ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「バルミューダデザイン」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バルミューダデザイン」に関する情報が集まったページです。

扇風機とトースター:
“変わるはずのないモノ”に脚光を浴びさせたバルミューダが提示したこと
2015年6月に発売が開始された「バルミューダ・ザ・トースター」が快進撃を飛ばしている。販売価格は税込で約2万5000円なのに、消費者からの「欲しい」という声は高まるばかり。その理由を探ってみると……。(2015/8/24)

カリカリでフワフワ:
とろ〜りすぎる「バルミューダ ザ・トースター」の絶妙なチーズトーストを動画で見る
扇風機やサーキュレーター、空気清浄機などに続き、バルミューダが投入した家電はトースターだった。トーストの仕上がり具合を動画でチェックしよう。(2015/5/27)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
変えようとして変わらなかった奇跡の羽根――バルミューダ「GreenFan Japan」の真の価値
バルミューダの扇風機「GreenFan」シリーズは、3万円以上という価格にも関わらずヒットを続けている。なぜ世の中に受け入れられたのか? その最新モデル「GreenFan Japan」のスゴイ技術とは? バルミューダの寺尾玄社長を直撃した。(2014/5/19)

App Town ユーティリティ:
iPhoneがテンキーになるアプリ「NumberKey」の無料版が登場
iPhoneやiPod touchをテンキーとして利用できる「NumberKey」の無料版「NumberKey Free」が配信された。(2009/4/6)

App Town ユーティリティ:
iPhoneがノートPCのテンキーになる「NumberKey 2.0」――Windowsにも対応
BALMUDA designは、iPhoneやiPod touchをノートPCのテンキーとして使えるアプリ「NumberKey 2.0」を配信。Windows XPやVistaでも利用できるようになった。(2009/3/19)

unite、実用性と美しさを兼ね備えたiPhone用ベース「SmartBase」
バルミューダデザインが、新ブランド「unite」の第1弾製品となるiPhone用のベース「SmartBase」を出荷開始。(2008/12/15)

iPhone 3GをMacのテンキーにするアプリ「NumberKey」
(2008/9/26)

バルミューダデザイン、見た目も動きも美しいLEDデスクライト「Airline」
バルミューダデザインは、デザインと動きの滑らかさにこだわったLEDデスクライト「Airline」を発表した。光源には明るく省エネな“パワーLED”を採用。独自のバランス機構でスムーズに動きながらもきちんと止まる。(2008/5/9)

ラージサイズのLEDデスクライト、バルミューダから
バルミューダデザインは、LEDデスクライト「Highwire 1300」の受注を開始した。コンピュータのディスプレイを見るために開発された「Highwire」シリーズの上位モデル。(2007/11/9)

コードをまとめる“花瓶”
PCや周辺機器の電源コードを、花瓶のようなデザインの陶磁器にすっきりまとめられる「Colony」が登場した。(2007/8/24)

バルミューダデザイン、“燭台”をイメージしたLEDフロアライト
バルミューダデザインは、照明器具製品ラインの第2弾となるLEDフロアライト「Silence」を発売した。燭台をイメージしたシンプルなデザインが特徴だ。(2007/7/5)

100% DESIGN TOKYO:
デザイナーが本気になると“iPodスピーカー”はこうなる
10月31日から11月5日までの6日間、東京は“デザイン”に染まる。その中心は明治神宮外苑絵画館前広場。「100% DESIGN TOKYO」の展示会場から“デザイナーズiPodスピーカー”を中心にレポートしよう。(2006/11/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。