつくる】デジタル社会の実現へ「やりがいマックス」 宮坂学・東京都副知事
通院が不要になる「遠隔診療」の拡大、車の自動運転など、都市の形もまた変わっていくことが予想される。(2019/11/11)

SUBARUとソフトバンク、5G&セルラーV2Xを活用した自動運転制御で共同研究
SUBARUとソフトバンクは、5GとセルラーV2X通信システムを活用したユースケースの共同研究を開始。通信環境を構築して基地局と車両、車両と車両間で通信を行い、安全運転支援や自動運転制御に関わるさまざまなユースケースを想定した技術検証を行う予定だ。(2019/11/7)

スマホ1年間充電不要に? 次世代光通信システムで大幅省電力化 NTT、ソニー、インテルが連携
NTTが次世代の高速光通信システム実現のため、ソニー、米インテルと国際的な連携組織を立ち上げると発表した。通信時の遅延や消費電力を抑え、自動運転車や1年間充電不要のスマートフォンなどへの活用も期待される。(2019/11/5)

東京モーターショー2019:
EV・自動運転時代でブレーキはどうなる? 新たな「止まる」の在り方
「第46回東京モーターショー2019」(会期:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)に出展した自動車部品メーカーの展示から、機械式ブレーキ(摩擦によるブレーキ)の電動化を支える技術や次世代の摩擦を用いないブレーキなど、これからのクルマを支えるブレーキの姿を紹介する。(2019/11/1)

日立・ホンダが自動車部品メーカー統合を発表
電動化や自動運転などの次世代技術への対応を迫られる中、合併で各社の強みを統合。相乗効果を発揮させ、世界で激化する開発競争での生き残りを図る。(2019/10/31)

製造マネジメントニュース:
「電動化ナンバーワン」のメガサプライヤー誕生、日立AMSとホンダ系3社で
日立製作所と日立オートモティブシステムズ、ホンダ、ケーヒン、ショーワ、日信工業は2019年10月30日、東京都内で会見を開き、サプライヤー4社を経営統合すると発表した。経営統合により、自動車の電動化や自動運転技術の分野で競争力の高いソリューションを提供すべく、リソースを確保する。(2019/10/31)

東京モーターショー2019:
ピザ屋になるレベル4自動運転車、3000Wの電力供給でピザ窯も設置可能
矢崎総業は、「第46回東京モーターショー2019」に出展し、CASEやMaaSといった新たなモビリティ社会で同社の電源技術や通信技術をどのように活用できるかをイメージした車両モックアップを披露した。(2019/10/31)

「ほんま、おおきに」関西弁をしゃべるロボットつき ダイハツ、自動運転コンセプトカー「ICOICO」発表
関西弁ロボットがサポートしてくれる未来のクルマ。(2019/10/29)

空いた電波を5Gで共用 総務省が制度創設へ
 電波の有効利用について議論する総務省の有識者会議は28日、衛星通信会社や放送局が時間帯によって使わずにいる周波数帯を、複数の事業者が第5世代(5G)移動通信システム用に共同で利用できる制度を承認した。来春から商用利用が始まる5G用の周波数帯は将来的に足りなくなるおそれがあり、柔軟な利用で自動運転や遠隔医療など5Gで本格化するサービスでの遅延を抑制する。(2019/10/28)

写真で見る「東京モーターショー2019」
自動運転技術やAIアシスタントを搭載するコンセプトカー、コンパクトEV(電気自動車)など、「第46回東京モーターショー2019」で披露されているクルマを写真で振り返る。(2019/10/26)

東京モーターショー2019:
日立オートモティブが800V高電圧インバーターを披露、出力密度は2.7倍に
日立オートモティブシステムズは「第46回東京モーターショー2019」(会期:10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、同社の電動化技術や自動運転システムなどを紹介している。(2019/10/25)

東京モーターショー2019:
ダイハツが次世代軽トラを提案、ビッグキャビンと低床荷台でユーザーに優しく
ダイハツ工業は「第46回東京モーターショー2019」(会期:10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、次世代軽トラックや自動運転車など4車種のコンセプトカーを世界初公開した。(2019/10/24)

東京モーターショー2019:
トヨタ、AIとレベル4自動運転を搭載したコンセプトカーを公開 2020年には公道で体験イベントも
トヨタ自動車が、東京モーターショー2019で、AIエージェントとレベル4相当の自動運転技術を搭載するコンセプトカー「LQ」を展示している。2020年には公道で自動運転の体験イベントも行うという。(2019/10/23)

よくわかる人工知能の基礎知識:
自動運転はいつ普及する? いま実現している技術と課題を整理する
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。今回のテーマは「自動運転」について。(2019/10/23)

コンシューマー向け事業で好調:
眠りに合わせてベッドが動く “眠りの自動運転”でパラマウントベッドが描くもの
医療や介護用ベッドを手掛けるパラマウントベッドが、一般家庭向けにブランドを展開している。ブランド名は「Active Sleep」。IoTを前面に打ち出したブランドで、“眠りの自動運転”を標榜する。(2019/10/21)

高精度地図がなくても自動運転 屋内駐車場で無人自動バレー駐車も 三菱電機が新型コンセプトカー
三菱電機が自動運転技術を搭載した実証実験車「xAUTO」(エックスオート)の新技術を東京モーターショーで公開する。(2019/10/21)

「東京モーターショー2019」開幕直前 クルマの未来を占う、国内メーカーの出展内容まとめ
「第46回東京モーターショー2019」では、トヨタが自動運転EVのコンセプトカー「LQ」、日産が「ニッサン IMk」を披露するなど、未来を占うクルマがそろう。国内大手メーカーの出展内容をまとめた。(2019/10/19)

パナソニックが自動運転車の乗り合いサービス、本社内でスタート システム外販へ
パナソニックは17日、大阪府門真市の本社構内で、社員が利用する自動運転車の乗り合いサービスを始めたと発表した。約1万4千人が勤務する構内を周回させ、社員の移動負担を減らして生産性を上げる。(2019/10/18)

モビリティサービス:
パナソニックが46万m2の本社敷地で自動運転シャトル、目指すは人中心の街づくり
パナソニックは2019年10月17日、東京都内で説明会を開き、社長直轄の組織「モビリティソリューションズ」の取り組みを発表した。自動車部品を手がける「オートモーティブ社」とは別の部門で、低速で短距離の生活圏の移動にフォーカスしたモビリティサービスを開発する。車両の自社開発にはこだわらない。(2019/10/18)

CEATEC 2019:
自動運転やシェアカーを見据えたソリューション
アルプスアルパインは、「CEATEC 2019」で、完全自動運転やシェアリングカー時代を見据えた「シームレススマートモビリティソリューション」を提案した。(2019/10/18)

「シーテック2019」を事前公開 会場周辺で自動運転バスが試走
CEATECは平成12年に始まって以来、20回目。昨年を上回る787の企業・団体が出展予定で、18日までの4日間で16万人の来場者を見込む。(2019/10/15)

トヨタの新コンセプトカーは対話AI搭載 新時代の「愛車」目指す
トヨタ自動車が、対話できる人工知能(AI)を搭載する自動運転電気自動車(EV)のコンセプトカー「LQ」を発表。(2019/10/15)

CEATEC 2019:
公道での自動運転実証では最速の時速18km、信号情報を取得し円滑に止まる
CEATEC実施協議会は「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、千葉県・幕張メッセ)の企画の一環としてレベル3相当の自動運転を公道で行う「スマートモビリティイノベーション」を実施。CEATEC会場周辺の公道を一般客を乗せて運行する。会期に先立ち2019年10月14日には出発式を開催した(2019/10/15)

自動運転技術:
自動車メーカーらで完全自動運転車のコンピュータアーキテクチャを共同開発
自動車メーカーと大手サプライヤー、半導体メーカーらは2019年10月8日、「Autonomous Vehicle Computing Consortium(AVCC)」を立ち上げ、完全自動運転車の実現に向けて協力すると発表した。自動運転に必要な共通のコンピュータアーキテクチャを開発し、安全性が高く低価格な自動運転車を普及させることを目指す。(2019/10/11)

車載ソフトウェア:
自動運転時代は車載音響システムも複雑に、「統合化でコスト削減を」
ブラックベリーは車載音響ソフトウェア「QNX AMP(Acoustic Management Platform)」の最新版「AMP 3.0」の提供を始め。車両内でさまざまなECUやネットワーク配線を用いて構成しているカーオーディオなどの車載音響システムを、1個のSoCで統合管理できるようになり大幅にコストを削減できるという。(2019/10/11)

オリパラ選手村用の自動運転車、車いす4台も楽々の広々空間 トヨタ「イーパレット」実車公表
トヨタ自動車は9日、来年の東京五輪・パラリンピックで選手村内の循環バスとして提供する自動運転車の実車を公表した。(2019/10/10)

トヨタ、多目的EV「e-Palette」実戦投入へ 東京五輪の選手村を巡回
トヨタが、自動運転技術を活用した多目的EV(電気自動車)「e-Palette」を、2020年開催の東京五輪で実用化する。(2019/10/9)

ドライバーの疲れを検知、空調など自動調節 近未来のクルマの運転席、三菱電機が開発
三菱電機が近未来の自動運転車の運転席を想定したコンセプトキャビン「EMIRAI S」を発表。最新のヒューマンセンシング技術と音声認識技術に対応し、ドライバーの体調に応じて車内環境を自動調整する機能などを持つ。デモを体験できるブースを東京モーターショーに出展する。(2019/10/9)

常磐線で運転士なしの運行へ 自動運転装置、来年度末に導入
ボタンを押すだけで発車と走行、停止が可能になる。(2019/10/9)

東京モーターショー2019:
ダイハツはコンセプトカー4車種を世界初出展、自動運転車や次世代軽トラなど
ダイハツ工業は2019年10月8日、「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、自動運転車や次世代軽トラックなど4車種のコンセプトカーを世界初公開すると発表した。(2019/10/8)

東京モーターショー2019:
トヨタ系サプライヤー5社が協力して自動運転車のインテリアを提案
トヨタ紡織は「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、アイシン精機やデンソー、豊田合成、東海理化と連携して自動運転車のインテリアを提案する。(2019/10/7)

自動運転技術:
「自動運転車は既存自動車メーカー製でなくてもよい」と3割以上が回答
デロイトトーマツグループは「転換期を迎えた自動車産業の注目すべき3つの論点」をテーマとし、メディアセミナーを開催。本稿では同セミナーの中から、「CASE」についての消費者意識調査の内容を3回に分けて掲載する。第2回は「自動運転(A)」についての消費者意識の変化について紹介する。(2019/10/4)

自動運転に対する取り組みは、メーカーによって二極化:
果たして自動運転レベル3は、ドライバーにとって優しいのか?
人間不要の自動運転はレベル4、レベル5と呼ばれる。しかし、現状は機械とドライバーのハイブリッドであるレベル2とレベル3が射程に入ってきたところだ。しかし、このレベル3はさまざまな問題を抱えている。そのため、実用化についてもメーカーによって方針は大きく異る。(2019/10/2)

製造マネジメントニュース:
マクニカとKudan、モビリティソリューション開発に向けて業務提携
マクニカは、モビリティ分野での新たな付加価値ソリューションの開発に向け、先進人工知覚技術を開発するKudanと業務提携を実施する。両社の技術の相乗効果により、自動運転用の高精度地図などにおける技術的な課題解決に取り組む。(2019/10/2)

CAEニュース:
自動運転車の開発を支援する「ANSYS Autonomy」発表
ANSYSは、「ANSYS 2019 R3」の一部として「ANSYS Autonomy」を発表した。自動運転や制御ソフトウェアの開発、機能安全分析、シミュレーションにより、より安全な自動運転車の開発を支援する。(2019/10/2)

東京モーターショー2019:
スズキが小型車でプラグインハイブリッド、自動運転車を所有する喜びも提案
スズキは2019年9月30日、「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において、プラグインハイブリッド車(PHEV)や自動運転車の参考出品車ーや、「ハスラー」のコンセプトモデルなどを世界初公開すると発表した。(2019/10/1)

自動運転技術:
パイオニアが自動運転関連の事業部を分社化、LiDARも新会社に
パイオニアは2019年9月30日、自動運転関連の事業会社を新設すると発表した。新社名は「パイオニア スマートセンシングイノベーションズ」で、パイオニアの完全子会社となる。2019年10月1日付で設立する。(2019/10/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。