ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「生物多様性」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「生物多様性」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

この時代に2ストの新型バイクだとォ!? イギリス生まれのカフェレーサー「The 2 Stroke」に胸が熱くなる
まさか令和にこんなバイクが買えるとは!(2020/8/8)

生物農薬もネット通販で購入可能:
アブラムシにはてんとう虫、ドイツの「生物農薬」事情
ロックダウンで、園芸用土の売れ行きが増加したのはドイツも同様だ。今回はてんとう虫を例に、ドイツでの生物農薬事情をお伝えする。しかし例え農薬としてであっても、在来でない生物を持ち込むことは、生態系の破壊に繋がりかねない点を忘れてはならない。(2020/7/28)

ユキヒョウ「飼育員さん、ばいばーい(尻尾フリフリ)」 尻尾でごあいさつを返すユキヒョウがかわいい
ユキヒョウの尻尾、ふわっふわ!(2020/7/20)

「どこで生まれる?」「養殖と天然の違いは?」 ウナギの一生をなりきりプレイできる「ウナギいきのこりすごろく」発表
ゴールを競い合わないすごろくです。(2020/7/19)

視点:
サステナビリティ経営を4類型で捉える〜気候変動が企業戦略に突き付ける不可逆進化〜
気候変動は、確実に2020年代のCEOアジェンダである。(2020/7/13)

書籍『カサうしろに振るやつ絶滅しろ!』発売 SNSで集団暴言をはく「イシナ原人」など迷惑行為の絶滅を願う一冊
絶滅を危惧する必要はない。(2020/7/10)

「いろいろあるよね、生きてると」 切ないけれど面白い生き物図鑑『わけあって絶滅しました。』第3弾が発売
思い通りにすぐ進化なんてできないしね……。(2020/7/9)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
認識のズレはどこで起きた? JR東海社長と静岡県知事の「リニアトップ面談」にツッコミを入れる【後編】
静岡県庁で行われたJR東海社長と静岡県知事の面談。進行に沿って解説する記事の後編。後半は「工事許可の手続き」と「川勝知事の同意のような返事」に注目すると、和やかに終わった面談後に、知事が「不誠実」と発言した背景も見えてくる。(2020/7/4)

ユリ王国は極東にあり! 日本の山野は美しい自生ユリの宝庫だった
(2020/6/27)

産業動向:
積水ハウスがエクステリア事業の強化を狙い、岐阜造園と業務提携
積水ハウスは、外構造園に実績を豊富に有す岐阜造園と業務提携を結び、エクステリア事業の基盤を一層強固なものにした。(2020/6/26)

ペットショップでメスの原木に一目ぼれ → 生ハムの原木を購入 謎の生物を飼う創作漫画が人類には早すぎる
熟成されたカオスの塊。(2020/6/12)

那須どうぶつ王国でライチョウが産卵 環境省のレッドリストに載る絶滅危惧種
無事に孵化してほしいです。(2020/6/2)

オーストラリア森林火災から救出されたコアラ 故郷の森へ無事帰る
もう森林火災が起きませんように。(2020/4/10)

【なんて読む?】今日の難読漢字「霙」
雨+英(2020/3/31)

【なんて読む?】今日の難読漢字「迸り」
ヒント:と○○○○(2020/3/29)

【なんて読む?】今日の難読漢字「毟る」
そりゃあ、毛が少なくなりますわ。(2020/3/27)

【なんて読む?】今日の難読漢字「碼」
ヤ○○(2020/3/25)

【なんて読む?】今日の難読漢字「象る」
パオーン。(2020/3/23)

【なんて読む?】今日の難読漢字「独擅場」(「どくだんじょう」ではない)
よく見ると、漢字が違う。(2020/3/21)

【なんて読む?】今日の難読漢字「鹿驚」
ヒント:○○し(2020/3/19)

【なんて読む?】今日の難読漢字「凩」
ヒント:こ○○○(2020/3/17)

【なんて読む?】今日の難読漢字「飛竜頭」
フ、フライングドラゴンヘッド……?(2020/3/15)

オーストラリア火災から救助されたオオコウモリの赤ちゃん フルーツをモグモグ、元気に成長する姿がいとおしい
野生にかえす日を夢見て。(2020/3/14)

【なんて読む?】今日の難読漢字「山原水鶏」
何なんだ〜!(2020/3/13)

「飼育員が考えるパンダの見どころ」「名付け親になるには?」 パンダ沼の住人が語るパンダの魅力
アドベンチャーワールド協力のもとお届けするコラムの第3弾!(2020/2/15)

マーケターの育成について語る:
庭山一郎氏×油野達也氏 B2Bにおける「マーケティングの貧困」を抜け出すために
今、マーケティングを学ぶ機会を創出する意義とは何か。B2Bマーケティングおよびセールスの重鎮が熱く語った。(2020/2/12)

「オリンピックって指パッチンある?」「ピーマンが嫌いな理由は……」 小学生ならではの自由な視点が炸裂するコミックエッセイにクスッとなる
『小学生エムモトえむみの勝手きままライフ』(KADOKAWA)。えむみちゃんの将来が楽しみ!(2020/1/29)

「迷惑」と伝える勇気:
それでも“インフルエンザ出社”がなくならないワケ くだらない「武勇伝」づくりはもうやめよう
インフルエンザが流行する季節になった。その感染力の強さから、り患した場合には自宅で静養することが望まれる。学校などでは出席停止の措置が義務付けられており、熱が下がったからといってすぐに登校できるようにはならない。一方、職場では「季節性インフルエンザ」に関する明確な規定がない。そのため、インフルエンザになっても無理を押して出社する人も少なからず存在する。また、熱が下がれば「すぐに出社しないと」といった空気も存在する。なぜ、はた迷惑な「インフル出社」が起こってしまうのか。(2020/1/17)

南阿蘇の雄大な景色を360度VRライブ映像で“飛行体験” 5GドローンとVRゴーグルを活用――KDDIら、VR観光の実証実験
KDDI、熊本県阿蘇郡南阿蘇村らは、5G対応のドローンを活用し、南阿蘇の景色や震災遺構を眺望できるVR観光の実証実験を実施した。360度カメラの映像をVRゴーグルにリアルタイムで伝送し、阿蘇山の全景などのライブ映像を見られる他、4Kカメラの高精細映像を見ながらドローンの操縦もできる。(2019/12/17)

“男女逆転で復活”なぜ? 帰ってきた『東京ミュウミュウ オーレ!』担当編集者に聞いた 「『なかよし』愛と『ミュウミュウ』愛にあふれまくって作っております」
渋谷くん、かわいい……。(2019/12/4)

防災:
下流住民の避難を容易に、ため池の状況を“見える化”するシステムを開発
応用地質は、ため池の決壊による人的被害を防ぐことを目的に、自治体・土地改良向けの「ため池防災システム」を開発した。(2019/12/3)

鳴き声もいとおしい! ヒューストン動物園でウンピョウの赤ちゃんが産まれたよ
大切に大切に育てられています。(2019/12/2)

完全養殖ウナギは4年後に食べられるの? 近大が「ニホンウナギ」の人工ふ化に成功 立役者の田中教授に聞いてみた
ウナギを巡る状況について取材しました。(2019/11/23)

迫力満点 京都・大将軍商店街の妖怪パレードが“ガチ”すぎると話題 誕生の背景を聞いた
100体を越える妖怪を目撃する一夜……。(2019/10/31)

よくわかる人工知能の基礎知識:
自動運転はいつ普及する? いま実現している技術と課題を整理する
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。今回のテーマは「自動運転」について。(2019/10/23)

ビビりなやつほど生き残る!? マングースの影響で奄美大島のカエルの逃げ足が早くなっていた
「逃げるが勝ち」は本当だった。(2019/9/25)

スピン経済の歩き方:
50年前から分かっていた少子高齢化問題、なぜ回避できなかったのか
「敬老の日」の昨日、この国の「敬老」の意味をあらためて考えさせられるニュースがあった。65歳以上の高齢者は約3588万人で、全人口に占める割合は28.4%と過去最高となり、これは同じく高齢化が進むイタリアの23%を大きく引き離し、世界一となっているというのだ。(2019/9/17)

ZEH:
ZEH累積棟数で世界No.1、“植栽もスゴイ”【積水ハウス】が考える住宅の「環境戦略」
積水ハウスは、2050年の脱炭素を目指し、住宅分野で独自の環境戦略に取り組んでいる。主力となるゼロエネルギー住宅は、2018年度ベースで新築に占めるZEH比率は79%と国内で最多。その基本理念には、単純に省エネの実現だけでなく、顧客のことを考えた住みやすさやデザイン性も考慮し、事業戦略と一体で進め、一時的では無い持続可能性を持った取り組みとすることが掲げられている。(2019/9/13)

医療技術ニュース:
モデルラットを誰でも簡単・効率的に作り出す技術を開発
京都大学は、「誰でも」「簡単に」「効率よく」モデルラットを作り出せる技術を開発した。平均2.2個程度しか採卵できなかったBNラットからの過排卵に成功し、この卵子を用いて、誰でも再現可能な体外受精に成功した。(2019/9/12)

元気に育ってね! 新しい世界を探検する生後7週のチーターの赤ちゃんがカワイイ
チーターの赤ちゃんが新しい場所を探検中。(2019/9/12)

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(142):
Windowsに存在する実行不能な「アップグレード」オプションの謎
Windowsのバージョンのアップグレードは、アップグレード対象のWindowsを実行中の状態からセットアップ(Setup.exe)を開始する必要があります。インストールメディア(USBやDVD)から起動したセットアップからは新規インストールしかできません。それなのに後者に「アップグレード」オプションが存在するのはなぜなのでしょうか。(2019/8/21)

日中は1本も走らない 絶滅寸前と言われる昭和の通勤電車「103系」に乗ってきた
高度成長期の通勤電車の象徴。乗れなくなる前に乗りましょう!(2019/8/20)

「反則」「食べちゃいたい位かわいい」 那須どうぶつ王国のマヌルネコの赤ちゃんがかわいすぎる壁ドンを披露する
肉球のプニプニ感が伝わってきます。(2019/8/3)

「野生のエロ本」最近はめっきり少なく…… 大阪で「野生のエロ本捜索隊」イベント開催へ
あのころのドキドキをもういちど。(2019/8/2)

シンプルだけどおいしそう “蒲焼のタレ”だけを使ったお弁当「土用のたれめし」、開発の背景を聞いた
うなぎ由来の素材は不使用。(2019/7/26)

「土用の丑の日」に憂う【後編】:
「絶滅危機」のウナギ、真の復活への道とは
明日7月27日に、ウナギ業界最大のイベント「土用の丑の日」を迎える――。お祭り騒ぎの舞台裏を支えるのは、台湾から香港を経由した稚魚の密輸である「ウナギロンダリング」や、暴力団が関与した密漁であることは「公然の秘密」だ。長年にわたってウナギを初めとした資源管理政策を研究してきた気鋭の研究者が、業界の闇に切り込む3回シリーズの最終回。(2019/7/26)

「土用の丑の日」に憂う【中編】:
“ウナギ密漁”の実態を追う――「まるでルパン三世の逃走劇」
今年も「土用の丑の日」が7月27日にやってくる――。長年にわたってウナギを初めとした資源管理政策を研究してきた気鋭の研究者が、業界の闇に切り込む3回シリーズの中編。(2019/7/25)

「土用の丑の日」に憂う【前編】:
絶滅危惧のウナギーー横行する“密漁・密輸”がもたらす「希望なき未来」
今年も「土用の丑の日」が7月27日にやってくる――。長年にわたってウナギを初めとした資源管理政策を研究してきた気鋭の研究者が、業界の闇に切り込む3回シリーズの前編。(2019/7/24)

タナゴなど日本の淡水魚の半分以上が絶滅危惧状態に IUCNがレッドリスト最新版を発表
淡水魚が静かに減少しています。(2019/7/22)

カマキリ先生ついにNスペ進出!  昆虫王国コスタリカで人類の危機に向き合う
8月1日放送、ツノゼミ、モルフォチョウなど魅惑の昆虫が多数登場。(2019/7/8)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。