ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「物々交換」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「物々交換」に関する情報が集まったページです。

「爆速すぎて笑う」 表示速度が“異常な”Webサイト「dev.to」 その仕組みは
「爆速すぎて笑う」「速すぎて不安になる」――プログラマーの情報交換サイト「dev.to」の表示速度が異常に速いとネット上で話題に。なぜ速い?(2017/11/15)

150ポイントから交換可能:
VOYAGE MARKETING、「PeXポイント」から「LINE ポイント」への交換を開始
VOYAGE MARKETINGは、同社のポイント交換サイト「PeX」において、LINEが提供する「LINE ポイント」とポイント提携したと発表した。これにより、「PeXポイント」をLINE ポイントに交換できるようになった。(2016/12/19)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
北海道新幹線、JR北海道のH5系電車が2本しか稼働しないワケ
北海道新幹線がらみのビジネスの話題をお伝えしたかったけれど、私の情報力不足のせいかネタが少ない。そこで、今回は鉄道ビジネスの慣例を1つ紹介しよう。鉄道業界で古くから行われている「物々交換」だ。鉄道会社同士で「ある取引」を精算するとき、資金を移動させない方法がある。(2016/3/18)

一生お金に困らない「華僑」の思考法則:
お金持ちは、自分のお金を使わない
お金、仕事、時間、すべての成功法則に欠かせないのが「コミュニケーション術」なのです。一度でもいいので、物々交換でお金を使わずに欲しいものを手に入れる面白さを経験してみてください。(2013/12/4)

違法ダウンロードの制裁が狙い? 新手のAndroid不正アプリが出現
ファイルを違法にダウンロードしたユーザーに恥をかかせようとするAndroid向けの不正アプリがファイル交換サイトで出回っているという。(2011/4/1)

せかにゅ:
「ネットわらしべ長者」になった高校生 物々交換で携帯をポルシェに
17歳の高校生が、ネットの物々交換でポルシェを手に入れた。出発点は友人からもらった古い携帯電話だった。(2010/7/21)

物を売れる“プロフ” ギャルに人気の「ショッピーズ」、30万人が支持する理由
「前略プロフィール」からヒントを得たモバイルフリマサイト「ショッピーズ」がギャルの間で人気だ。物々交換の感覚で使える手軽さと、サイトの華やかさが女性に受ける理由という。(2010/5/6)

「Yahoo!なんでも交換」、7月に終了
物々交換の呼び掛けやイベント告知などを無料で行える“三行広告”サービス「Yahoo!なんでも交換」が7月1日に終了する。(2010/2/2)

読書管理サイト「メディアマーカー」に本の物々交換機能
読書管理サイト「メディアマーカー」に、ユーザー同士が本を交換できる機能が加わった。(2009/1/8)

エビで鯛を釣る! 不要な本やCDは物々交換サイトへ
(2007/12/7)

ゲーム、DVDも物々交換「Bibuly」
(2007/10/16)

このゲームとそのCD、交換しませんか?──物々交換サイト「trical」に携帯版
(2007/8/30)

CDの物々交換サイト「トレード・ミー」
(2007/8/23)

本の物々交換サイト「Bibuly」
本の物々交換ができるサイトがオープンした。持っている本と欲しい本を登録すると、自動で交換相手を探してくれる。(2007/7/18)

CD/DVD/ゲームの交換サイト「trical/トリカル」、オープン
トリカル・ウェブコミュニケーションズは、国内最大規模のパッケージメディアトレードサイト「trical/トリカル」をオープンした。(2007/6/1)

CD/DVD/ゲームの交換サイト、5月10日にオープン――トリカルがティーザー
トリカル・ウェブコミュニケーションズが、ユーザー同士でCD/DVD/ゲームを物々交換できるパッケージメディアトレードサイト「trical/トリカル」を5月10日からオープンすると発表。本日からティーザーサイトを公開。(2007/4/26)

ネットの力で「わらしべ長者」になった男
1個のペーパークリップを物々交換サイトに出した男性が、物々交換で念願の家を手に入れた。(2006/7/10)

CD交換サイトのlala.com、β版を一般公開
lala.comでは会員同士で手持ちのCDを交換できる。CDの交換1枚につき1ドルを会員からlala.comに支払い、収益の20%はアーティストに支払われるという。(2006/6/9)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。