ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「年始」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「年始」に関する情報が集まったページです。

Amazonで2021年初のタイムセールを実施中 Echo&Fireシリーズがお得に
Amazonが恒例のセール「タイムセール祭り」を2月1日23時59分まで開催している。スマートディスプレイやスマートスピーカーに加え、Fireタブレットもセールで安くなっている。(2021/2/1)

YOSHIKI、コロナ禍で10カ月オールデリバリー生活「作曲はできるけど、料理はできない」 年始に“鬱治療”を告白で心配の声
1人での食事が続くと心にくるかも……。(2021/1/15)

石川温のスマホ業界新聞:
NTTドコモ・井伊基之社長の年頭挨拶にツッコミ――2021年は「新しいドコモへの挑戦の年」
携帯電話事業者の社長は例年、元旦(1月1日)付で「年頭所感」を発表する。そこには、各社長が持つ1年間の「ビジョン」が盛り込まれている。2020年12月にNTTドコモの社長となったばかりの井伊基之社長の所感を見て、その中身を分析してみよう。(2021/1/15)

ビットコイン価格を押し上げた機関投資家 日本の状況は?
2020年年末から年初にかけて、ビットコイン価格は200万円台から400万円超まで上昇し、過去最高値を付けた。これをけん引したといわれるのが、米国の上場企業や機関投資家による購入だ。では国内の上場企業や機関投資家の仮想通貨に対する動きはどうなのか。(2021/1/14)

吉田沙保里、新型コロナ陽性 8日には2021年初の金曜ZIP!にも登場
こんなに高頻度で検査受けてたんだ……。(2021/1/8)

ドコモ、KDDI、ソフトバンクの年頭所感 激変する通信業界でどう攻める?
NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの社長が2021年の年頭所感を発表した。生活環境が一変した2020年には、5Gの商用サービスや楽天モバイルの本格サービスがスタートした一方で、政府の強い要請によって各キャリアは料金値下げも敢行。こうした大きな動きの中、各キャリアはどのような戦略で2021年に通信サービスを展開していくのか。(2021/1/5)

Qualcomm、「Snapdragon 480 5G」発表 搭載端末はOnePlusなどから年初に登場
Qualcommが安価な5Gプロセッサ「Snapdragon 480 5G」を発表した。ミリ波とサブ6GHzの5Gをサポートする。年初に搭載端末が登場する見込みだ。(2021/1/5)

Weekly Memo:
2021年、DXの進展に向けた意気込みは?――各社トップの年頭メッセージから探る
2021年、エンタープライズIT分野の最大のキーワードは、2020年に引き続き「DX」だろう。さらなる進展に向けたポイントは何か。企業団体やITベンダートップの年頭所感から探ってみたい。(2021/1/5)

「年末年始、何食べた?」 ねとらぼ編集部員の2020→2021は「ファイナルバナナ」「ハーゲンダッツ」と今年も個性豊か
2021年もねとらぼをよろしくお願いします!(2021/1/4)

年末年始に大雪の予報、「コロナ禍の雪対策」はどうすればいい? 『冬の荒天への備え2020年版』無料公開
各地で大雪になる恐れがあるので気をつけましょう。(2020/12/30)

「年の11ヶ月は禁酒してる主人」 三浦りさ子、J1シーズン終了の夫・キングカズと“今年初”の乾杯ショットに反響
尊敬しかない。(2020/12/30)

外食チェーン、年末年始の営業は?
新型コロナウイルス禍で打撃を受けている外食チェーンで、年末年始の時短営業や休業を拡大させる動きが出ている。(2020/12/30)

1月2日9時から「Amazonの初売り」開催 福袋の販売&セールにはiPad Proが登場
年始の初売り!(2020/12/26)

最大17連休:
コロナ禍、年末年始の「あいさつ回り」や「休業日」に変化は? 調査で判明
コロナ禍の年末年始、各企業は例年と違う取り組みを行うだろうか。通販大手のアスクルが「コロナ禍における職場の年末年始の実態や例年からの変化」に関する調査を実施した。(2020/12/24)

ビットコイン230万円突破 3年ぶりの最高値更新
12月17日、ビットコインの円建て価格が230万円を突破した。2017年末に付けた高値を更新し、過去最高値を更新した。午後5時までの1日で、約16%の上昇を見せており、年初から価格は2.16倍となった。(2020/12/17)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
なぜ? コロナで野菜廃棄が急増、農家が「豊作貧乏」 に陥る理由
野菜の廃棄はコロナ禍以前にも頻繁に行われてきたものだ。直近では、2020年の2月頭ごろにも白菜をトラクターで潰す農家の様子が話題となっている。19年が暖冬であり、20年頭の白菜も今回と同様に出来が良く豊作となっていた。なぜ、このような豊作下で廃棄が発生するのだろうか。(2020/12/11)

日立、年末年始の有給取得を推奨 休暇の分散へ 1月8日まで
政府や経団連が年末年始の休暇の延長や分散を企業へ要請したことを受け、日立製作所が2020年12月28日から21年1月8日までの中で社員の有給休暇の取得を推奨すると発表した。(2020/11/9)

年内に予約を受け付け:
高島屋、21年の「福袋」は予約販売に 店頭販売中止で混雑緩和へ
高島屋は、2021年の「福袋」の販売方法を予約販売に変更する。年内に予約を受け付け、年始の店頭販売は行わない。新型コロナウイルスの感染対策として、例年混雑する福袋売り場を設けないことで“密”を作らないようにする。(2020/10/19)

改装工事で大混乱、新しい銀座線渋谷駅ホームはどう変わった?
年末年始に地下鉄・銀座線の渋谷駅改装工事が実施され、銀座線と各線の乗り換え方法がかなり変わりました。JRの中央改札あたりは朝のラッシュ時に相当な混雑になっています。どうしてこうなったのでしょう。(2020/2/2)

頭脳放談:
第236回 Intel vs. AMDの主戦場はどこになる? CES 2020から考察してみる
年始早々に開催されたエレクトロニクスの見本市「CES 2020」で、IntelとAMDが発表した内容を見てみよう。依然としてCPUの供給不足問題が解決しないIntelと、Ryzenが好調なAMDと少々対極的な構図となっている。両社の次の一手を考察してみる。(2020/1/27)

「もはや別キャラ」「ウソだろ…」 画伯・星野源、2020年初作品“ポインコくん”で格の違いを見せつける
星野さんに世界はどう見えてるんだ。(2020/1/22)

楽天・三木谷浩史会長兼社長の「年頭挨拶」――「これまでにないようなモバイルサービスを消費者に届けたい」
帯電話キャリア各社の社長が恒例の「年頭あいさつ」を公表した。子会社がキャリアデビューした楽天の三木谷浩史社長は、念頭所感でどのようなことを述べたのだろうか。(2020/1/17)

古田雄介の週末アキバ速報:
Windows 7サポート終了直前、にわかにWindows 10が品薄状態
年末から年始にかけて、加速しているのがWindows 7からの乗り換え需要だ。Windows XPほどではないものの、終了直前の今、店頭にはっきりと影響が出ている。(2020/1/11)

携帯販売ランキング(2019年12月30日〜2020年1月5日):
2020年初のランキング、「iPhone 11」がトップも、ドコモの「Galaxy A20」が2位と迫る
ソフトバンク「iPhone 11(64GB)」は年をまたいで13週連続1位。NTTドコモ「Galaxy A20 SC-02M」は2週連続の2位。(2020/1/11)

マーク・ザッカーバーグ氏、恒例の「今年の目標」ではなく「ARメガネ」など10年スパンの目標を掲げる
Facebookのマーク・ザッカーバーグCEOがこれまで10年間続けてきた年頭の個人目標宣言を、今年は向こう10年間の目標として発表した。ARメガネやプライバシー重視のソーシャルプラットフォームなどについて自身のFacebook投稿で語った。(2020/1/10)

オペラの2020年初の限定色は「バレンタインカラー」 甘くて苦い恋をイメージしたピンクとブラウンにうっとり
イチゴとカカオの色名もかわいい。(2020/1/9)

「土俵際、もはや絶体絶命」年始早々に絶望的な広告→ひっくり返すと……? 自分らしく戦う人たちにエールを送る西武・そごうの広告、その意図を聞いた
2019年に賛否両論だった「わたしは、私。」を再び唱える理由。(2020/1/6)

5Gが本格スタートする2020年、携帯キャリアのトップが語る戦略
2020年を迎え、携帯キャリア各社のトップが年頭所感を発表した。2020年の一大トピックは、いよいよ日本で5Gの商用サービスがスタートすること。各社は5G時代にどのようなアプローチで差別化を図っていくのだろうか。(2020/1/6)

「2020年は、ディープラーニングで成長する事業が生まれる」 東大・松尾教授
日本ディープラーニング協会の松尾豊理事長が、年頭所感で2019年のAI業界を振り返り、20年の予測を語った。(2020/1/6)

「小学館の図鑑NEOメーカー」が年始にTwitterで流行 「UMA」「毒」「廃線」など尖った図鑑が大量発生
投稿は新しい図鑑のテーマを決める参考にするとのことです。(2020/1/6)

【第1回】気鋭の経営者が語る「失敗の法則」:
「人生の“選択”には意味がない」――倒産寸前の会社を再建した『破天荒フェニックス』、OWNDAYS田中修治社長の経営哲学
2020年がいよいよ幕を開けた。年初にふさわしい企業経営者のインタビューを前後編でお届けする。多額の債務を背負い、債務超過で倒産寸前だったメガネ製造販売チェーンの「OWNDAYS」を30歳のときに買い取り、10年足らずで再建を果たした田中修治社長だ。前編ではOWNDAYSが海外に進出する際に何を重視していたのか、なぜ日本企業の海外進出は奏功しにくいのかを聞いていく。(2020/1/3)

令和最初の「年末年始に何食べた?」 みかん、カップ麺、フルグラ、ねとらぼ編集部員の2019→2020を食事でたどる
皆さんは、大みそかとお正月に何食べました?(2020/1/4)

「謹賀新年チャレンジ」、Apple Watchのアクティビティに追加
年始の運動不足を解消するため、Apple Watchでチャレンジしてみてはいかが?(2020/1/1)

こんなドリンクも売れます:
正月にコンビニで特に売れるお酒と派生商品とは? ローソンのデータから明らかに
年末年始にコンビニではどんなお酒が売れるのか。お酒だけでなく派生商品も売れる。ローソンのデータから検証する。(2020/1/1)

古田雄介の週末アキバ速報:
サムスンの1TB SSDがさらに安く9680円に!
税込み1万円切りの1TB SSDとして、秋から週末特価の主役を張り続けたサムスンの「SSD 860 QVO 1TB」が、年末年始にもう一段安くなっている。(2019/12/28)

アマゾン、年始セール「Amazonの初売り」開催 「中身が見える福袋」など販売
アマゾンジャパンが年始のビッグセール「Amazonの初売り」を開催する。期間は2020年1月3〜6日。87時間にわたり数万点の商品を取り扱う。(2019/12/26)

食べやすく改良:
大ヒットスイーツ「バスチー」が初リニューアル 年末・年始商戦の攻略目指すローソン
ローソンの大ヒットスイーツ「バスチー」が初リニューアル。同商品は2019年3月に発売してから累計3200万個売れた。年末・年始商戦を勝ち抜けるか。(2019/12/13)

最も多いのが「対面」でのあいさつ:
年末年始の挨拶回り、迷惑に感じている人の割合は? “手土産”ランキングも発表
12月となり、年末年始のあいさつ回りを考えるシーズンとなった。恒例行事として行いがちだが、訪問される側はどう思っているのか? また、あいさつ時に持参するものには何が多いのか? 調査結果で明らかに(2019/12/3)

産業制御システムのセキュリティ:
工場セキュリティで成長目指すMoxa、トレンドマイクロとの協業製品は2020年初投入
産業用ネットワーク技術などを展開する台湾のMoxaは、工場セキュリティを切り口とし、日本向けの提案を強化する。トレンドマイクロとの協業などを生かし、より簡単で便利な工場のセキュリティ対策を訴求する方針である。(2019/9/27)

エアコン前が猫で大渋滞! 今年初のエアコンを付けたときの猫家族の反応が面白い
エアコンの魔力は猫ちゃんにも勝る。(2019/8/4)

コンパイル時間を比較:
Rustコンパイラが「高速化」、Mozillaが比較データを公開
Mozillaは現在に至るまでRustコンパイラが順調に高速化していることを明らかにした。2019年の年初や2017年11月といった過去の時点のコンパイル時間と現在の性能を比較した。(2019/7/30)

Apple、A10 Fusionチップを搭載した「iPod touch (7th generation)」を発表
年初の予想どおり、iPod touchがリニューアルされた。(2019/5/29)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
謎多きスマホ「Hydrogen One」の“ホログラフィック”ディスプレイ表示を試す
世界初のホログラフィックディスプレイ搭載をうたう米REDの「Hydrogen One」。開発が遅れた結果、2018年頭に発売される予定が、市場に出てきたのは11月でした。何かと謎の多い製品ですが、MWC19 Barcelonaで見かけたので、試してみました。(2019/3/14)

小顔美女の2トップ! 桐谷美玲&河北麻友子、2019年初の“みれまゆ”ショットに「双子みたいで可愛すぎ」とファン絶賛
安定のみれまゆ。(2019/1/23)

頭脳放談:
第224回 CES 2019の発表からIntelの明日が見えた?
年始早々に開催されたエレクトロニクスの見本市「CES 2019」でIntelが発表した内容を見てみよう。AI(人工知能)や5G、自動運転といった注目の製品もあるものの、ホームランが飛ぶような話題に欠けているような……。(2019/1/23)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の次期大型アップデート「19H1」で目指すもう1つの方向性
2019年初となるWindows 10の次期大型アップデート「19H1」(開発コード名)では、セキュリティ関連以外でどのような強化が行われるのだろうか。(2019/1/18)

「惚れ惚れ」「努力の賜物」 藤田ニコル、2019年初の肉体美を披露して注目集める
さらに高みを目指す藤田さん。(2019/1/9)

MONOist 2019年展望:
組み込みAIは必要不可欠な技術へ、推論に加えて学習も視野に
2017年初時点では芽吹きつつあった程度の組み込みAI。今や大きな幹にまで成長しつつあり、2019年からは、組み込み機器を開発する上で組み込みAIは当たり前の存在になっていきそうだ。(2019/1/9)

「キュン死しました」「マジで召喚したい」 吉岡里帆、新年初“どんぎつね”ショットがファンのハートわしづかみ
世の男性たちが次々魅了されていくぅぅ!(2019/1/8)

「5G元年」「楽天参入」の2019年 携帯キャリアが年頭所感で決意表明
2019年が明け、通信キャリア各社のトップが年頭所感を発表。2019年は「5G」と「楽天参入」がキーワードといえる。各社はどのような戦略でモバイル事業を展開していくのか。(2019/1/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。